2009-02-27

行動にブレーキがかかる時


遠方の家族が煮て送ってくれました。



行動すれば得るものがあるとわかっていても、行動したくないときがあります。


その事に向き合ってみました。


否定的な感情が沢山出てきます。
事実とは違う、捉え方をしていることに気付きます。


そこには、ニーズ(内的欲求)があるんです。
満たしたいニーズ。


そして、無理かもって最初からあきらめている自分も居ます。


その事に評価はしません。


私はそう思っているんだね、と感じることが大切です。


ファウンデーションは奥が深いですね。
自分のコーチに話してみようと思います。

2009-02-26

クライアントのみなさんを成功させたい




私のクライアントさんたちには、様々な職業の方がいらっしゃいます。



お一人お一人をどうコーチングしたら、最も成果が出るのだろうか、ということを
日々考えています。
どの方も私にとっては、大切なクライアントさんです。


そのために最近、私はアセスメントやツールを意図的に使うようにしています。


特にコーチングセッションの前には、
どういうテーマを扱って、どんな成果が欲しいと思っているのかを
事前にメールしてもらうようにしています。


もちろん人それぞれタイプが違いますので、全員の方にではありません。
あくまでもクライアントさんが、気持ちよくコーチングを
受けられるように環境を整えていきます。


とにかく今の私の頭の中は、クライアントさんたちを成功させたい!という
思いがとても強いです。
前のめりになっている感じですね。


その成功とは私が決めるのではなく、クライアントさん自身が
成功と言えるものです。


毎回のコーチングは、あっという間で時間が足りないほどです。


そして、毎回コーチングを振り返って反省しています。
もっとこうすればクライアントさんにとって良かったのではないか、と。


そんな毎日です。

2009-02-25

私にコーチを依頼する理由




クライアントさんたちが、私にコーチを依頼する理由を考えてみました。


私はオリエンテーションで必ずクライアントさんたちにそのことを聞きますが、
それとは別に自分で考えようと思ったのです。


私は私のようなコーチにつきたいか?
と考えたとき、つきたいと思います。
その理由は、今自分が求めていることに対して全力でサポートしてくれるからです。


私が考えたいことに対して、いろいろな切り口から考えさせてくれます。
フィードバックも率直にもらえます。
元気があって、いつも何かにチャレンジしていて、刺激を沢山もらえます。

そして、コーチが偉そうじゃないところがいいと思います。



こういう切り口から自分を客観的に見るのも面白いなと思いました。


今からクライアントさんとのパーソナルコーチングに入ります。
今夜のクライアントさんたちにどんなサポートができるか、ということを
1日考えていました。


そして、いくつか提案もしようと考えています。


コーチングはクライアントさんに対し、毎回コーチング戦略を持って臨みます。

2009-02-24

精一杯やる!




長い間担当していた質問のクラスが終了しました。
参加者の人数は少なめでしたが内容は非常に濃かったです。


お一人お一人の1ヶ月の成長を参加者の皆さんがともに喜んでくれる
温かいクラスでした。


参加者みなさんのおかげです。


早速フィードバックが戻ってきて、クラス終了後すぐにご記入下さったんですね。
遅い時間にも関わらず丁寧に記入されていて、とても嬉しく読みました。


このようなフィードバックが私のモチベーションをあげてくれます。
そしてクラスコーチをやって良かったなと思える瞬間でもあります。


私の役割は私が関わる人たちを幸せにすることだと思っています。
そのために最善を尽くす、精一杯やります。


来月はいよいよ学習スタイルのクラスです。
凄いクラスをやりますよ!
みなさんで学習スタイルの達人になりましょう!


今からワクワクしているんです。

2009-02-22

私がコーチを3人つけている理由




ちょっと考えてみました。
どうしてコーチを3人つけるのか。


まずは自分のため、次にクライアントさんたちのため。


私自身のファウンデーションが強化されていないと、クライアントさんたちに
対する考え方見方が偏ってしまうのです。
自分の価値観を押し付けたり、コーチとしてあるまじき態度で接することも
考えられます。


コーチングは守秘義務があるため、実際どのようなコーチングが行われているかは
わかりません。だからこそ、コーチとしての倫理とかモラルをしっかり持って
コーチングする必要があります。


コーチについていないと、自己流になってしまうんですね。
それはとても危険です。


コーチングはその人の人生を扱いますからね。
クライアントさんの人生に関わるのですから、いい加減なコーチングなんて
してはいけません。


そのために、私は3人のコーチからそれぞれにいろいろな視点をもらって
自分のコーチングの質を維持しています。


そして、クライアントさんたちから頂いたコーチング料を私の勉強のため
トレーニングに使うことで、またクライアントさんに還元できると考えています。


私の3人のコーチはそれぞれに専門性を持っていて、
その道でのプロなんです。


私がその道を学んだら膨大な時間とお金がかかることを、コーチにつくことで
私に使えるようにコーチングしてもらいます。
そのほうがとても効率がいいのです。


あとは、謙虚な気持ちを忘れない、初心を忘れない、常に学ぶ姿勢を
大切にしたいからです。

2009-02-21

宿題に追われている




今月はやることが沢山あって、こんなところでブログを書いている場合ではないほど・・・。



でもそう言うときに限って、やるべきことから目を背けたくなるものです。
今やらなくてもいいような場所を整理整頓したり。
自分の行動に笑えます。



やることの中に、コーチングの宿題があります。


3月から新たにコーチをつけることにしたので、そのコーチから出された
宿題に、今のコーチから出されている宿題、さらにクラスコーチトレーニングで
出されている宿題、学生のときよりも沢山の宿題を抱えています。


しかもこの宿題は全て自分についての宿題なので、よけいに向き合いたくないのです。
ですからこうやってブログを書いて気を紛らわしています。


でも、私自身クライアントさんたちに宿題をお出ししているのですから
私がやっていないでは通用しません。

私のやっていることがクライアントさんたちに反映されるのです。
だからこそ、しっかり自分自身の成果を出していくことが大切です。


宿題、頑張ります!

2009-02-18

経験よりもやる気のある人



小学校で行ったコミュニケーション授業のお手紙を子供たち、保護者から頂きました。
心が熱くなりました。





私が読んでいるメルマガ WEEKLY COACH に

「チームのメンバーを決めるためにあなたが最も重要視することは?」

という質問がありました。


そしてその回答の1位は「やる気」でした。

最下位はなんと「経験」でした。


私は納得しました。
いくら経験ばかり積んでいても、やる気とか情熱が感じられなければ
一緒に仕事していても楽しくないなと思いました。


そして、コーチにも言えると思いました。


経験が長くて素晴らしい資格があり、スキルが高くても
クライアントのために全力を尽くそうという意気込みみたいなものが
感じられないコーチには、つきたくないと思いました。


コーチ自身がいつも楽しそうで、何かにチャレンジしていて、
変化を好んで受け入れているような人、そして常に学び続けている人、
そういうやる気、情熱があるコーチにつきたい!と思います。



やる気、元気。

元気なコーチ!っていいですね。

2009-02-14

もう1つのクラス


今が旬のめかぶ。ヘルシーでミネラル豊富です。



CTP(コーチトレーニングプログラム)の3月クラスは既に満席になりました。


来月はもう1クラス担当します。
それはCTPのクラスコーチのためのクラスです。


クラスのタイトルが凄いんです。(あえて伏せます。)


そのクラスの予約状況を見ると、日ごろ私と関わりがあったり、
私を応援して下さっているコーチ仲間の皆さんが続々と予約されていました。


ありがたいですね。
ここでも承認されていることを強く実感しています。


最も仲の良いコーチからは

「1月から予定を空けてます。」という嬉しいメールが届きました。


そして都合で参加できないコーチ仲間からは応援メールが届きました。


コーチ仲間とのこういう関係って、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。


皆さんのお役に立てるクラスにしますね。

2009-02-12

リピーター


おろししょうが入りカフェオレ。身体がとても温まります。




CTP(コーチトレーニングプログラム)の3月のクラスの予約が始まりました。


今までは前半のクラスを担当していましたが、来月から後半のクラスを担当します。


早速予約状況を見ると、既に満席でした。
しかも、以前に私のクラスに参加下さった方のお名前が沢山!


懐かしさと嬉しさがこみ上げてきました。


リピーターは本当に嬉しいです。
私のクラスにまた参加したい!という私に対する最大の承認だからです。


クラスに参加下さった方が、クラス終了後に

「コーチングをして頂けますか?」

というメールを下さる方が居て、とっても嬉しくなります。


こちらも私への最大の承認です。


このような承認を頂いて、私はモチベーションがあがり、
コーチとして頑張れるのです。


今月のクラスもとても楽しいクラスです。
来月も楽しみです。

2009-02-11

やりたいことが沢山出てくる


金目鯛のお頭のアラ汁です。コラーゲンたっぷりで身体が温まります。




今月はコーチング講座を毎週行います。
対象者は小学生から大人まで様々です。


講座のレジメや使用するワークシートを作成していると
やりたいことが次々に出てきて、あれもこれもやりたくなってきます。


けれど時間は決められているので、いろいろやりたいのですが、
無理のない内容にしていきます。


今年は新たに2つチャレンジしたいことがあって、それをいつ頃
行うか検討しています。


1つは夏に開催しようと決めています。
もう1つは、今自分の中で沢山アイディアを出しています。


それがある程度まとまってきたら、どこで、誰を対象にやるか、具体的に
していきます。


また楽しみが増えてきました。

2009-02-09

コーチングスキルを使っているのとコーチングをしている違い




CTP(コーチトレーニングプログラム)を担当しているクラスコーチの集合研修で
コーチングスキルを使っているだけの会話とコーチングをしているのとでは
コーチングの流れと成果が全然違う、という話を聞きました。


コーチ認定試験にはレベルによって実技試験があります。
実技試験を聞いていると、コーチングスキルを使っているだけのコーチは
合格できないそうです。


コーチングスキルを使っているだけのコーチとコーチングしているコーチ。
ややこしいですが、この違いは何でしょうか?


コーチングスキルだけを使っている場合、一見コーチングはうまく流れているように
聞こえます。でもクライアントの言葉の奥にある思いを聞いていないのです。


クライアントは言葉に出していない背景とか思いが沢山あって
ひとつひとつ言葉にしています。
言葉をよく聞いていれば、本当は何を伝えたいのかが聞こえてきます。



コーチングしているコーチは、クライアントの幸せのために
1つ1つのテーマが全てクライアント自身に結びついて、更なるビジョン、
本当に成し遂げたいと思っている目的に向かってコーチングが進んでいきます。



CTP(コーチトレーニングプログラム)でもいろんなテーマで
コーチングが行われています。



そういう中で、そのテーマはどこを目指すのか、という大事なことを
参加者の皆さんに私は伝えていきます。


コーチングごっこではない、本物のコーチングができるコーチが増えて欲しいからです。

2009-02-08

コーチング力をあげるには毎日の積み重ね





コーチングも筋肉と一緒で使わないと衰えて錆びてしまいます。


CTP(コーチトレーニングプログラム)にはチャージングウィークと言って
1週間お休みが入るときがあります。


そうすると、次のクラスでの勘が鈍るのでいつもよりも万全の準備でクラスに入ります。




コーチング力をあげるには毎日の積み重ねが大切です。
そして、毎回自分のコーチングを振り返ること。


コーチとしてレベルアップするには

1、コーチについて継続的にコーチングを受ける

2、クライアントに継続的にコーチングをする

3、コーチングを学び続ける

ことです。


コーチとしてこれから活動される方は、ご自分がコーチングの良さを
体験し、継続的にコーチにつくことの必要性を理解することが大切です。


なぜ、コーチに継続してコーチングしてもらうことが必要だと思いますか?

2009-02-07

ファウンデーションを扱えるコーチ




ファウンデーションとは、その人の基盤、土台、もとになる大事なものです。
コーチングは全てこのファウンデーションが基盤となって成り立っています。


そしてコーチ自身がファウンデーションを常に強化しているかどうかで、
コーチ自身の人間性とか行動に直結していることを感じました。


「このコーチ素晴らしいな。」と思う人は、ファウンデーションを大切にしていて
日々自分と向き合っています。



私たちの日々の生活は全てファウンデーションと直結しています。
「今日のコーチングはファウンデーションをテーマにします。」
というレベルのものではなく、全てにファウンデーションが絡んでいます。


私は毎日クライアントさんたちとコーチングする中で
あらゆるテーマは全てファウンデーションがもとになっていることがよくわかります。


ファウンデーションを強化すれば、自分に起こる問題の80%は
自分自身で解決できると言われているほどです。


ファウンデーションは1回や2回のコーチングを受けたから強化された
なんていうことはなく、生きている限りずっと持ち続けていくテーマです。


ファウンデーションのコーチングなら「心さん!」と
口コミになるほどに、ファウンデーションを極めます!!!

2009-02-06

目の前のことを解決するのがコーチングではない

私は時々、他のコーチのコーチングを聞くことがあります。
そこで扱うコーチングのテーマに疑問を感じることがあります。


そのテーマでコーチングをするの?と思っていると
コーチは「わかりました。では・・・」とコーチングに入ります。


そして案の定、クライアントが言ったテーマに焦点を絞ったコーチングに
なっていきます。


そういうコーチングの大半は、コーチが問題を解決しようと思っています。
そして、誘導的なコーチングになります。


コーチングとは、まずクライアントがどんなビジョンを描いているのか、
将来どんなことを成し遂げたいと思っているのかということを聞いていきます。


そして毎回のセッションで扱うテーマはすべて、将来のビジョン、
ファウンデーションなど全てにつながっています。


目の前の問題を解決するのがコーチングではないのです。

2009-02-04

相手のために何ができるか

「心さんは、いつも相手のために何ができるか、ということを考えていますね。」

と、コーチ仲間に言われて
「そうなんだ。」と気付かされました。


私の頭の中は、クライアントさんたちのこと、クラスのことが常にあって
私に何ができるか、ということを考えています。


人のために自分の力が出せるって、とても素敵なことだと思うんですよね。

2009-02-03

紙切れだけのコーチと・・・

私は自分のクライアントさんたちのためにも、コーチ資格をレベルアップしようと
考えています。

その事について、自分のコーチに相談をしました。


コーチはすかさず

「心さんは資格を気にしているように聞こえます。
心さんは、紙切れだけのコーチと、資格はそこそこでもとても素晴らしい
コーチングをするコーチとでは、どちらのコーチにつきたいですか?」

と聞かれました。


うっ!鋭い・・・


正直、紙切れにも魅力があるんですよね。


ちょっと返事に迷っていたら


「では、心さんのクライアントさんたちは、どう思っているのでしょう?」


うっ・・・またまた鋭い!


私のクライアントさんたちは、私と言う人間を信頼してコーチングを受けて
下さっています。



目的を誤ると、誰のためのコーチングなのかぶれてしまいます。

クライアントさんのためにコーチとしてレベルアップしたいのか、
資格にこだわっているのか、目的によっては、コーチの立ち居地が変わってきます。



「心さんは、私の知っている素晴らしいコーチのお一人であることに
間違いありません。」


そうコーチから言われると、モチベーションがあがりますね。

2009-02-02

楽しかった~!!!

今朝は6時からクラスに入っていたため、長い1日でした。

先ほどCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラス運営を終えました。

とっても楽しかった~!!!
1週間、早く来ないかな・・・。

質問のクラスは2月でひとまず終了します。
このクラスのおかげで、私の質問力はかなりあがったと思います。

「質問力があがった成果をどこではかりますか?」

という質問が浮かんできました。

この1ヶ月、参加者の質問力をあげることにコミットします!


来月は、クラスを2つ担当します。


1つはクラスコーチ向けのクラスです。
よい成績をおさめたクラスコーチだけが担当できるスペシャルなクラスです。


そして、もう1つはCTPのクラス。
これは、私の得意分野である学習スタイルと優位感覚です。

最高に学べて、楽しくてワクワクするクラスをします。


こちらも楽しみ~。

2009-02-01

とてもありがたいこと

2月のコーチング勉強会の受付を今日から開始しました。


ところが、開始前からかなりの数のお問い合わせ、お申し込みのメールが
届いていました。


申し込み受付けを公平にするために、普段私はブログからのメールは
オープンにしていません。


それなのに、お問い合わせやお申し込みを頂くことにとてもありがたく思っています。


ブログを読んで参加したいと思って、早めにお申し込みを下さる、その気持ちが
とてもとても嬉しいです。ありがとうございます。


私はそんなに器用な人間ではありませんので、
みなさんのために今の自分にやれること、最善を尽くすことしかできません。


それでも毎回参加して下さる方、遠方から泊りがけで来て下さる方、
そういう皆さんに支えられて、毎年開催することができます。


今年度は4回開催します。
そのうちの1回はファシリテーションの勉強会を行います。


楽しみにしていて下さい。