2006-11-30

質問される機会がない

私はコーチでありながら、質問されると戸惑う事があります。
普段は質問する立場なのにおかしいですね。


私に限らず、コーチングを受けられている方は誰でもそういう経験が
あると思います。

コーチングは、人を扱います。
それも自分のこと。

自分のことを考える機会ってありそうで、実は無いと思いませんか?

例えば夜、今日の1日の自分を振り返る時間を取っている方って
どのくらいいるでしょうか?

あるいは朝、今日1日の始まりのスイッチを入れる方、居ますか?

私はコーチングを始めてからは、毎日欠かさずに行っています。
朝のスイッチは職場に行きながら入れます。

夜は日記を書きながら1日を振り返ります。

いつも自分の心の声と通信していると
とってもシンプルに過ごせるようになりました。
落ち込んでも
「くよくよしても始まらないから終わり!」とか
「自分って頑張ったよね。それでOK!」

とシンプルな思考になりました。

それは、コーチングで自分のコーチに360度の視点から
質問されているからです。

質問されると物凄く考えます、自分と向き合います。
自分と向き合うと自分の考え方や物の見方のくせが見えてきます。
それがわかると、あとはどうやって行動していくか、行動を
変えていくか、行動に焦点を当てますから、
自分で動けるんですね。

コーチングでの質問はクライアントの気付きを促したり
視点を広げたり、クラインとの成長のためにするので
一般的な質問と違うのです。


だから、コーチの質問で戸惑ってもいいのです。
そこからじっくり考える事がとても大事です。

2006-11-27

自分流のコーチング

コーチングとは目標を設定してゴールと現状のギャップを分析し、
いかにより早くゴールに達成できるか行動決定をする・・・

なんてマニュアル通りのコーチングは、講座だけで勘弁して下さい。

私のパーソナルコーチングはかなり違います。
講座に参加して下さったクライアントさんたちなら納得ですよね。


現在数十名のクライアントさんとパーソナルをほぼ毎日やっていますが
みなさん、それぞれ独自のコーチングスタイルを持っています。

積極的に課題をみつけて取り組んでくる方
私と話しながらいろいろ整理される方
コーチングとコーチングの間に起きた出来事を確認しながら
自分を振り返る方
将来のビジョンを具体的に描く方
経営、起業戦略を徹底的に練る方

クライアントさんの人数だけコーチングの方法も違います。

どれがコーチング的でどれはよくないなんてことは全くありません。

自分以外の人に自分のことを話すことがとっても大事なのです。
コーチは聴くプロですので、いろんな所にアンテナを立て視点を立てて
聴いています。

自分の鏡になってくれたり、共感して寄り添ってくれたり
時には背中を押してくれたり、いろんな活用法があります。

自分に合ったコーチングスタイルをコーチと一緒に築いていくのも
コーチングです。

成果成果と期待をするのも大事ですが
まずは、自分を知ることからはじめませんか?

自分を知るといろんな視点が増えてきますよ。

コーチングはコーチが何とかしてくれるのではなく
自分で行動をしていくものです。

コーチングとコーチングの間が1番コーチングが機能していると
思います。

2006-11-26

コーチングって素晴らしいけれど・・・

コーチングって確かに素晴らしいけれど
コーチの人間力がコーチングに反映されるので、資格とか有名度知名度では無いと
思っています。

ある時、

何人かの人たちで会話をしていたら、自分の持っている資格をあれこれ
話し出す人がいました。
するとその中の一人が

「で、何が言いたいの?」と聞きました。

どちらの思いもわかるだけに、私はその場は無言で聞いていました。

沢山の資格、有名な資格を持っているから自分は凄いんだと思うことも
別に悪いことではないし、資格よりも人間性だと思うことはもちろん
その通りだと思います。


私は凄い資格を持っているわけでもなければ有名度も知名度もありません。
けれど、こういう私のコーチングを受けたいと思って来てくださる方には
全身全霊でコーチングします。

私という人柄に共感してコーチングを受けて下さること、
ありがたいです。

私は自分のコーチを選ぶときは直感で「この人!」と決めます。
そのコーチの資格とか背景にあるものは全く知らずに
「私にはこのコーチしかいない!」とその時に思いました。

そのコーチについてから、数ヶ月くらいして、
私のコーチは実力人気ともに凄い人だったことがわかりました。


そんな事を知らなかった私がコーチに言ったんです。

「コーチがそんなに人気も実力もあるなんて全然知らなくて
失礼なことをしました。」

そしたら

「肩書きも何もないそのまんまの私に惚れこんで
コーチになって欲しいと言ってくれてとても嬉しかった。」

と言われました。

コーチングって本当に素晴らしいと思うけれど
その人の魅力に人が付いてくるんだな~と思います。

その人のコーチングだから受けたい!と思うんですよね。

2006-11-25

承認って難しい?

承認のスキル

相手の存在をあるがまま受け留めること、認めること、
それを言葉や態度で伝える。

心に思ったことをそのまま相手に伝えれば良いと思います。

承認スキルの目的は
相手を承認しようと思ったら自分の中にどんなことが起こりますか?
自分の中にどんな変化がありましたか?

そこを感じて欲しいです。

浜松の講座でやった時には、振り返りの時に凄いことに気付いた方がいて
驚きました。

私が子育てコーチングをやった時にも
同じような事を言ったお母さんが居て、「素晴らしい!」と感動したのを
覚えています。

スキルは教えることが目的ではないのです。
スキルを使うことで自分の中にどんな変化が起こっているのか、
そこを感じて欲しいのです。

スキルを使おうとした時から、相手に対して興味関心が湧くでしょう。
相手の話を一生懸命聴こうと思うでしょう。
相手を受け入れようと思うでしょう。

それが大事なのです。

スキルを体得する事ばかりに集中すると、自分の中で起こっていることに
気付けなくなってしまいます。

そのために、私は講座の中で何度も
「自分にアンテナを立てて下さい。
自分の中にどんな変化が起こっているか感じて下さい。」と言うのです。

2006-11-24

問題にばかり焦点をあてない

何か問題点があった場合、
欠陥商品ならとことん問題点を探り原因究明する必要がありますが、
人に対しての問題点、特に心の問題点を探して明らかにするのなら
その人が完了できるように最後までフォローもして欲しいと思います。


コーチングではもちろん過去は扱いますし、
深い部分にも向き合ってもらいます。
とことん自分を知ることが私のコーチングです。

コーチングの機能するところは、過去や嫌な自分、
見たくない自分と向き合っても、じゃあどうするのか、未来に向かって
行動するところまでフォローするからです。
問題に焦点を当てつつも目指しているところはゴールです。


コーチの質問で、クライアントを必要以上に悩ませてしまう場合が
あります。
コーチが意図して悩ませている場合はいいのですが、
コーチもクライアントもぐるぐるしていることさえ気付いていない
場合は、お互いにドツボにはまります。


クライアントにこの質問を投げかけることで何を狙っているのか、
この質問の意図は何なのか?をコーチが意識していない場合は
いつまでたっても、前に進めないです。


私は時に、強制削除という方法を使います。
考えても意味のないことにはこれが1番シンプルで早く解決できます。


「どうして、私はこの件でしっくり来ていないんだろう?」

悩み出すと、立案書をすみからすみまで穴があくほど見て
他に方法がないか?なんて何時間もかけてしまいますが、

「やってみて、ダメならそのとき考えればいいか!」

だと、いつまでも考える必要がなくすっきりした状態で居られます。

問題や過去にばかり焦点を当てずに、クライアントがより早く視点を変えたり
行動できるようにサポートすることも必要です。


子育てコーチングブログ

2006-11-23

浜松のコーチング講座終了

今日は1日浜松でカウンセラーに活かすコーチングというセミナーの講師を
担当させて頂きました。
主催者の方、参加下さったみなさま、ありがとうございました。

今日の参加者はカウンセラーやその他の専門職でバリバリ活躍されている方ばかりでしたので、
内容盛りだくさんで、初めてコーチング講座に参加された方がいらっしゃったにも関わらず、
最後はどの方もコーチングを10分間実践して下さって素晴らしいと思いました。

そして振り返りをするたびに今日1日の講座でよくぞここまでと驚くほど深く気付かれ、
学ばれ、とても内容の濃い講座になったと私は嬉しく思っています。
参加下さったみなさんのおかげです。ありがとうございました。

私はコーチングとは自分を知ること、自分を受け入れることと思っています。
私たちの問題や悩みにはほとんど人が絡んでいます。

人間関係は相手にばかり問題があるのではなく、
自分の物の見方や考え方にも原因があります。
相手を変えたいとか、相手のせいにしている間は残念ですが、
現状は何も変わらず、むしろ自分のストレスがどんどん溜まってくるばかりです。
じゃあどうすればいいのか。とことん自分に向き合うのです。
相手に思うことは実は自分にもその要素があるのです。相手はあなたの鏡です。
自分と向き合う作業はとても大変ですし、辛いです。
そういう時にカウンセラーやコーチについてサポートしてもらえると自分と向き合いやすくなります。

自分を客観的にみるには、まず自分ととことん向き合って自分を知ることが大事です。
自分の事がわからないで、自分を客観的に見ることはできません。
たいていの人は自分を客観的に見ているつもりで実は他人のことばかりを見て気にしています。
自分が自分らしく人生を豊かに楽しく生きる近道があるとしたらそれは自分から逃げないで、
自分と向き合うことです。

今日は保育士さんたちが参加下さって、とっても嬉しかったです。
保育士の皆さん、学校関係者の皆さんにコーチングは絶対にお勧めです。

ただし、健康度の高い方(カウンセラー用語だそうです)に限ります。

この講座、参加費の3倍以上の価値があって大満足だったそうですよ。(*^_^*)

本日参加者の帽子むしさん

子育てコーチングブログ


来年は静岡市を中心にコーチング講座を開催します。ご興味のある方はメール下さい。
申し込み受付は来年からですが、すでに仮予約でほぼ満席になっています。
コーチング勉強会もっと自分を好きになろう!自分に自信を持とう!
平成19年4月21日(土)14:00~16:30
5月19日(土)14:00~16:30

2006-11-22

自分のペースでいろいろ活かすコーチング

コーチングは問題解決だけではありません。

問題が全て解決できた方は次のステップに進んでいきます。
自分のやりたいことを実現させる事。

その人の夢や目標にフォーカスしていきます。

あるいは、コーチと会話することで、自分と向き合う時間に使ったり
コミュニケーションのトレーニングをしたり、
思い切って行動を変えて何かにチャレンジしたり・・・

自分の考えを整理整頓するために使ったり、
人に嫌われないで自分の思いを伝える方法を練習したり、

とにかくコーチングっていろいろと活用できます。

いつもいつも行動を変えて、目標に向かって進んでいく、成果を出す
のも大事ですが、毎回それだけだと、自分を追い込んでいきます。

人にはいろんなタイプの人が居て、
未来の自分像を描くのが苦手な人も居ます。

そういう人になりたい自分像ばかりをフォーカスしてコーチングしても
負担になるだけ。

その人、その人のペースで居心地の良いコーチング空間を作るのも
大切です。

2006-11-19

人のせいにしても何も解決にはならない

人のせいにしたい気持ちはわかります。

いつまで人のせいにしますか?

一生被害者で居ますか?

人のせいにしている間は何の解決にもなりません。


自分の考え方、見方を変えてみませんか?


同じ状況に居ても

楽しく過ごせる人と、ぜんぜん楽しめ無い人の違い、何だと思いますか?

2006-11-10

問題解決型コーチング

こんなに充実した毎日を過ごしていても些細な悩みって尽きないですよね。
それが人間です。

そして問題や悩みが1つ解決できたらまた新たな問題が発生する。
それが生きている証拠です。

前に進むためには悩みとか問題を抱えたままだと
まるで荷物を沢山持ったままマラソンしてゴールを目指しているのと同じです。

どうせ同じゴールを目指すなら、荷物を全部おろして
楽に目指す方がいいですよね。

それがコーチングです。

ゴールに向かってできるだけ早く楽に進んで行けるように
先に悩みや問題を解決します。

あなたは今、どれくらいの荷物を抱えていますか?

2006-11-06

優先順位を決める

先日バッタリお会いした親友に

「心さん、本当にスケジュール帳真っ黒だ~。」

と言われました。 (苦笑)

クライアントさんたちが協力して下さるから、本業2つ持ちながら
通常なら考えられない人数のパーソナルコーチングができることに
感謝しています。
本業コーチのパーソナル平均人数よりも多い事を最近知りました。

気付いたらクライアントさんが増えていて自分でも驚いています。
どういうご縁で私にコーチングを申し込んで下さったのか
お話を聞くのが楽しいのです。
縁って不思議ですよ。
私をコーチに選んで下さってありがとうございます。


私にパーソナルコーチングを申し込んで下さった方は
出来る限りお受けするようにしていますが、現状ではかなり
一杯です。
来年の1月からならお受けできるかもしれません。


そういう生活なので私は優先順位をとても意識しています。

今一番緊急で重要なものは何か、
そこから行動しています。

そうすると、あれもやっていない、これもやっていない、どうしよ~
ということになりません。

気になることはいろいろあるけれど、
自分の中で優先順位の決め方みたいな軸を持っていると
迷わなくてすみます。

この時期、毎週イベントがある私にとっては
優先順位を決めて整理整頓することが、無駄なく行動する秘訣です。

2006-11-05

コーチとクライアントは鏡

クライアントさんたちが頑張っている姿をみると、私も頑張ろう!って思います。
今回行動したのも、クライアントさんたちのおかげなんです。

私が行動すると、クライアントさんもコーチに負けないように!
と皆さんも行動されるのです。

お互い鏡になっています。

皆さん誰もが素晴らしい可能性を持っています。
ちょっとしたきっかけでその可能性がどんどん広がっていきます。

まじめにコツコツやっていたら必ず道が開けます。
自分のした事が良い事も悪い事も全て自分に返ってきます。

だからあきらめないで下さい。
あきらめるには早すぎますよ。


私のクライアントさんたちはどの方も着実に前進されています。
それが私にはとても嬉しい事です。

コーチ仲間が、コーチングをしていてどんなときに喜びを感じるか・・・
と質問されると

クライアントさんの成長を一緒に感じる事ができた時

と言うコーチが沢山居ます。

クライアントが成長したときはもちろん私も一緒に成長しています。
コーチとクライアントは鏡、そして対等な関係です。

2006-11-01

自分を変えるのではない

コーチングで自分を変えたいと思うかもしれませんが

コーチングで自分を変えるのではなく、今の自分に新しい視点
新しい見方、新しい考え方をプラスして、今よりも豊かな自分に
する・・・そういう感じに考えて下さい。


今まで頑張って生きてきたじゃないですか!

自分の足りないところにばかり目を向けないで
今自分が持っているものに目を向けてみませんか?

人と比べるのではなく。

今の自分にコーチングを受けることで更に可能性を広げていきましょう。

待っていても、チャンスは訪れません。
待っていても現状は変わりません。

行動した分だけ、何かが変わり始めます。
早く決断した分だけ、早く変化が訪れます。

全ては自分次第。

今のままでいいのか、それとももっと豊かに生きたいのか
自分に聞いてみて下さい。

答えは自分の中にあります。

そして、タイミングを逃さないで!
あなたの人生の幸せを逃がさないでね。