2010-02-12

いつも頭の中にあるのはビジョン

ビジョンを描くのが苦手と思い込んでいるクライアントさんのために、
何か参考になればと思って書いています。

私のブログを読んでいるコーチの方にも参考になったら、と思います。

ビジョンは特別なものではありません。
そしてビジョンが最終目標でもありません。
ビジョンは1つしかない、なんてことはありません。
1ヵ月後のビジョン、半年後、1年後のビジョン、2年後、5年後、
10年後、など自分がこんなことやりたいな~と思ったら
それがもうビジョンなのです。

ところが、私たちは方法論にばかり目がいきがちです。
無理かも、やれないかも、どうやってやったらいいの?
先にそこに意識がいくと、ビジョンは描きにくくなります。

私は自分の頭の中でいつも何を考えているのか、じっくりと
観察してみました。

そしたら、やっぱりビジョンを描いているのです。

クライアントさんのブログを読みながら、
クライアントさんがどうなったらいいかな?とビジョンを描く。

クライアントさんがご自分の強みを発揮され活躍している姿。
私のビジョンでもあるのですね。
活躍しているクライアントさんの姿をとても喜んで応援している私。

まず一枚ビジョンが完成です。

次に、私がこれからやりたいなと思っていること。

子育て向けのメールセミナーを配信することで、
ひきこもりがちなお母さんをサポートする体制を作ること。
メールを読んでいるお母さんの表情が浮かんできます。

これもビジョン。

2010年12月31日に、引き締まったカッコいい身体になっている自分。
これは特に強くビジョンとして描いております。(笑)

コーチングセミナーをしている自分の姿はしょっちゅうビジョンとして
描いていますね。
立ち姿、表情。
自分で見ていてカッコイイ私。むふふ。

今ブログを書きながらもちろんビジョンを描いています。

ビジョンを描くと何が違うのか。
モチベーションが全然違いますよ。

特にカッコイイ私のビジョンを描いたら、苦しい筋トレも俄然やる気が
出てきます。

ビジョンを描くと、身体が熱くなります。
燃えてきます。
やりたくなります。
気持ちがついてきます。

いかがですか?
これを読んで、

「土方さんと私のビジョンって違う・・・」

と落ち込まないようにね。
私には全てお見通しなのですから。(笑)



私のおやつ。ドライプルーンです。