2010-02-24

同じテーマで取り組んでいるのに

昨夜のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスも
学びが多かったです。

学習スタイル2週目。
自分の弱い優位感覚をどう引き上げていくか。

コーチはどの優位感覚もバランスよく使えるようになりたいですね。

朝、メールをチェックしていたら、
つい一昨日やると決めたばかりのセミナーへのお申し込みがあって
驚きました。

私のホームページやあちこちのブログをよく見て下さっている事に
ありがたいな~と思いました。

会場、まだ仮予約。(笑)
今日中に契約してこようっと。

さて、
クライアントさんとのパーソナルコーチングで。

テーマは『コーチとしてのビジョン』

大きいテーマですね。
もちろんそこから、具体的にコーチングをしていくわけですが。

コーチングをしていると、クライアントさん自身が新たな視点を
見つけられないときがあります。
(私もあります。)

どんなに答えは本人の中にあると言っても、
全く無いところから引き出すことはできません。

そういう時、私は自分の体験談を話します。

私がどんなビジョンを持っていて、ビジョンが実現した
プロセス、私がやったこと、私の内側の思いをお話しました。

それを聞いたクライアントさんはご自身と私の何が違うのかが
はっきりわかったそうです。

同じテーマで取り組んでいても、結果が全く違います。
途中のプロセスが違うんですね。

こんなイメージです。

クライアントさんと私は『コーチとしてのビジョン』という
目的地に向かって旅行をします。

目的地は同じ。
目的地までの交通手段は別々。

どの道を通るか、どの交通手段を使うかは自由。
とにかく目的地を目指します。

通った道、使った交通手段によって、
目的地まで何日で到着できるのか違ってきます。


コーチとして、より多くの方の力になりたい!というビジョンは
どのコーチも持っていると思います。

そのビジョンが実現できるコーチと、なかなかそこまで辿りつかないコーチとでは
何が違うのか、そこを明確にする必要があります。

コーチによっては、そこを教えない人も居ます。
知的財産ですからね。

-----------------------------------------------------------

※コーチの方にもコーチングの視点を増やすために
必要な情報です。

あなたに必要な3つの方法

1、自分の捉え方、考え方の癖を知る
2、いろいろな考え方ができる視点を増やす
3、人生をより良く生きるための仕組みを作る

全て教えます。

有料メールセミナーは、
ここをクリックして下さい。

ブログでは、けして書けない本音を書いています。

他人に振り回されない!自分力アップメールセミナー(無料)は
こちらをクリック