2009-07-31

会話が変?




ずっと以前から感じているのですが、
他の人のコーチングを聞いていると、会話が変だな~と思います。

普段そういう言葉は使わないよね、と思うような
話し方をしているのです。

やたら長かったり、変な言いまわしをしていたり・・・。

私もあまり人のことは言えませんが、
自分が話す時は、意識して話すようにしています。

それが返って変なのかも・・・(笑)

自分のコーチングを録音して、よ~~~~~く
聞いてみるとわかりますよ。

2009-07-30

1対1のコーチングが基本



今更ですが、あまりにも美しいので。



コーチングは1対1で行うコーチングが、基本と言われています。

CTP(コーチトレーニングプログラム)のクラス運営は、それ以外の
スキルも必要ですが、やっぱり何と言っても1対1のコーチング力が
ないと、クラスの中でデモができません。

クラスコーチになって、クラスで1度もデモコーチングをしたことがない
クラスコーチも居るそうですが、私は結構やっています。

クラスの中で行うコーチングは、とても勉強になります。
もちろん失敗は大いにありです。
失敗から学ぶのですからね。

クラスコーチでも、1対1のコーチング量が少ないと、
なかなかコーチングが上手くなっていきません。

質と量ですね。
クライアントさんたちに感謝です。

2009-07-29

1つ終わってまた1つ



夏は酢の物が美味しいですね。



8月の1日コーチング研修のレジメ、資料が完成しました。
ほっとしたのもつかの間、すぐに次のコーチング研修の資料作りがあります。

8月お盆までは、目一杯仕事が入っています。
ありがたいことです。

約1週間お休みをして、またすぐにコーチングの研修が続きます。

8月は土日も予定が入っているので、
時間と身体の管理を丁寧にね。忙しい時は特に。

2009-07-28

わかりやすく話す



クライアントさんに勧められた入浴剤。とても刺激的ですよ。(笑)



コーチングは、アメリカから日本に入ってきたスキルです。

最初の頃私は、やたらと横文字だらけのテキストに閉口していました。
意味不明。

辞書をひかないと意味さえも理解できなくて、コーチングの学習が大変でした。

コーチングのクラスの中やコーチ同士の会話には
横文字が沢山出てきます。


私はそれがあまり好きではありません。
なぜなら私は、相手にわかりやすく伝えることを大切にしているからです。


本人は無意識に使っている言葉であっても、受け取るほうは
ひっかかってしまう場合があります。

わからない言語で話されるより、わかりやすい話し方をされる方が
会話をしていて私は安心します。

2009-07-27

アイディアを出したい時




ここのところ、毎日コーチング研修の内容を練っています。
レジメやワークシート、アセスメントを作成しています。

パソコンの前にずっと座って仕事をしていると、頭がだんだん膿んできます。
そういう時はいくら頑張っても、効率が悪いんですね。

さっと着替えて、私はジョギングにでかけます。
ジョギングしながら、内容を考えているとだんだんさえて来るんです。

身体を動かすと、アイディアが沢山出てきます。

そう言えば、数年前、
クラスコーチを目指していた頃、トレーニングに参加する前は、
歩きながらぶつぶつと練習していましたよ。

物凄く集中できたのを覚えています。

今はクラスの前にはストレッチをして、
脳を刺激してからクラスに入るようにしています。

そうそう・・・
ついに念願のポーズができるようになりました。

ブリッジで片足を天井に伸ばすポーズ。

この年でできるようになるなんて、毎日練習したかいがありました。
続けるって大事ですね。

2009-07-26

鏡を磨いておく



新しいプリンタです。両面印刷ができるので便利です。


コーチングのスキルの中でも重要なスキルのひとつであるフィードバック。

自分が達成したいゴールから、現在位置がどのくらいかを
伝えることですが、実際には幅広い意味で使われています。

他人から自分がどう見えるのか、自分の行動修正(軌道修正)を
目的にも使われますし、自分が行ってきたことの成果を
客観的に見て伝えてもらう時にも使われます。

このフィードバックは、フィードバックを求めている人の鏡になって、
見えていることをそのまま正確に映し出すのですが、
映し出す側、つまりフィードバックする側の鏡が磨かれていないと、
曇ったガラスで相手を映し出すことになります。

つまりコーチがイライラしていたり、体調が悪かったり、感情的になっていたり
すると、鏡が曇ってしまいます。

フィードバックをする側の鏡を磨いておくことが大切ですね。

2009-07-25

自分の言動に責任を持つ



コーチングは、コーチとクライアント共に自分の言動に責任を持って行われます。


自分の言動に責任を持つことは、自立・自律しているということです。
この関係が成り立ってこそ、コーチングが機能すると思います。

よくコーチングは、コーチが何とかしてくれるものだと誤解している方が居ますが、
それはコーチに依存していることになります。


自分の言動に責任を持つ・・・コーチングに限らず、
大事なことだと思っています。

2009-07-24

愛読書はテキストと倫理規約




コーチングの基本をしっかりと押さえるために、私はテキスト(マニュアル)
やコーチの倫理規約をよく読みます。

ここにコーチとしての大事なことが全て網羅されています。


そして今の自分に足りないところ、改善するべき項目は
紙に書き出して、コーチングデスクに貼っておきます。

コーチングをしている最中、これが目に入るので
気をつけてコーチングをすることができます。


うっかりしていると、自己流コーチングになってしまいますから。
誰に迷惑をかけるって、私の大事なクライアントさんたちに迷惑をかけて
しまいますからね。


基本は大事です。

2009-07-23

予約はお早めに


8月に移転するそうです。



8月のCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスの予約が始まっています。
8月に担当するのは

『自分を知る 相手を知る』

です。
かれこれ1年以上前からやりたくてリクエストしていたクラスです。

このクラスこそ、私にぴったりだと思います。
(毎回同じようなこと言っていますね。)
自分が担当するクラスは、それだけ惚れ込んでいるのです。(笑)

私のクライアントさん、予約しようと思ったら満席で入れなかったそうです。
残念・・・(涙)

私が担当しているクラスはとてもありがたいことに、
予約開始の1~2日で満席になります。
クラス予約開始時刻に合わせて、パソコン前で待機して下さっている方も
居るそうで、本当に嬉しいです。

そういう方のためにも、最善を尽くします。

2009-07-22

私がコーチングで目指すもの


早朝パーソナルコーチングが無い日の前夜、コーチング終了後に飲む梅サワーです。




前回からのつづきです。


いつも頭の中にはコーチにどう思われるのか、ということがありました。

そしてある時、私の中にあるコーチの存在が、自分の存在よりも大きくなっては
だめだと思いました。

もっとまずいのは、自分のクライアントさんたちにも無意識に私と同じように
思わせてしまうことです。
クライアントはコーチをモデルにしますから。

そしてあることがきっかけで、コーチを変える事にしました。


今、私の頭にあるのは、今のメンターコーチが私にしてくれた質問です。
コーチの存在ではありません。

私の行動が滞った時に、メンターコーチがしてくれた質問が私の頭に浮かんできます。
無理かも、と思ってもやっぱりメンターコーチの質問が出てきます。

すると行動が起こせるのです。


私も自分のクライアントさんたちに、そういう力をつけて頂くコーチング
を目指しています。

自分で気付いて、自分の心に従って、自分で行動を起こす。

その力をつけて頂くようにサポート、フォローしていくのが私のコーチングです。

2009-07-21

特別なクライアント



実家のかぼちゃで作ったポタージュ。最高に美味しいですよ。



私がパーソナルコーチングで目指しているものは、クライアントさんたちに
自分力をつけて頂き、それを自分で活かせるようになって頂く事です。


誰かに相談したり、アドバイスをもらわなくても、
その場その場で自分の心に従って行動して頂くこと。


今の私がそうなんです。


以前はコーチに好かれるために頑張っていました。
私がクライアントの中でも最も成果を出しているとコーチに思われたい。
あのコーチについているなんて凄いねと言われたい。
私をクライアントの中でも特別な存在だと思って欲しい。

そんな気持ちでついていたんですね。
お恥ずかしい話です。

こういう状態だと、何か行動をしたくてもブレーキがかかるのです。
コーチに何か言われないか、嫌われないか、と
コーチのことを真っ先に思って、自分の心は二の次。


つづく・・・。

2009-07-20

イメージと違う



これからかぼちゃのポタージュを作ります。



コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付中

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

自分の捉え方、考え方、物の見方の癖、
相手にアサーティブに関わる方法なども扱う予定です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


私のブログを読んで下さる方が、私が主催しているコーチング勉強会に参加されると
決まって仰るのが、私のイメージが違うそうです。(苦笑)

私もそうなのですが、人のイメージって美化していませんか?

CTP(コーチトレーニングプログラム)は電話会議室で行っていますし
パーソナルコーチングも電話です。
電話から伝わる私の雰囲気で、あなたがイメージしている私と、
実際の私とでは、そのギャップにとても驚くようです。(笑)

詐欺みたいですね。

恐いもの見たさで私の姿を見たいというクライアントさんには、
画像をお送りますが、本当はお会いして私を直接見たほうが
驚き倍増で楽しいですよ。

直接私を見たい方は(みせものではありませんが・・・)
静岡のコーチング勉強会までお越し下さい。
くれぐれもあなたがイメージしている私からもっと下げて頂いて
大丈夫です。(笑)

それ以外の方は、11月21日のコーチ大会でお会いしましょう。
今年は何とか都合がついて、コーチ大会に参加できそうです。

2009-07-19

コーチングでのフィードバックとは




現在CTP(コーチトレーニングプログラム)でフィードバック・アドバンスのクラスを
担当しています。

クラスを担当するのはだいたい2ヶ月前にわかるのですが、
担当クラスが決まってから、私はフィードバックのことをずっと考え続け、
日常でもフィードバックを積極的に使っています。

クラス運営をする前に、フィードバックの超達人になっておくこと。
それがプロコーチであると思っています。

そのフィードバックについてですが、私は以前から疑問に思っていることがあります。

それはフィードバックと言えば、何でも言っていいみたいな雰囲気が
あるように思うのです。
特にコーチ同士の勉強会でのフィードバックは、何のために伝えているのか
疑問に思うようなフィードバックを、平気で伝えているコーチが居ます。


私も過去に、とても辛いフィードバックをもらったことがあります。
確かにフィードバックは受け取る側が選ぶものですが、だからと言って
コーチが言いたい放題フィードバックするのはどうか、と思います。
まるでコーチのはけ口にフィードバックの名を借りて、言われている感じが
するのですね。

そもそもコーチングでのフィードバックは、相手の成長のためとか
相手のゴール達成のために伝えるものであって、傷つけるものではありません。


もし相手に、ちょっと厳しいかなと思うフィードバックをどうしても
伝えなければいけない時、私はまずそのことを伝え、なぜこんなに厳しい
フィードバックをするのか、意図も伝えます。

そして何よりもフィードバックは私の責任で相手の方にするのです。
私の責任でするということは、フィードバックを受けたクライアントが
その後、フィードバックをどう活かしているのか、
見守る、フォローすることも含まれます。

もう一度フィードバックは何のためにするのか、ということを考えて
欲しいと思います。

忌憚のない率直なフィードバックは大事です。
でもそのフィードバック、本当に相手の成長を願って、自分の責任のもと
伝えていますか?

言いっぱなしになっていませんか?

2009-07-18

コーチ力をつけるには



夏野菜を活かした昼食です。




コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付中

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

自分の捉え方、考え方、物の見方の癖、
相手にアサーティブに関わる方法なども扱う予定です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



その昔、今ほどクライアントさんが居なかったので、
コーチングをどうやって練習したらいいだろう?と悩んだ時期がありました。

そして100人コーチングといって、
ブログでコーチングを受けたい人を募集して、無料で100人コーチングを
しました。

コーチングの上手なコーチに、コーチングをさせて下さいと
お願いしたこともありました。
コーチングするはずが、逆にコーチングされて、痛いフィードバックを
もらったこともありました。(苦笑)

でも今思うと、そうやって練習した時期があったから
今の自分が居るんだな、と思います。


今は毎日コーチングしています。
毎日コーチングしていれば、当然コーチ力はついてきます。
さらに厳しいフィードバックをビシバシ受けているので、
コーチ力がつく仕組みができているんですね。

メンターコーチのフィードバックは、的を射てるだけに凹みますが、
もらわないと自己満足コーチングになってしまいますからねっ。(笑)

2009-07-17

レベルが下がっているのではなく





コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付中

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

自分の捉え方、考え方、物の見方の癖、
相手にアサーティブに関わる方法なども扱う予定です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


私は最近のコーチはレベルが下がっているとばかり思っていました。
でもそれは間違っていることに気付きました。

コーチのレベルが下がっているのではなく、
コーチ力がもともとついていないのです。


つまりどんなにトレーニングを積んできても、力がついてきていない
ということです。

ペーパードライバーのようなものです。
ペーパーコーチと言うのでしょうか・・・。

1つにはコーチングを実践する場がないこと。
そしてもう一つはコーチ力のあるコーチについていないこと。

以前にも書きましたが、そのコーチが有名だからとか
人気があるから的なアイドルコーチについていると、
もともとのコーチングの目的がずれているように思います。

コーチも人気商売なのでしょうか・・・(苦笑)

2009-07-16

魅力的なコーチ




コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付中

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

自分の捉え方、考え方、物の見方の癖、
相手にアサーティブに関わる方法なども扱う予定です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


クライアントを増やしたい、と思っているコーチは大勢いますね。

クライアントを増やすために行動しているかどうか、ということも
もちろん必要ですが、それよりもそのコーチが魅力的かどうか
というのも大きなポイントだと思います。


コーチは周りの人たちに影響を与える人なので、
コーチ自身が魅力的であれば、クライアントは自然に集まって
くるように思います。


コーチの前に、一人の人間ですからね。
やっぱりその人の人間性ですね。

2009-07-15

クライアントを見ればコーチ力がわかる




コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付は本日6:00~受付始まっています。

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

日頃、コミュニケーションや人間関係にお困りの方、
何とかしたいけど、どうにもできないあなた!にお勧めです。(笑)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



クライアントを見れば、そのコーチが日頃どんなコーチングをしているのか
すぐにわかってしまいます。

私のクライアントさんには、ご自分でブログを書いている方が何人か
いらっしゃって、私とのコーチングの様子も書いて下さっています。

それを読むと、私がどういうコーチングをしていて、
クライアントさんたちがどう感じているのかを知ることができます。

コーチ力のあるコーチのクライアントさんたちは、
クライアント力もあります。


クライアントの成果1

クライアントの成果2

2009-07-14

コーチングの成果の感じ方



とれたての夏野菜は最高に美味しいです。



クライアントさんのコーチングの成果の感じ方につて、
学習スタイルが関係していると、私は最近感じています。


私のクライアントさんで分析してみると、
触覚系をお持ちのクライアントさんが、最もコーチングの成果を感じやすいな~
と思っています。


そして自分の変化やコーチングの成果を感じにくいのは
言語感覚かな・・・と思います。
言語の方は変化した、という証拠みたいなものが欲しいのではないかと
思います。明確な成果ですね。


タイプ分けでいくと、やっぱりプロモーターが1番成果を
感じやすいですね。

これはあくまでも私の仮説ですよ。
ですから言語感覚のクライアントさんには、コーチングを受ける前と
受けた後の変化を、ご本人に書きとめてもらうことが大事だなと
思っています。

学習スタイルって、いろんなところに出ていますね。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

コーチングネットワーク静岡主催勉強会

8月8日(土)13:30~17:00
参加申し込みの受付は7月15日6:00~

参加費:3000円
内容は『他人に振り回されない自分になる』
自分のコミュニケーション、人間関係ってどうなの?ということを考えます。

日頃、コミュニケーションや人間関係にお困りの方、
何とかしたいけど、どうにもできないあなた!にお勧めです。(笑)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2009-07-13

ますます狭き門




私は現在コーチ21のCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスを担当している
クラスコーチの一人です。

クラスコーチになるためには、様々なトレーニングを積み、非常に倍率の高い
試験を突破し、さらにトレーニングを積んで、ようやくクラスコーチとして
デビューできます。

ところが今年の11月から、このクラスコーチ採用試験に、
受験資格の条件が付加されたことを最近知りました。

その条件を見ると、ますます狭き門になってきたことがわかります。

私が受験した時もかなり狭き門でしたが、今後クラスコーチに
なるには大変だな~と思いました。

2009-07-12

自分に必要なフィードバック




コーチを5年以上やっていますが、私にとって必要なフィードバックは、
自分から取りに行かなければもらえないなと思っています。

私が欲しいフィードバックは、承認のようなフィードバックではなく、
私の行動変容につながるものです。

フィードバックをもらって、

「嬉しかった~ありがと~♪」

で終わるのは、私はフィードバックとは思っていないのですね。

痛いな~ズキズキ、とずっと残っているフィードバックが
私が最も欲しいフィードバック。


自分にとって都合のいいフィードバックだけをもらっていたら、
そこで成長は止まってしまいます。

特にコーチとクライアントの関係では、率直なフィードバックは必要ですね。

2009-07-11

曜日でペースが違う




7月クラス・・・あ~あ。すごく延長してしまいました。
こんなこと初めて・・・。ちょっと凹んでおります。

クラスの前に筋トレ、ストレッチをやって気合は十分だったのに。
ペースがゆっくりになってしまいました。

先月は火曜日クラスで、その前は月曜日。
私は比較的週始めのクラスが多いのです。

2回ほど、金曜日のクラスをやったことがありましたが、そう言えば
その時もペースがゆっくりだった。

もしかしたら、曜日によってペースが違うのかもしれません。

でも参加者の人数が多いので、ゆっくりやっていたら、
やりたいことができません。

今夜もエクササイズが1つできず、次週に持ち越し。
自分でもこのエクササイズを1週目に入れたら、一杯一杯になるかな~と
思っていたら、やっぱりそうなりました。

次週からは立て直していきます。
自分で自分にフィードバックです。

セルフフィードバックっていうのを作っちゃおうかな?(笑)

2009-07-10

暑さのせいで



毎日暑くてたまりません。
アイスとすいかとカキ氷が恋しいです。

ここのところ、ブログを何日も前からためて書いているので、
今日どんな内容がアップされているのか、わかっていない・・・(笑)

そこで、今はリアルな記事を書いてみました。

今夜はCTP(コーチトレーニングプログラム)の7月クラス、第1週目があるので
マニュアルを読んでいるのですが、全然頭に入ってきません。

昨日、クラスのスクリプトをプリントアウトしようと思ったら、
暑さのせいか、プリンターも壊れてしまいました。(苦笑)


出席名簿はとっくに準備してあったので大丈夫ですが、
レジメとスクリプトが手元にないので、暗記でやるか~と思いましたが、
この暑さで頭がぼ~っとしています。

すぐにプリンターを注文し、今日中にセットしてもらえる手はずを
整えたら、壊れたはずのプリンターが動きました。

人生とはこんなものです。(笑)

今月のクラスも半分はリピーターの方なので、クラスが楽しみです。
先月のクラスも楽しみで、1時間前からブリッジに入っちゃおうかな~と
思ったほどでした。

今はボ~っとしていますが、ヘッドセットをつけた瞬間から
スイッチが切り替わるのが、面白いです。

コーチが出しているものに反応する




自分のクライアントさんたちや、コーチング勉強会の参加者の皆さんを
見ると、自分がどんなことを発信しているのか、客観的に知ることができます。

コーチが知らず知らずに出しているものが、
それを求めている人を引き寄せるのです。

もしあなたのクライアントさんが依存傾向にあったら、
それはあなたが出しているものに反応したからです。


私は自分の中に、コーチとしての軸になるものさしをいくつか持っています。
私がクライアントを依存させていないか、というのも1つのものさしです。


クライアントがコーチに依存するのは、
コーチ自身もクライアントに依存しているからです。

2009-07-09

コーチに好かれるために




私がコーチとしてぐ~~~~んと成長したと自分でも感じた時期がありました。

それは長年信頼してついていたコーチを変えたことがきっかけでした。
思い切ってコーチを変えたとたん、びっくりするくらい活動範囲が広がりました。

私はコーチに好かれるために、頑張っていたのです。
その頑張りを、本来やりたいことに向けたら、
活動が広がるのは当たり前のことです。


私は自分のクライアントさんとの関係も、よく振り返ります。
私はクライアントさんのために、役に立っているのだろうかと。

コーチはクライアントのモデルにはなるけれども、アイドルでは
ないと思っています。(笑)

2009-07-08

引っかかるのは、気になっているから




私のクライアントさんたちは、私のブログをよく読んで下さるそうです。
ある方は、最初から最後まで全て読んで下さったそうで、とても嬉しく思いました。

ますます書くモチベーションがあがります。(笑)


ところで、あなたは誰かのブログを読んで、心がざわざわもやもやした経験は
ありますか?

読んでいて、

「これ私のこと?」

って思うこともあるのではないでしょうか。

引っかかるのは、あなたがそれを気にしているからです。


自分のことかも・・・と思うのは、
自分を客観的に振り返るいいきっかけだと思います。

書いた相手に対してどうこう言うのではなく、
自分の内側と会話すれば答えは見つかります。

2009-07-07

問題が発生するのはルールを守らないから



ルールを守るのは、コーチの姿勢として大切だと思います。

私がCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスコーチになる前、
CTPの受講生から、コーチングの依頼を受けました。

私は自分がコーチングできる立場でないことを話し、全ての方をお断りしました。(涙)
それがCTPのルールだからです。

何か問題が発生する時は、ルールを守らないために起こることが多いと感じています。

私たちはCTPを受講する際にコーチ21と同意書を交わします。
そこに大事なことが全て書かれています。

同意書に対して様々に解釈し、本来のルールが守られていないように思います。

2009-07-06

フィードバックはするのも、もらうのも覚悟がいる




今月から始まるクラスは、フィードバックアドバンス。
CTP(コーチトレーニングプログラム)の1番最後にあるクラスです。

参加者の皆さんが長年学んできたCTP最後のクラスを、私が担当できるなんて、
こんなにありがたいことはありません。


日常で活かせるフィードバックを学んでいきましょう。


ところで、このフィードバック。

もらうって大事だなと思います。
特に「痛いな~。」と思うフィードバック。

ずっと刺さっていますからね。
もらって嬉しいフィードバックは、モチベーションはあがりますが、
すぐに忘れちゃうんです。

でも心にずっとひっかかっているフィードバックは、
行動変容に役立っています。


人が成長するには、痛いな~と思うフィードバックを
どれだけもらっているかだと思います。

ところが、このフィードバックは伝えるほうも大変なのです。
本音のフィードバックをして、嫌われたことが何度もある私です。(涙)

嫌われても、言わなくてはいけないフィードバックが言えるコーチは
ほんものだと思います。

2009-07-05

エンジンがかかる時とかからない時




最近エンジンがかかりにくいな~と思っていたのですが、
昨夜22時過ぎから猛烈にエンジンがかかって、
気付いたら1:00をまわっていました。

集中して仕事ができました。


私は日頃ボ~っとしている時間が沢山あって、そのボ~っとしている時間が
私はとても好きなのです。
これは私の価値の一つである創造性で、ボ~っとしながらいろいろ考えていると
時間があっという間に過ぎてしまいます。

どんなに忙しくても、この時間はやめられません。
好きなことってこういうことなんですよね。これが価値です。


エンジンって気合をいれてかけないとかからない時があります。
昨夜はどうしてかかったのかな・・・。

書きたいことがあって、ブログを一気に10日分くらい書いた後、
その勢いで別の仕事をしたので、エンジンをかけ直さなくても
良かったからかもしれません。

一度止まったエンジンをかけるのはエネルギーを使いますからね。
かかったエンジンのまま、続けてやるのがいいみたいです。

では、これで一旦エンジンを止めます。(笑)

2009-07-04

伝えないと伝わらない



にんにくたっぷり!スタミナがつきます。



どんなに素晴らしいコーチングをされているコーチでも、
そのことを伝えて下さらないと、私には伝わってきません。

私たちは自分のことになると、どうも謙遜が入りますよね。

私はコーチとして自信を持っていること、自分の強みを相手に伝えることって
大切だと思っています。

もしかしたら、伝えること=宣伝している=売り込んでいる
感じがするのかな、と思いました。


でも、自分のコーチングに自信を持っていて、
誰かのためにコーチングをしたい!と思っているのなら
堂々と売り込んでもいいと思います。


謙遜しながら売り込むのは、逆に変だと思いませんか?(笑)


もっと自分のこと、伝えていきましょうよ。

2009-07-03

コーチとしてモデルになること

最新のマニュアルです。内容が非常に濃いです。


生涯学習開発財団の認定試験が始まっています。
今回も私のクライアントの方々が数名チャレンジされています。

認定プロフェッショナル試験以上は、
実際のコーチングを録音しなければなりません。

この方々が参考にするコーチングは、私のコーチングです。
私はメンターコーチとして、クライアントの方々のモデルとなる
コーチングを常に心がけています。

特にプロフェッショナル認定以上を目指しているクライアントさんに対しては、
コーチングフローを実際目の前に置いて、コーチングさせて頂いています。

クライアントさんたちのモデルになるコーチングをすること。
それがメンターコーチの責任だと思っています。

2009-07-02

コーチとしての軸とは




コーチとしての軸って何でしょう。
軸のあるコーチってどんなコーチだと思いますか?


私が真っ先に思い浮かぶのは、今のメンターコーチです。
私がコーチング中にどんなことを話しても、話の中に引きずられることはなく、
客観的に見て、聞いています。

コーチングがぶれないことかな。

コーチのトレーニングで他の方のコーチングを聞いていると、
コーチが何とかしようと思ったり、クライアントの言葉だけに反応していると、
コーチングがぶれていくのがわかります。

解決するのはコーチではなく、クライアントさんですからね。


私のコーチは、どんな困難なことも私自身の力で乗り越えると信じているの
でしょうね。
コーチングを受けていると、それが伝わってきます。

クライアントさんを信じていることが、コーチとしての軸のような気がします。

「私はクライアントであるあなたを心から信じ、尊敬しています。」

という思いが、私の自信にもなり、軸になっていくのだなと思います。


クライアントの方々の成果はこちら

2009-07-01

乗り越えてこそ次につながる




私がコーチとして現在に至るまでに、本当にいろいろなことがありました。

いろいろありすぎて、愚痴になりそうなのであえて書きませんが
理不尽な思いも沢山しました。

あり得ない事もありました。
苦しんだことも、泣いたこともありました。


けれど、振り返ってみると
そういう辛い時期、苦しい時期を乗り越えるたびに、私はコーチとして
成長していったように思います。

ひとつひとつ乗り越えて、今の私が居ます。
あきらめずに乗り越えたとき、次につながっていくのですね。