2009-09-29

泣きそうになった

昨夜、CTPのクラスがありました。

今月のクラスは自分では一生懸命やっているつもりなのに、
クラスコーチになって以来の落ち込みで、クラスのことが
ずっと気になっています。


昨夜のクラスが始まる前に、早めに入って下さった参加者が
私に言葉をかけて下さいました。

その方は、私に言葉をかけたくて早めに入って下さったそうです。

その優しさに、じ~~~~んと来てクラスが始まる前に
泣きそうになりました。


クラスの雰囲気もいつもと違うなと思いました。
参加者の方がクラスを見守っている、というような印象を受けました。

情けないな、私。
参加者に気を遣わせてどうする・・・。

クラスが終わったあと、さらに大変なミスをしていたことに気付きました。

そのミスを、教えて下さった参加者の優しさが
私の心に響いてきて、泣きそうになりました。

明らかに私の不手際なのに、それを責めることなく、
「自分にも責任がある」というスタンスで私に教えてくれたのです。

コーチとしても人としても、素晴らしい方だなと思いました。
そして、CTPっていいなと改めて思いました。

私一人のクラスじゃない、みんなで作り上げるクラス。

秋だからかな。
ちょっとセンチメンタルな私です。

2009-09-28

コーチをつけていますか?

コーチングを受けているクライアントの方々。

ご自分のコーチには、コーチがついていますか?
ぜひ確認して欲しいと思います。


クライアントを持っていて、自分にコーチをつけていないコーチは、
どうして自分にコーチをつけないのでしょうか。


コーチをつけるメリットがない?
お金の問題?
別につけなくてもいいと思っている?
これ!といったコーチが居ない?
コーチが居なくても自分だけでやっていけると思っている?


自分にはコーチが居ないのに、クライアントにはコーチはする。

どうして?



私が今までついたコーチ全員から言われた言葉。

「自分にコーチをつけていないのなら、クライアントをもってコーチングするのは
やめて下さい。」

確かにその通りだと思いました。

2009-09-25

クライアント様限定

もっと早く気付けば良かった。
とってもドジな私。

クライアント様限定、メルマガを発行することにしました。
思って、すぐに行動を開始。
ご挨拶のメールをクライアントのみなさんにお送りしました。

私のことをよくご存知のクライアントさんたちだからこそ、
共有できる情報があるのです。

ますますワクワクしてきました。

このメルマガが、1番気合が入ります。
なぜなら私の大切なクライアントさんたちに向けて書くからです。

2009-09-24

コーチとクライアントの信頼関係

無料メールセミナーご登録はここをクリック

前回は同じコーチに長くつくことについて、書きました。
今回は新規のクライアントさんとの信頼関係をどうやって築くか、
というのを書きたいと思います。

私はクライアントさんにとって、最初のコーチングの印象が
あまり良くないのではないか、と自分で思っています。

なぜなら、最初から率直にクライアントさんと関わっていくからです。

「変だな?」

と思ったことは、フィードバックしたり、確認をします。
私に出来ることと、出来ないこともはっきりお伝えします。

でも、今まで大勢の方をコーチングさせて頂きましたが、
最初の1回で首になったことはありません。(笑)

私の中では、3ヶ月くらい経ってようやくクライアントさんとのペースを
つかめてきたかな?というのが本音です。

最初の3ヶ月は、手探り状態です。
どうしたら、良い環境でコーチングをすることができるか、
どうしたらクライアントさんの最高のパフォーマンスを引き出せるのか、
毎日考えています。

半年経つと、かなりいい感じ。
一年以上経つと、とても深いコーチングをすることができます。
信頼関係がしっかりと築けているからです。


クライアントさんたちに

「こころさんは、私のことを私以上によく知っていますね。」

と言われるのですが、知っているのではなく、
知りたいから一生懸命聞いているのです。

クライアントさんの1番のファンは私。
コーチングをさせて頂くたびに、クライアントさんのことがますます好きになります。
そういう気持ちでいつもコーチングさせて頂いています。

私の頭の中には、必ずクライアントさんが数名存在しています。
今もブログを書きながら、何名かのクライアントさんのことを考えています。

どうしたらクライアントさんにとって、最高のコーチングができるのか、と。

無料メールセミナーご登録はここをクリック

2009-09-23

同じコーチに長くつくメリットデメリットは

無料メールセミナーご登録はここをクリック


私にはプロコーチとして活躍されているクライアントさん、これからコーチになる
クライアントさんがいらっしゃいます。

その方々から

「クライアントさんに長くコーチングを受けてもらうには、
どうしたらいいか?」

というご質問を頂きます。

これはあくまでも私の考えなのですが、もし自分のクライアントさんに
長くコーチングを受けて欲しいのであれば、自分が同じコーチに長くついて
みるといいと思います。

自分が体験すると、同じコーチに長くつくメリット、デメリットがわかります。
体験するからわかることがいろいろあります。

私の場合は、同じコーチにずっとついていたいです。
なぜならコーチを変えるたびに、自分のことを一から話す時間がもったいないこと、
私のことを理解してくれるコーチだから、厳しいフィードバックも受け取れます。


中には、クライアントさんのことを知らなくてもコーチングできると
言うコーチも居ますが、私はそういうコーチからフィードバックを
もらうと抵抗したくなるんですね。

「私のこと、よく知らないのに・・・。」と。


「長く続けるとマンネリ化しませんか?」

というご質問も受けます。

私には最長で4年と言うクライアントさんが居ますが、マンネリと感じたことが
1度もありません。
毎回ワクワクしながらコーチングさせて頂いています。

マンネリになっているとしたら、それはコーチとクライアント両方の責任です。
お互いに相手任せなコーチングをしているからです。

コーチングでは、毎回必ずクライアントさんに今日扱いたいテーマを聞きます。

「特にありません。」

なんてクライアントさんに言わせているコーチはダメですよ。
よりよく生きるためにコーチングを受けていて、今日扱いたいテーマがない、
と言うのは、何のためにコーチング受けているのでしょうか?

1回30分のテーマすら見つけられないで、どうやってよりよく生きる方法を
身につけるのですか。

そういう状態でコーチングをしていると、マンネリになるのです。

私は毎回クライアントさんとのコーチングに入る前に、コーチング戦略を立てます。
たいてい3つは戦略を持っていて、その時のクライアントさんの
現状に合わせて、使い分けていきます。

だから、マンネリなんて考えられないのですけどね。


無料メールセミナーご登録はここをクリック

2009-09-22

一緒に頑張る

無料メールセミナーご登録はここをクリック


私のクライアントさんたちは、私のブログをよく読んで下さっています。
私もクライアントさんのブログを一日に何度も見ます。

メンターコーチをさせて頂いているクライアントさんたちのブログは、
私自身がとても勉強になります。
クライアントさんから、学ばせて頂くことって沢山あります。

パーソナルコーチングでブログの話題がでます。

最近はホームページのこと。
コーチング勉強会のこと。
コーチ大会のこと。
運動のことです。

今、数名のクライアントさんたちと運動を頑張っています。

コーチング勉強会に参加された方で作っているコミュニティでも
運動について、毎日更新があり活発です。

一人ではなかなか継続できませんが、誰かと一緒にやると
頑張れますよね。

私がブリッジで片足あげられた~と書いたら、早速挑戦されている
クライアントさんも居ます。

またジョギングのことを書いたら
密かにジョギングを始めたクライアントさんも居ます。

お互いに影響し合っているっていいですね。

無料メールセミナーご登録はここをクリック

2009-09-21

コーチ大会2009で

無料メールセミナーご登録はここをクリック


先日、日本コーチ協会事務局から正式に分科会担当の依頼がきました。

当日分科会を1コマ担当します。

内容はこれから練るのですが、教育現場にコーチングをどう活かすか、
というような内容になると思います。

教育関係者のみなさま、教育現場へのコーチング導入に興味のある方、
ぜひ当日熱く語りましょう。

で、この日のために、私担当のスーパーバイザー(SV)の方がついて下さる
そうです。

打ち合わせ、第1次スクリプト提出期限日など、既にスケジュールがしっかりと
組まれておりました。

さすが、コーチ大会です。
年に一度、日本全国からコーチが集まる大きな大会ですからね。

そもそもその大会で、いちコーチの私が分科会を担当させてもらえるなんて
凄いことなんです。
それもあの偉大なコーチが私を推薦して下さったということで、
大変恐縮しています。


課題なのは、この体型。
先日、人前に立つ人は太っていてはいけないと、このブログに書いたばかり。
クライアントさんにもしっかり読まれていました。

「こころさん、口ばっかりで行動が伴ってないよね。」

と言われないように、毎日コアリズムを頑張ります。

昨日慣れないコアリズムをやって、腰を痛めてしまいましたが・・・。

でも本当の課題は、体型よりも分科会の内容です・・・。(苦笑)

コーチ大会に参加される方は、お申し込みが始まっています。
早くお申し込みすると、割引価格で参加できますよ。

お早めにお申し込み下さいね。

コーチ大会はここをクリック

無料メールセミナーご登録はここをクリック

2009-09-20

ホームページ

自力でホームページを作りました。

そのホームページから、10月31日のコーチング勉強会のお申し込みを
本日より受け付けています。

ここをクリック

パソコン教室に通ったことのない私が、一人でドメイン、サーバーを取って
ホームページを作ったなんて信じられません。

自分で言うのもなんですが、パソコンに無知な私がよくここまでできたものです。
自分力って凄いですね。

さて、そのホームページに無料メールセミナーを入れました。
今までまぐまぐを見て下さって居た方は、
こちらに登録された方が断然いいと思います。

なぜなら、私が有料で行っているコーチング勉強会の内容や
パーソナルコーチングでクライアントさんたちと行っているコーチングの
内容が盛り沢山だからです。

これを無料で見られるのは、とてもお得ですよ。

昨日ホームページを別ブログで公開しました。
ご案内をしていないのに、無料メールセミナーに大勢の方が
既にご登録下さっています。

反応があるって嬉しいですね。
真っ先に登録下さった方は、コーチング勉強会のサポーター役を
引き受けて下さる参加者の方と、パーソナルコーチングのクライアントさんでした。

身近な人だっただけに、とっても嬉しかったです。

で、まだお会いしたことのないクライアントさんに
ホームページに私の写真がなくて残念だと言われました。
お見せするほどの顔でもないのですが、みなさんがイメージしている私と
実物が全然違うのが、面白いですよ。

みなさん、どんな私を想像しているのでしょうね。

私を見たい方は(笑)11月21日に東京国際フォーラムで開催される
コーチ大会2009にご参加下さい。
私も参加します。


この話の続きは、また明日。

2009-09-19

フィードバックが受け取れない時

フィードバックが受け取れない時、自分の内側で何が起こっているのでしょうか?



私は自分のクライアントさんにフィードバックをして、
怒られたことがあります。(苦笑)


私も経験があるのですが、つき刺さったり、頭にくるフィードバックというのは
実はとっても当たっています。

当たっているだけに認めたくないのです。


で、そのフィードバックをどう自分で処理していくか、
ここが自己基盤の見せ所というか、自己基盤が強いか、弱いかが
わかります。

自己基盤が弱いと、コーチのせいにします。
コーチのフィードバックはおかしい、言い方が悪い、そこまで言われる筋合いはない、
みたいな感じです。


では自己基盤が強いとどうすると思いますか?


まず、フィードバックの受け取り方が違います。
フィードバックが受け取れないのは、自分自身を否定されたと思うからです。

でもコーチのフィードバックは、けしてその人自身を否定した
ものではありません。

自分が発信したものに対して、戻ってくるものがフィードバックですからね。


ところが大半の人は、自分を否定されたと思うのです。
で、フィードバックを受けて思い切り凹み、コーチのせいにします。


さて、私のクライアントさん。
さすが自己基盤の強い方です。

後日、私にフィードバックされたことが腑に落ちたそうです。
今まで自分で認めたくなくて蓋をして気付かないふりをしていたところを
私にフィードバックされたことが、物凄くショックで
抵抗したくなってしまったそうです。
でもそこにしっかりと目を向けられていきました。


クライアントさんにフィードバックをするのは、実はとても勇気がいります。


けれど私は自分のするフィードバックに責任を持って伝えていますので、
私のフィードバックを受けたクライアントさんが、その後フィードバックを
どう活かしていかれるのか、ずっと見守り続けています。

2009-09-18

コーチングが上手くなるには

今月に入ってから、私はブログの記事を時間のある時にまとめて書いています。

で、今日はどんな記事がアップされているのかは、
自分でブログを見ないとわかりません。(笑)

たまに自分のブログを読むと、今私が考えていたことと、
ブログの記事が合っていて驚くことがあります。


さて、12日に東京にトレーニングに行ってからずっとコーチングについて
書いています。
学んだことをアウトプットして、さらに自分の中に落とし込みたいからです。

よく、コーチングが上手くなりたい、という言葉を聞きます。

実際に私のクライアントさんの中にも、コーチングのレベルをあげたいという
目的で、私にメンターコーチを依頼して下さるコーチたちがいらっしゃいます。

で、私がその方たちとどういうコーチングをしているか、と言ったら
1つの方法としては、私をコーチしてもらいます。
クライアントさんにとって自分のコーチをコーチングするのは、とても嫌だそうです。

私も自分の尊敬しているコーチには、メンターコーチングをお願いしているので
毎回コーチさせて頂いていますが、冷や汗ものです。


私はコーチングが上手くなるには、

1つは、自分のコーチングに対してフィードバックをもらうこと。
2つ目は、沢山コーチングすること。

この2つだと思っています。
で、1番勉強になるのは、自分のコーチをコーチングすることです。

自分が選んだコーチですから、確実にコーチングレベルがあがるための
フィードバックがもらえます。


私はCTPに参加中、全てのクラスで、コーチ役、クライアント役をやりました。
集合研修で大勢の前でデモコーチングをする時も、必ず私は皆さんの前で
コーチをやりました。


もし今、私にコーチ力がついたのだとしたら、
それは沢山コーチングをやったこと、人前で何度も失敗し、思い切り凹み、
コーチングをやめようと思ったほどの苦い体験のおかげです。


コーチングが上手いコーチたちは、最初からコーチングが上手かったのでは
ありません。
何度も苦い体験や、失敗を繰り返したからこそ、今があると思っています。


私はメンターコーチとして、クライアントさんのコーチング力をあげることに
コミットしています。

ちなみに私のコーチ初体験の相手は、超ベテランのマスターコーチが
クライアントでした。

初体験の刺激が強烈だったおかげで、恐いものなしになったのかもしれません。(笑)

2009-09-17

コーチングの上手いコーチにつく

私が現在ついているメンターコーチは、本当に素晴らしいコーチングをされます。


私をのせたり、おだてたり、ということはありません。
回りくどい言い方、無駄な言葉がなく、私のゴールに集中してコーチングを
していきます。

コーチから受ける影響は大きいです。
だからこそ、コーチングの上手いコーチにつくことは大切です。


コーチングトレーニングに参加すると、毎回いろんな人に

「こころさんのコーチって誰ですか?」

と聞かれます。

「で、コーチングおいくらですか?」

と聞かれて、答えると

「そんなに高いんですか。つきたいと思ったけれど高くて無理です。」

と言われます。
確かに私のメンターコーチのコーチング料金は高いです。


その時ご一緒した方も、つきたいコーチが居るそうですが、
1ヶ月2回のコーチングで10万だそうで、とてもつけないと仰っていました。


私がコーチング料金が高くてもそのコーチにつくのは、私のコーチ力をあげるため。
そして私のコーチングがうまくなると、クライアントさんたちにもっと
よりよいコーチングが提供できます。

そのほうが私にはずっと価値があります。
私を信頼して下さっているクライアントさんたちや、コーチング勉強会の
参加者のみなさんのお役にたてるなら、
私が向上していくことにお金は活かしたいと思います。

2009-09-16

堂々巡り

コーチングエクササイズで私がクライアント役をやった時のこと。

コーチングのテーマは、

ホームページのトップに載せるレーザートークをもっと洗練したい!

です。

コーチから質問がきました。

「どんなホームページにしたいか、イメージができていますか?」

えっ?その瞬間、私の中で違和感がありました。

ところが、次々に来るコーチの質問が
あまりにも私の考えを同じ場所にぐるぐる戻すので、そのうちに
私は答えられなくなってしまいました。


レーザートークについて、私がどう捉えているのか、
レーザートークってどんな意味で話しているのか、


言葉を流さないで確認していくことが大事であることを、
クライアントとして体験しました。

特に言語感覚の方は、言葉を大切にされていますので、
言葉の共有は大切だなと思いました。

2009-09-15

言葉の意味を確認すること

『豊かに生きること』

あなたにとって豊かに生きることってどういうことですか?

あなたが思っている豊かに生きることと、私が思っている豊かに生きることは
違います。

もし、私のクライアントさんがこのような言葉を話したら
私はすぐに

「あなたにとって豊かに生きるってどういう意味で使っていますか?」

と聞きます。


パーソナルコーチングでクライアントさんが使う言葉について、
私はそれをどういう意味で使っているのか、確認することがよくあります。

それはクライアントさんがイメージしている言語を学習するためです。


12日のトレーニングでは、クライアントさんが使う言葉について、
コーチが探求しながら聞いていく、というエクササイズを行いました。

私はいつもやっているコーチングなので、重要性がよくわかっています。

コーチがわかったつもりになっていたり、曖昧なままコーチングしていると
コーチングとして全然機能しないことが、とてもよくわかりました。

それは、私がクライアント役をやった時のことです。

つづく・・・

2009-09-14

ニュートラルに関わること




12日のコーチングトレーニングでは、クライアントにニュートラルに関わることが
いかに大切か、と言うトレーニングを沢山しました。

私のメンターコーチがこのプログラムの司会進行だったのですが、
普段の私とのコーチングでも、このテーマで会話しているので、
私にはす~っと自分の中に入ってきて、学びが深まりました。


今日は自分のいつもやっているコーチングスタイルを一切使わず、
ニュートラルに関わることを意識してコーチングをしていきました。

で、私のコーチングを受けたクライアントの方に何が起こったかというと

「いつもの私だったらこんなこと、言わないんですよ。
でも何でも話していい雰囲気を感じられて、話すつもりはなかったのに、
ついつい話してしまいました。
話してみたら私の中で大きな気づきがあって、自分の不安だったものが
とても軽くなりました。」

ということでした。

私は何を意識していたかというと、
私がいつもクライアントさんたちにやっている

「へ~」とか「そうなんですね。」「凄いですね。」

みたいな抑揚たっぷりの相槌や頷きをやめて、とにかくニュートラルに
自分の感情を抑えて冷静に聞いて、質問して、フィードバックする
ということをしていました。

このコーチングを2人の方にさせて頂いたのですが、
どちらの方にも、とても効果がでました。

コーチは、クライアントの話に大げさに反応しすぎているんだと
思いました。
そして無意識にクライアントの言葉を評価しています。

ニュートラルに関わるコーチングをしてみると、自分のコーチングの癖が
よくわかります。

ニュートラルに関わるって大切です。

2009-09-13

人前に立つこと




12日に東京にトレーニングに行ってきました。
目的は今1番尊敬している私のメンターコーチに会うためです。

私より5歳年上なのですが、とっても美しい方です。
自分のコーチが美しいのって、私にとっても嬉しいことです。
見ているだけで、うっとりしちゃいました。

実年齢には見えない若さと、身体のラインがとてもきれい。

羨ましいな~と思いながら、東京駅でかみなりおこしを
2袋買い、夜9時過ぎに焼きそばを食べている私は、
言っていることと、やってることが違うじゃん。
だから痩せないんだよ、と開き直っています。(笑)

でも11月に大勢の人の前で講演をするので
そこまでには何とかします。(苦笑)


人前に立つ人は、太っていてはいけないと言いますが、
その通りだな、と私のコーチを見て痛感しました。

そして夜中の12時に、せっせと腹筋をしている私です。

2009-09-10

人を観察するのが好きなんです


ぶどうは大好きです。



私、若い頃から人を観察するのが好きでした。

趣味を聞かれると

「人を観察すること。」

と答えていたくらいです。

良い、悪いではなく、単純にその人に興味関心があります。

相手のことをもっと知りたいと思うのです。

知ってどうするのではなく、とにかく知りたいのです。


パーソナルコーチングをしていると、クライアントさんのことをいろいろ知ることが
できます。けれども知ったつもりになるのが1番恐いです。

クライアントさんへの興味関心がなくなったら、そのクライアントさんとの
コーチングはできません。やめたほうがいいと思います。

そんなことをクライアントさんとのコーチングで再確認しました。

つい最近もかれこれ4年もコーチングさせて頂いているクライアントさんの
新たなことを知って、とっても驚きました。


だからコーチングって楽しいのです。
知らないことが沢山あるって、楽しい~わくわくします。

2009-09-08

いかに我慢できるか

中学生で3000m1500mで2冠を取った選手が

「勝利の鍵は、いかに我慢できるかどうかです。
我慢できずに飛び出すと、ペース配分を間違えて失速するのです。」

と答えていた記事を私はずっと胸にしまっています。

私自身、この世の中で生きていくために大切なのは、
我慢だと思っているのですね。


世の中は思い通りにならないのが当たり前。
それを我慢して、努力し続けることができるかどうかだと思います。

2009-09-06

慣れないことは大変

今、同時進行で新しいことに3つ挑戦しています。

既にブログを読んで下さっている皆さんにシェアしたもののありますが、
最後の追い込みをかけているものもあります。

0から作り上げているのと、慣れないことなので四苦八苦しております。

こういう時に優位感覚って出るな~と思いました。


私は聴覚、触覚なので行動は早いです。
行動の早さは、聴覚から出ています。取り扱い説明書は読みません。
何が何でも自力でやりたいのは、触覚ですね。

ただしわからないとどうするか。
人に聞きます。とにかく聞きまくる。納得するまで聞く。

ここが聴覚が出ているな~と思いました。
本当にいろんな人によく聞いています。

目からの情報より耳からの情報が欲しいのですね。

自分のことながらおもしろい!と思いました。

2009-09-05

認定試験




生涯学習開発財団6月度認定試験の結果が発表されました。

受験されたクライアントさんたち、全員合格でした。

「合格しまた。」

というメールを頂いて、私もとっても嬉しくなりました。


次回の試験にも受験されるクライアントさんがいるので、
モデルとなるコーチングができるように頑張ります。

2009-09-04

お申し込みが・・・




10月31日のコーチングネットワーク静岡主催のコーチング勉強会。

まだ参加申し込みを受け付けていないのに、
お申し込みが来ています。(笑)


今回は定員を20名と少なく設定したために、早めに・・・と思って
下さったのですね。
とても嬉しいです。

子育てコーチングの方も、毎回あっという間に満員御礼で、
キャンセル待ちになってしまいます。


今、集中して取り掛かりたい仕事があるので、
こちらのブログは毎日更新できない日もあります。

2009-09-03

私のある一日




※メルマガを発行しています。
発行から3日目で56名の方が既に登録して下さっています。
メルマガはこちらのブログからどうぞ



いつも私のブログを読んで下さるクライアントさんから、

「こころさんのある一日っていう記事もおもしろそうですよ。」

というご提案を頂き、書いてみたいと思います。


私のある一日。


5:30起床。

歯磨きし、コップ1杯のお水をゆっくり飲みます。
そして外で深呼吸。ゴミだし。
今日の予定を確認。

6:00~パーソナルコーチング。

終了後、朝の体操と朝ビジョン、そして朝食を頂きます。

8:00~パーソナルコーチング開始。
午前中に3人の方とセッションを行いました。

合間にメールのチェック。
部屋の掃除、お風呂掃除、トイレ掃除と掃除をメインに行います。

隙間の時間を活用するのに燃えているかもしれません。

ビジョンを考え、コーチング研修の資料作り、メルマガの原稿を考え、
ホームページの作成などなど。

細かい仕事をしています。

12:30昼食

13:00~午後のパーソナルコーチング開始。
この日の午後は4人です。

コーチングとコーチングの合間に洗濯物を取り込んだり、夕飯のメニューを
考えたり、あちこちを片付け、ブログを書きます。メールもチェック。
お水も意識して飲みます。


18:00夕食 家族はしっかりと食べますが私は軽め。
19:15~ジョギングに行くからです。

今は蒸し暑いので無理せず、1時間くらいのスロージョギングです。

帰宅後シャワーを浴び、今日の日記を書き、大人の計算ドリルを4ページやります。

21:00~夜のパーソナルコーチング2人。

ブログやミクシィ、メールをチェックします。

夜のストレッチ。
ブリッジで片足をあげたり、腹筋、腕立てなどをします。

ゆっくりバスタイム。
顔のマッサージを念入りに・・・(笑)

明日の予定を確認して、

「今日も良かった。おやすみなさい。」

と、つぶやき、25:00就寝。

こんなある一日ですが、だいたいこのペースが基本ですね。

9月からは新しいことを始めたので、ちょっと変わりますけど・・・。

2009-09-02

やることが多すぎる




私のコーチにブログを1つに絞るように言われました。
なぜなら今やろうとしていることが、なかなか捗らないからです。

「こころさん、一日にどのくらいの時間をかけているの?」

ひえ~、そんなこと聞かないで欲しい。

やらなければいけないのはわかっているのですが、新しいことにはなかなか
スピードが出ないのです。

ついつい慣れ親しんだブログに手が出てしまいます。

そのうえ、まぐまぐのメールマガジンもやり始めたなんて言ったら・・・。

「やることが多すぎる!」

と言われました。あはは。
これが失敗の原因だそうです。

しかもその他に9月から新しいことを始めましたしね。

そこで、意識を集中させるためにブログの毎日更新はしばらくやめます。

私が結果を出していくことが、クライアントさんたちのモデルになるからです。

書きたいことは山のようにあるのですが、我慢します。

2009-09-01

これがコーチングと思われたら困る



※メルマガを発行しています。
発行から3日目で44名の方が既に登録して下さっています。
私のクライアントさんでもある コーチが、ご自分のブログで私のメルマガを
紹介して下さったおかげです。ありがとうございます。
メルマガはこちらのブログからどうぞ



昨日東京は凄い雨でした。
仕事を終え、すぐに帰宅しました。
中止しなくて良かったです。
こういう時、行動を起こすか、やめるかで次の行動が確実に変わるな~と
思いました。

帰宅後、仕事が捗る捗る。
行って正解でした。


さて、
29日にはクラスコーチたちとランチをしながら情報交換をしました。
これもトレーニングには欠かせない大切な時間です。

その中でコーチの質についての話になりました。

ある地域で一人のコーチがコーチングの団体を作ったそうです。
ところがそのコーチングがちょっと違う感じ・・・。

一般の方がそのコーチングこそがコーチングだ!と思ったら困ると、
別のコーチたちが危機感を抱いているそうです。


確かにコーチによって扱う内容は全く違います。

では、何を基準にしたらいいか。

それはずばり国際コーチ連盟の倫理規定です。
全世界のコーチが共有しているコーチの倫理規定です。

これをしっかりと守っているコーチこそ、クライアントさんたちを守っている
という証です。

この倫理規定をもとにコーチングしているコーチは信頼できます。


伊藤守さんが、

「まるで自分は何でもわかった気でいるコーチが実は1番危ないんだ。」

と言っていました。
他にもまだまだお話したいことがありますがブログに書くと、
まずいのでやめておきます。

知りたい方は個別にお話します。(笑)