2009-03-30

パーソナルコーチングの日




4月からパーソナルコーチングの日をまるまる1日作ることにしました。


本業の空いている時間に、コーチングが入りきらなくなってしまったからです。
大勢の方が、私をコーチに選んで下さるおかげ、とてもありがたく思っています。



4月の予定を書いているうちに、だんだんわからなくなってきて、

「そう言えば、誰かに口座番号教えてって言われてたけど、誰だったかな?」

「誰に4月のコーチングを後日連絡するっていったかしら?」

という状態になり、あわてて予定帳を見直したり・・・。


自分でクライアントさんたちの予定を管理できないほど、
コーチングを受けてはいけない、と自分のコーチに言われたことがありました。


まさに、そういうことが起こりつつあって反省です。
しっかりしないとね。

2009-03-27

未来の自分への手紙




CTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスコーチ向けのクラス2回目。


今回も5分前に入って下さったクラスコーチの方。
いきなり


「心さんに質問です。
未来の自分に手紙を書くとしたら何年後の自分になんて書きますか?」


と質問されました。


そんな話をクラス開始前にしていて、またまた緊張が和らぎました。

年度末で忙しい時期でもあるのに、欠席されずクラスに入ってきてくれた
クラスコーチ仲間に感謝です。


皆さんは、私がどういうクラス運営をしているか、というのを参考にするために
クラスに入ってきて下さいましたが、私自身がとても学ばせてもらいました。


全員のクラスコーチからフィードバックを受けて、改めて自分が
クラスでやっていることが明確になりました。


そこがクラス参加者からの高評価につながっているのかどうかわかりませんが、
あるクラスコーチがフィードバックしてくれた言葉。


「心さんはとても誠実にコーチングをされているのが伝わってくる。」


そう言ってもらえて嬉しかったですし、私がいつも大事にしていることです。
それが参加者の皆さんに伝わっているんだなということがわかりました。


ありがとうございました。

2009-03-26

感情との向き合い方




私はファウンデーション(自己基盤)を強化するためのコーチングが得意です。
現在30名近いクライアントさんたちと、ファウンデーションを強化するための
コーチングを行っています。


その中で、感情との向き合い方、自己観察を主にやって頂いています。


私たちは事実に対して、いろいろな捉え方をしています。

例えば、

今日は雨が降っています。これは事実ですね。


次の瞬間、あなたはこの事実をどう捉えていますか?

雨だから、嫌だな。出勤する時にぬれちゃうし・・・

雨が降って良かった。花に水をあげなくてすむ。


このように、事実に対して私たちは様々な捉え方をしています。


そしてこの捉え方によって、感情が出ます。


雨で嫌だなと思った瞬間、ネガティブな感情になります。
雨で嬉しいなと思った瞬間、ポジティブな感情になります。


私たちは、これを頭の中で瞬間的にやっています。


大事なのは、事実は何なのか。
そして、私は事実をどう捉えているのか、ここが大事であり、
ここが感情の出どこです。


ここを見て下さい。


自分の捉え方の癖に気付けるはずです。


ファウンデーションを強化するには、まず自分をとことん知ることです。

2009-03-25

楽しくて、とても学べて、わかりやすいコーチング



かめが沢山居るの、わかりますか?



CTP(コーチトレーニングプログラム)クラス運営と
コーチングセミナーをする時の私のモットーです。


私がクラスに参加していたときに、難しくてよくわからなかったことがありました。
そうすると、参加していてもあまり楽しくないのです。
発言も控えめになります。


パーソナルコーチングをしていると、クラスに参加していて
わからないところをティーチングして欲しい、というリクエストを頂きます。

そういうとき、クライアントさんの学習スタイルに合わせて
ティーチングすると、

「とてもよくわかりました。」

と言って頂けます。
凄い成果が出ます!


クライアントさんからの質問は、様々なので、
私は全クラスの内容を把握している必要があります。
私自身も質問を受けることで、とても勉強になります。



今月私が担当しているクラスは、55分では全然足りないくらい、
皆さんが積極的に発言下さって、


「もう1つ、話してもいいですか?」


と、沢山シェアして下さいます。

きっと、もっと話されたいんだろうなというのが伝わってくるのですが、
クラスの時間が限られていて、とても残念です。
延長できたらいいのにとか、2ヶ月くらいやれたらいいのに、と思うほど。


これからも楽しくて、とても学べて、わかりやすいクラスを目指していきます。

2009-03-24

4月は2クラス担当




4月のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスで
もう1クラス担当することになりました。


予約開始ですぐに満席になってしまったため、ご予約できない方が
いらっしゃったようです。


夜の時間帯はほぼパーソナルコーチングで埋まっていましたが、
何名かのクライアントさんたちにご協力頂いて、クラスを担当できるようになりました。


いつもいつも私の勝手なお願いを快諾して下さるクライアントさんたちに
感謝感謝です。


コーチングの時間帯も

「午後に変更できますよ。」

と私に気を遣って下さって、申し訳ないな~と思いました。


クライアントさんたちの気持ちを大切に、精一杯頑張ります!


今から学習スタイル3週目のクラスが始まります。
クラスに入る前にぐ~~~んとモチベーションをあげるために、
今音楽を聴きながらパソコンを打っています。


聴覚が優位感覚の私は音楽を聞くことで物凄くモチベーションがあがるんですね。


何の曲かは恥ずかしいので秘密です。(笑)

2009-03-23

クライアントのことを考え続ける




私の頭の中って、いつもコーチングのことだらけです。


特によく考えているのはクライアントさんたちのこと。
今日のパーソナルコーチングのクライアントさんたちのことはもちろん、
他のクライアントさんたちのことも考え続けています。


前回のコーチング後、どんなふうに過ごされているかな?
今日のコーチングでもっと共感して聞く方法はあったんじゃないかな?
クライアントさんのために最善が尽くせたかな?

そんなことを考えています。


コーチはクライアントさんを依存させてはいけません。
だから、コーチングをするときは、私は大げさな承認はしないように
心がけています。


それでも心から共感して承認したくなるときがあります。
私にとっては大切なクライアントさんだからです。


ずっと応援していますし、いつも私の心の中に居るのです。


コーチとしてはいけないのかな・・・

2009-03-22

自分自身のスキルアップ





コーチになってから、自分自身とよく向き合うようになり、いろんなことを
改善してきました。


クライアントさんにコーチングをしていて、コーチが何も成長しないのでは
申し訳ありませんからね。


自分自身スキルアップすることが、クライアントさんたちのお役にたてるのを
実感しています。


私は今、自分のコーチを3人つけているので、私をコーチにするとかなりお得。


まだまだ自分自身のスキルアップをしていきます。

2009-03-21

どうしてもお願いしたかった




私はいくつかブログを持っていますが、コメントやメッセージを受け付けていません。
またメールアドレスも公開していないために、私とコンタクトが取れない設定になっています。


先日、見慣れぬところからメールが届きました。
こんな方法もあるのか、とびっくりしたのですが、
どうしても私のコーチングを受けたいということで、いろんなところから
私を探し出してくれたのです。


どうしてもお願いしたかったという思いが、
人のパフォーマンスをあげるんだなと思いました。


大勢居るコーチの中から私を見つけて、コーチングを受けたいと
言ってくださることに、とてもありがたく思いました。


クライアントさんたちのために、私はもっと自分自身を高め、
コーチングのレベルアップをしていきます。


4月のCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスも
すぐに満席になっていました。
嬉しいです。

2009-03-18

懐かしいお名前が・・・




4月のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスの予約が始まりました。


名簿を見ていたら、懐かしいお名前が沢山ありました。
今月のクラスといい、リピーターの方が居るのは本当に嬉しいです。


しかもその中に、よく知っている方々が数名エントリーして下さっていました。


これもとても嬉しいことです。


いつもお呼びしているようには、お名前をお呼びできないのが寂しいですね。


来月のクラスも今から楽しみです。
みなさん、よろしくお願い致します。



明日は早朝6時からコーチングなので、もう寝ます。
おやすみなさい。

2009-03-17

自分との違いに興味津々

今私がはまっているおやつです。


先ほど、CTP(コーチトレーニングプログラム)学習スタイル2週目のクラスを終えました。

いや~面白すぎ!です。


本日は聴覚系と言語感覚系の特徴を扱いましたが、
こんなに違うんだということがわかって、興味津々。


聞いていて、思わず笑ってしまいました。


3週目は、触覚系と視覚系を扱うのでますます楽しみです。


それにしても、同じ優位感覚同士って物凄く共感しあえるんですね。
ぐっと距離が縮みましたよ。


このクラス最高です。

2009-03-16

コーチ力の低下

コーチングがこれだけ広まってくると、コーチ力の低下がクローズアップされて
くるようになりました。


そう言えば、昨年のクラスコーチ向けスペシャルセミナーで
伊藤守さんが、

「実力があると思うコーチは、ほんの一握り。」

というようなことを仰っていたように記憶しています。

それを聞いて、
私も昨年からコーチ力アップを意識してコーチングに取り組んでいます。


しかし、自分のコーチ力をアップするには、実力のあるコーチにつかなければ
なりません。
そのコーチを探すのが結構大変な上に、金額が半端じゃない。


だからこそ、一生懸命トレーニングして
クライアントさんともコーチングを沢山して、コーチ力を向上していきます!

2009-03-15

話したいことが話せていますか?

クライアントさんとのコーチングで、私が意識していることの1つです。


今、話したいことが話せているか。


コーチが相手の成果にばかり意識がいくと、クライアントさんそのものの声を
聞いていないことがあります。


私も熱が入ると、成果を出すことに意識が向いてしまいます。


でも、私たちコーチが向き合っているのは、クライアントさんの成果ではなく、
クライアントさん本人です。


そこに意識を向けて聞いていく。


今、心から話したいことが話せているか、言葉の背景をじっと聞いていきます。

2009-03-14

みなさんの役に立てたか

昨夜はCTP(コーチトレーニングプログラム)でクラスコーチをされているみなさんの
トレーニングクラスを担当しました。


私よりクラスコーチ経験の長い方も大勢いらっしゃったので、
クラス開始前は久しぶりに緊張していました。


クラスに入って皆さんをお待ちしていたら、すぐに入って下さった方が

「心さん、電話の声だとすごく若い印象がありますね~
20代の方かなと思いましたよ。」

と言われて、一気に緊張が和らぎました。
この方のお心遣いを感じました。


クラスコーチの皆さんは日頃クラスを担当されているので、担当する側の気持ちが
よくわかって、共感して下さるんですね。

ここぞ!というところで助けて下さる方ばかりで、
私にとっては、大いに学べたクラスでした。


クラスを終了して気になったことは、みなさんのお役に立てた内容であったか、
ということです。


以前の私だと、うまくできたかな?みなさんの話をしっかり聞けていたかな?
と自分のことが気になってしまうのですが、
1番に思ったことは、みなさんの役にたてたか、ということでした。


いつの頃からか、私は自分がどう思われているかよりも
相手の役にたてたか、相手のために自分の力が出せたか、と考えるようになりました。


これも成長の1つですね。


クラスコーチのみなさん、ありがとうございました。

2009-03-13

コーチとして活躍したいのなら

自分が将来コーチとして活躍したいと考えているのであれば、
自分にコーチをつけるのは、当たり前と私は思っていました。


クライアントさんを獲得したいのなら、自分のコーチとその事をテーマとして
扱ってもらう。


コーチとして更なる展開をしたいのなら、その事も自分のコーチに
扱ってもらうことです。


自分にコーチをつけないで、コーチとして活躍したい!というのは
私は無謀だと思います。



お金の問題もあるのかもしれませんが、将来コーチとして活躍したいのなら、
コーチングFeeを自己投資するくらいの気持ちがあってもいいかなと思います。

2009-03-12

果敢に挑戦する




私が自分のコーチング力をあげる目的は、クライアントさんのためです。


私をコーチに選んで下さっているクライアントさんたちに
質の高いコーチングを提供すること、最善を尽くすことが私のミッションです。


今日は自分のコーチングを様々なキャリアを持つコーチたちに
聞いてもらいフィードバックを受けました。


みなさんの前でコーチングをするのは、何度やっても緊張します。
しかもその参加者の中に以前の私のコーチが2人、コーチ仲間も居るという
非常にやりにくい場でやるのはとても勇気がいります。


自分の心の声を聞くと


「嫌だな、こんなところでコーチングを披露して、あとで
何を言われるかわからないし・・・」


とネガティブな感情が出ました。


でも、自分のコーチングを評価されることが目的でなない、
私が自分のコーチング力をあげることで、大勢の人の力になれると思ったら
いつもの果敢に挑戦していく私に戻りました。


みなさんの前でコーチングをやって良かったです。
やってこそ、得られるものが沢山あります。


真のコーチになるために、恥ずかしい思いを沢山して、
失敗も繰り返して、少しずつ成長できたらいいな、と思います。

2009-03-10

自然体で




先ほど、学習スタイル1週目のクラスが終わりました。


とっても楽しかったです。
今回も参加者のみなさんに恵まれて、初回のクラスだと言うのに盛り上がりました。


私の中で、伝えたいポイントがあったのですが、
できれば参加者の方が気付いて、発言してもらえたらいいな、と思っていました。


そこをあえて誘導するのはコーチではありません。
私はあくまでも自然体で、参加者の皆さんのサポートをしようと思っていました。


そしたらなんと、すばり!そのポイントを言ってくれた方が居ました。


私が言うよりも参加者から出たほうが何百倍も学びになるのです。
そこに気付いてもらえて嬉しかったです。


そして、そこから他の参加者のアンテナがたってくれました。
まさに、グループコーチングの成果です。


やった~~~!!!


参加者のみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

2009-03-06

誰よりも努力していることが強み

自分のメンターコーチとのコーチングで、


「私、ここまで話しを聞いてみて、心さんのクラス運営についてストンと落ちました。
だって心さんは誰よりも努力していることを皆さんが知っているから。
自信を持ってクラスをやって下さい。」


と言われて、とても安心しました。


来週から始まるクラスコーチ向けのクラスの内容がなかなか決まらずに
困っていたのです。


私のメンターに胸のうちを吐き出して、気付きました。


そのうちの1つは、
誰よりもクラスをオブザーバーしているということ。
いろんなクラスから学んだことを自分のクラスに活かしている。


そしてもう1つは、今のCTP(コーチトレーニングプログラム)が求めている
内容に沿ったクラスがやれていること。


この2つは事実であり、誰もが認めてくれていることです。


そのことをメンターと話す中で気付くことができました。



そう!私らしいクラスをすればいいのです。
他のクラスコーチからの評価を気にせずに・・・

2009-03-04

栄養ドリンクで気合を入れる!



私は日頃、栄養ドリンクをを飲まないのですが、今日はちょっとまずい
感じがしたので、薬局へ行き、効き目のありそうな栄養ドリンクを
買って飲みました。


栄養ドリンクと気合で何とか復活しました。


私の周りではインフルエンザがとても流行っています。
この時期、うつらないように冷や冷やしながら職場に行っています。


今年になってから、マスクをしない日はありません。
きっと周りからは花粉症で辛いんだなと思われているでしょう。


特にCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスを担当するようになってからは
健康管理にとても気を配っています。


体調不良では、参加者の話を聞けません。
3月は新たな内容のクラスとクラスコーチのためのクラスと2つのクラスを
担当するので、万全な体調で臨みます。


そのために栄養ドリンクを買い溜めしました。
あとは、気合で乗り切ります。

上手くいっている人をコーチにする




自分のコーチを選ぶときに、それぞれ基準があると思います。


私は上手くいっているコーチ、活躍しているコーチを選びます。
コーチの持っている資格は私の中ではあまり関係ありません。


そして、人柄が私と合うかどうかを見ます。


どんなに活躍していても、上から目線なコーチは遠慮します。


現在私がついているコーチはそれぞれに全く違う分野を扱っているコーチです。
私が今最も強化したいと思っている分野に特化したコーチをつけることで
成果が加速するんですね。

2009-03-03

やりたいことを実現させるために




最近やりたいことが次から次へと出てきます。
よくまあこんなに出てくると思うほどです。


やりたいことを実現させるためには、どうしたらいいと思いますか?


誰かに話す

具体的にイメージする

今からやれることをやる


どれもその通りなんですが、何かインパクトが足りないように思います。



そして、私は考えました。


やりたいことが達成されたら次はどうなるのか?


それが見えないから、行動を起こせないのです。
やりたいことをやったらそれでおしまいではなく、さらにどうつながっていくのか、
どう展開するのかが大切なんですね。



私は今やっているコーチングセミナーを将来どうしたいのだろうか?


その辺を考えていきます。

2009-03-01

お互い良い関係でいたいから




私はコーチングで、クライアントさんを尊重して関わることを大切にしています。


でも、時々うっかりしてしまうことがあります。
そんな時、私のクライアントさんたちは率直にフィードバックしてくれます。


この関係が私にはとてもありがたいです。


私のコーチングがクライアントさんたちにとって心地よいかどうかは
クライアントさんが1番よくわかっています。


どう感じているのか、何が自分の中で起こっているのか伝えて頂く事で
私はクライアントさんの気持ちを知ることができます。


私がクライアントさんたちに感謝しているのは、その大事な部分を
私に伝えて下さることです。


時にはコーチに言いにくいこともあると思います。
でも、勇気を持って言って頂く事で、以前よりももっと良い関係になれます。


私は完璧な人間ではありません。
クライアントさんたちからいろいろなことを学ばせてもらっています。


そして、最善を尽くそうと思っています。