2006-10-30

私がもっと楽になるように

・・・から復活できました。

昨日のブログは打ち間違いでなく、コーチングを終えた直後の
私の感情でした。


私のコーチはこんな私をあきらめずにとことん向き合って下さる方です。

コーチは、私がもっと楽に生きれるようにというコーチング戦略を
持っている、とずっと以前に話してくれました。

コーチングを受ける前の私は、この世に生きにくい体質でした。
人となかなかうまく関わる事ができない、そのくせやたらと人の事が
気になる。

あの時あんな事を言って良かったのか?
あんな態度を取って良かったのか?

いつもいつも誰かの評価に怯えて暮らしている感じでした。

昨日は

「いい加減に行動を変えたら!」

と言われました。
意識が足りなかったことに気付きました。

私は自分の本当の気持ちをごまかす癖があります。
ごまかしているうちはいいのですが、(本当はよくないけど)
だんだんと自分の本当の気持ちが何なのかわからなくなってしまう
癖がついていました。

コーチに質問されても咄嗟に答えて本質を考えない。
それで自分で自分の言葉に惑わされてぐるぐるしているのです。

コーチは昨夜、私に3つの口癖を指摘しました。
その口癖がどんな時、どんな人に出るのか意識するように
言われました。

そして、今日意識しました。

ところが、出ないのです。意識しているからだと思います。

意識すればできるのです。
この1つの事を自分で落とし込めたら、昨日のいろいろな感情が
みんな消化できました。

そして昨夜、あんなに胃が痛くて苦しかったのに
今日はすっかり元気でいつもより少し無口で慎重な私になりました。

この口癖で今までずっと相手に嫌な思いをさせていたのかも
しれません。
うまく人間関係が築けなかった原因かもしれません。


私がもっと楽になるように・・・それがコーチの愛情ですね。

2006-10-27

お願いです。話を聞いてくれるだけでいいのです。

あなたの身の回りであなたの話をじっくりと聴いてくれる人は居ますか?

私には居ます。

それがどんなに恵まれているか、幸せなことか、
話をじっくり聴いてもらったことがある人だけが味わえる満足感です。


人は話を聴いて欲しいのに、全然聴いてもらえない環境に
生きています。


話を聴いてもらえなかったら、人は最悪の場合を死を選ぶこともあります。

それだけ聴くことがいかに重要であるか、
コーチングのテキストにコーチの仕事は99%聴くことと書いてありました。

初心に戻って聴くことを意識します。

2006-10-26

できなくてもやるしかない

頭ではわかっているけど、できない・・・

と言うならできなくてもいいからやって!

やるしかないんですよ。

今の状況を変えるにはやるしかない!

できないなんて言い訳するなら、行動する事。


そう言い聞かせて私は嫌でも自分と向き合ってきました。

「あ~また同じこと繰り返しているよ。止めよう!」

今日も強い意志で止めました。
やればできるんですよ。

結局はやるか、やらないかです。

1度に全てやろうとせずにどんな小さなことでもいいから1つずつやる。
そしてやれた自分を認める、その繰り返しだよね。

赤ちゃん育てるのと同じですよ。
ほんの小さなことでもできるようになったら物凄く喜んであげるでしょ。

それが基本ですよ。

2006-10-24

どうしても逃げられないのは学んでいないから

同じ事が何度も繰り返し起こるのは、そのことに対して
学んでいないからです。

学ぶというのは完了、消化させること。


最近、私は自分の噂話というのをめっきり聞かなくなりました。
回りが言っているかどうかはわかりませんが、自分の耳に入らなく
なりました。

以前はやたらと私の噂話が聞こえてきて、右往左往していました。


人は自分の見たいように見て、言いたいように言う

という事を学んだのだと思います。
だから、人の目とか人の顔色、噂話が気になりません。

たまに、

「だれそれさんが心さんのことをこう言っていましたよ。」

と、教えてくれる人が居るんですが、

「ありがとうございます。」

で、完了します。
他人が私のことをなんと言おうと私の生き方には何も関係がないのです。

もし、人間関係のトラブルが何度もあるようでしたら
何かを学べということです。
その何かを学んだ時には、次に同じようなことが起こっても
短時間であまり嫌な思いをせずに解決できますよ。


家族のいざこざ、金銭トラブル、健康面、何か思い当たる事があったら
あなたはそこから何かを学んで完了させて下さい。

自分の目の前に起こる事全ては、あなたにとって意味のあることなのです。

2006-10-22

時間の使い方(タイムマネジメント)

24時間は誰にでも平等に与えられています。


私は時々48時間あったらいいのに~と思うこともありますが、
24時間を48時間分の密度にすることは可能だと思います。


私の1日はまるで学校の時間割のようにはっきりと区切られて
います。
そして頭でいつも少し先を考えて段取りしています。

どう動いたら効率よくできるか?
ブログを書くのは5分と決め、だらだらしない。

何分までに掃除をすませるとか
時間を区切って行動している事が多いと思います。

5分で何がどこまでできるか挑戦する事もあります。
特に片付けはだらだらやらない。
1年以上使わないもの着ないものは迷わず処分する。
過去のアルバムは全部捨ててしまいました。

生協のカタログも1通り見たらそれで終わり、
もう1度最初から見直さない。

通販のカタログはそのまま廃品回収。(見ない)

使ったものは必ずもとあった場所に片付ける。
やりっぱなしにしない。

テレビをだらだら見ない。
見るテレビはこれ!と決めて見る

食事のしたくは得意ではないけれど
生協で注文する時にだいだいのメニューを考えて
注文しているので、メニューを考える時間があまり必要ないかも
しれませんね。

時間は自分で作るものです。


これはあくまでも私の快適さを維持するためのタイムマネジメントです。
一人一人自分に合った時間の使い方をして下さい。
けして人と比べるのではなく、自分が心地よく過ごせるように工夫して下さい。

もちろん私はボ~ッとする時間もしっかり確保しています。
私にはこの時間が1番大事なんです。うふふ。

2006-10-20

スケジュール帳が真っ黒だ~

こんなスケジュール帳、最近見たことない!

予定がびっしりで真っ黒なんだもの。

独身の頃、ピアノを教えていたので、その時以来の黒さだ~


そこで、来年のスケジュール帳は今使っている倍の大きさにしました。

30分刻みになっているので、
パーソナルコーチングの予定がバッチリ書き込めます。

我が家には私の秘書が居ますので、
ちゃんと人のスケジュール帳をチェックして

「お母さん、今日はコーチング3人だね。」

と教えてくれます。

(そこまで、見るか!)


この黒さの中からどうやってコーチングセミナーを行うかが、
現在の私の課題になっています。


クライアントさんたちが、私の指定した日時でパーソナルを受けて下さるのが
本当にありがたいです。

無理言ってすみません。

2006-10-19

参加者の感想ってありがたい!

セミナー後、参加者から感想のメールが届きます。

実はこれが私の楽しみの1つなんです。
どんな内容の感想を頂いてもありがたく受け留めます。

私のコーチングを受けて、少しでも自分を好きになろう、1つずつ自分を
認めていこうとされている方が増えるととても嬉しいです。


私があるがままの自分でいいんだと少しずつでも思えるようになって
くると、人にはそれぞれいろんな背景があってこういう人なんだと
その人にもそれでいいという見方ができるようになりました。

相手の欠点ももちろん目がいきますが、だからと言ってその人の
価値が下がるわけでもありません。

過去にどんな辛い経験をされていても、今まで頑張って生きてきたよね、
とその人そのものを認める事ができます。

自分を受け入れると、相手も受け入れられるというのは
本当だったんだって合点がいきました。

2006-10-18

私の大切なもの

最近いろんな方からコーチングで独立起業したら?と勧められます。

私のコーチングをそれだけ認めてもらっているということで
とても嬉しいです。

講座をするたびにパーソナルコーチングのお申し込みを頂いて
これも本当にありがたいことです。

一人でも多くの人が私のコーチングが受けられるようにと
クライアントさんたちがコーチングの時間を快く変更して下さって
感謝です。

でも、私はコーチングで起業しようとは思っていません。

私の大切なものは本業です。
これを無くして私の存在価値はありません。

コーチングで独立起業したら、もっとセミナーもできるでしょうし
クライアントさんももっとお受けすることができると思いますが
私が私らしく居られるのは、大切なバックボーンがあるからなんですね。

起業はしませんが、皆さんが私のコーチングセミナーがもっと
気軽に受けられるように考え中です。

2006-10-17

昔はボロボロだったんです。

今日のコーチングセミナーには、コーチ仲間が参加して下さっていました。

その感想を別ブログで紹介していますが、
褒めて頂いて、とても嬉しかったです。ありがとうございます。


私が初めてコーチング講座をしたのは今から2年前のことです。

知り合いの経営者に頼まれて
1時間半のコーチング講座をしたのですが、それはそれは最悪でした。

初セミナーにも関わらず参加者は全員男性25名。
しかも職業は皆さん、経営者です。


コーチングとはという説明を原稿を読みながら説明している私・・・
その私を人生の先輩たちは、無視していました。

小娘に何ができるか、という無言のメッセージが伝わっていました。

そういう苦い経験が今の私の財産になっています。
最初にうまくいってしまっていたら、今の私はありません。

セミナーもパーソナルコーチングも失敗を何度も経験して
少しずつ成長できた自分がいます。
参加者やクライアントさんのおかげなんです。

2年前の私から比べたら、今の私って自分で言うのもなんですが、
とても成長しました。

これもコーチングのおかげです。

3年前は暗黒時代がもうじき始まる前兆でしたから・・・
そうやって考えると人の成長って本当にまだまだ可能性がありますね。

2006-10-16

未完了がどれほどストレスになるか

明日のコーチングセミナーで未完了を扱ってみようかな?なんて考えています。

私たちの生活の中には未完了って結構あるんですよ。
片付けもそうですけど、コミュニケーションの未完了が最大のストレスに
なります。

コミュニケーションの未完了が起こると私たちは相手に嫌な感情を抱きます。
それがだんだん恨みに変わり、いつか仕返ししてやろうと思うようになります。

自殺してしまった子供たちも、未完了を沢山抱えていたに違いありません。
それほど未完了はストレスなのです。

では、どうしたらいいか。

あなたはどうしたら未完了を完了できると思いますか?

コーチは答えを持っていないのです。
答えはあなたの中にあります。

って言ったら「そんな~」という声が聞こえてきました。

これが未完了ですね。
この未完了を完了するには

「教えて下さい。」

と言えばいいです。

そうすることでコミュニケーションが続きます。
投げたボールは誰かに受けとめて欲しいですよね。

なら、投げられたボールもきちんと受けとめてあげて下さい。
それが完了です。

どうですか?ここまで読んでさきほどの未完了は完了できましたか?

これもまだ未完了です。
あなたが、「わかりました。」と言ったときが完了になります。

2006-10-15

信頼関係が第一

クライアントさんが行動される背景にはコーチとの信頼関係が不可欠です。

だって人って、自分の好きなことはどんどん行動するけど
嫌な事はできるだけ後回しか、逃げるでしょう?


私のコーチングはとことん自分と向き合って頂きます。
普通、私たちは自分と向き合うなんてことしないんですよ。

人間の究極の課題は「自分を知る」ことなんです。
だから、私はクライアントさんと一緒に自分と向き合うことを
コーチングでしています。

そりゃ~大変なんですよ。

今まで見たくなくて逃げていた部分を見るわけだから、
クライアントさんもコーチも必死です。(^^ゞ

暴れまくるクライアントさんを四の字固めして・・・
と言うのは冗談ですが、そのくらい本気という事です。

ありがたいことに私はクライアントさんと信頼関係が早く築けるので
そういう危ないコーチングをしてもしっかり付いてきて(?)下さるんですね。

それで、確実に成果を出されているところが私は素晴らしいと思います。
私も未だ悩んでいるのに、クライアントさんのほうがどんどん整理整頓
されていくのを見ると、すごく嬉しいです。

そしてクライアントさんのおかげで私はコーチをさせてもらえています。
皆さんが私を育てて下さるのですね。

お互いの信頼関係が第一です。

2006-10-14

心が柔らかくなる

コーチングをしていてとっても嬉しい事は、クライアントさんたちの
心がどんどん柔らかくなることです。

心が柔らかくなるというのは、今ある自分でいいんだ~って自分にOKを出せるように
なってくることです。

そして可能性を自分で見つけていくこと。


クライアントさんではない、ある人との会話で
何度もダメ、無理、できないという言葉が気になりました。

可能性なんていくらでも見出せるのに頭から無理だと決め付けて
いるんですね。

こういう人がパーソナルコーチングを受けると
心が柔らかくなっていきます。

コーチングって不思議でしょ。

そういう私も硬い心から柔らかい心になったひとりです。

2006-10-11

思い込みって凄い

コーチングってクライアントさんの思い込み(ビリーフ)を外すことをするんですけど、
驚いたことがありました。

守秘義務があるので内容は書けないのですが
思い込みを外し、別の思い込みに書き換えたら、凄いことが起こって
クライアントさんと二人で、「すごいね~」の連発でした。


思い込みって自分を追い込むこともあるけれど、自分の可能性を引き出すことも
できるんだと思いました。

ふと思ったのが
脳腫瘍を患った少年の話・・・

彼は自分の脳腫瘍を毎日戦車で破壊するというイメージを
何回か担当医師と行ったそうです。

するとある日、脳腫瘍があとかたもなく消えていたそうです。

信じる信じないは自由ですが
もし、この話を信じたあなたは、自分の可能性は自分次第でもっと
広げられることがわかるはずです。

私のクライアントさんはまさに、これを実際にやってみたのです。

それが「凄いね~私も驚きました。」
になったのです。

2006-10-09

頭ではわかっているけれどできないギャップ

初心に返ってコーチングの本を読んでいます。

頭ではわかっているけれど行動できない・・・という人たちの
わかっているけれどできないというそこの溝をうめるのがコーチの役割と
本に書いてあって、「なるほど~」なんて思いました。(苦笑)

だからコーチをつけている人たちに変化が起きるわけだ・・・

人はみんな違います。

すぐに行動できる人と出来ない人、様々です。

コーチングは1対1が基本なので、その人に合わせた行動レベルにまで落とし込みます。
これが、変化する大きな要因だと思います。

ギャップをうめるためにコーチをつける。

自分が行動しやすいようにサポートしてもらうためにコーチをつける。

そうですよね。

何でも自己流でやっているよりもコーチについてやるほうが上達が
早いですから。

それにしても、指導者やコーチによって、上達にすごい差があると
感じている今日この頃です。

2006-10-07

とにかく聴いて下さい

コーチングを学びたいのなら、まず聴くトレーニングをしましょう。

とにかく聴く。

自分の考えを一旦脇に置いて、ひたすら相手のことを信じて聴く。

それだけです。

次に何を話そうか・・・そんな事を考えずに相槌や頷きだけで
聴いて下さい。


世の中には話の聴けない人が多いように思います。

私も含めて・・・(反省)

2006-10-06

コーチも所詮人間

コーチだから自分をコントロールできて素晴らしいか・・・


そんな事ありません。


コーチだから自分の事が良くわかっているか・・・


そんな事もありません。
コーチも所詮人間です。コーチだってドロドロしていますよ。


○○だから・・・


と言うのではなく、職業、肩書き関係なく素晴らしい人は沢山居ます。


私には2人の母が居ますが、どちらにも言われた言葉。

「いつも頭を低くしなさい。それでなくてもあなたは頭が高いのだから・・・」

実力の無い人ほど威張っているし、自分の背景を自慢したがる。

本当に実力のある人はだまっていても人が集まってきます。

こういう人を目指したい・・・と言うけれど、目指せばなれるものでは
ないです。

自分と向き合って、自分をよく知ること。

やっぱり、ここだと思います。

2006-10-04

自分の嫌な部分も大事なもの

自分の嫌な部分、持って生まれた頑固なくせだって
大事な自分ですよ。

その癖があったから今日まで頑張って生きているのです。

何かあったから、辛い事、嫌な事があったからと言って
自分の大事な癖を嫌わないで下さい。

頑固だって、完璧主義だって、人から認められたくたって
いいじゃない。

それが人間なんだもの。

みんな一生懸命生きているんですから・・・

大丈夫ですよ!

深刻にならないで・・・

2006-10-02

自分の事がわかるってすごい!

私のコーチのパーソナルコーチングを受けていて
(コーチには必ずコーチをつけるのが義務付けられています)
面白いほどに自分の事がわかってすごい!って思いました。

何が凄いのかというと、表面的に捉われていることが、実は
自分のこういう根っこにある思いから出ているんだというのがわかるからです。

『もと』がわかると、解決の方法は簡単です。

そういう自分を認めてあげればいいだけだから。
何度も何度もこういう作業を続けると、あ~私って私のままでいいんだ~
って思える時がきます。

その時が、あるがままの自分にはなまるをつけてあげられた時ですね。

私が受けているコーチングは私のクライアントさんへと
繋がっていきますよ。一緒に自分と向き合っていきましょう。

自分のことを知るって永遠のテーマですからね。