2010-02-07

ビジョンは常に描いている

ビジョン。
正直、苦手な言葉でした。

コーチになったばかりの頃、私にはビジョンなんて必要ないとさえ
思っていました。

でもそれは大間違いであることに気付きました。
ビジョンは誰もが持っています。
ただそれをビジョンと捉えていないだけなのです。

ビジョンは、私のやりたいこと、かなえたい事をイメージして描いたものです。
すぐに浮かぶのではなく、最初はぼんやりと、こんなことやりたいな、
と思います。

それをだんだん具体的にイメージしていきます。

以前ブログに、今年中にクライアントさんの経営する園で
コーチング研修をする!という目標を立てたと書きました。

その目標を立てる前に、私はクライアントさんの園で
コーチング研修している自分を思い描きました。
これがビジョンです。

私の目指していること、やりたいことがビジョン。

片道3時間の範囲だったら日帰りできるな、と思いました。

次の瞬間、私が日帰りで研修できるのはどこまでの範囲だろう・・・
と漠然と思いました。

ここからビジョンを描きます。

静岡から日帰りできるあちこちの会場でコーチング研修をしている
自分をイメージして描きました。
神戸も行けるかも、仙台はどうだろう?と。

描いたら、本当にコーチング研修のご依頼を頂きました。

ビジョンを描くと、手に入るというのは本当です。
なぜかというと、ビジョンを描いた後、私は目標を持って行動を
起こしたからです。

行動したこととご依頼が直接結びついたかどうかはわかりませんが、
動いた直後に実現しました。

私は常にビジョンを描いています。
自分の目指していることが、ぐっと近づいてきます。

-----------------------------------------------------------

自分力アップの仕組み作りメールセミナー(有料)は
こちらをクリック

他人に振り回されない!自分力アップメールセミナー(無料)は
こちらをクリック