2010-11-30

いいコーチングを受けていない

おはようございます。土方良子です。

先日コーチングのトレーニングに行って、いろいろなことを学んできましたので、しばらくの間、その学びをこちらに書いていきます。

最近私が漠然と思っていたことが、明確になりました。

それは、コーチたちがいいコーチングを受けていないということです。
つまりコーチ自身が本物のコーチングを受けている経験が少ない。

CTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスなどでコーチングエクササイズを聞いていても、その質問はどう考えてもコーチが知りたくて聞いているよね、という質問を平気でしています。

ところが、クライアント自身もコーチングを受けている経験が少ないため、どんな質問でも機能してしまいます。

それ、コーチがする質問じゃないから・・・って私は思っています。

私がクライアントになるとき、

「それ今質問すること?」

って思うことを何度も聞いてくるコーチが居ます。

「あなたが確認したくて、私に質問していますよね。
でも私にはその質問は何の意味もありません。」

というフィードバックをクライアントさんがしてくれたら、素晴らしいクライアントさんです。

そもそもそういうクライアントさんをコーチしているコーチは、レベルが高いので、そんな質問をしませんね。

私も自分のクライアントさんたちとコーチングエクササイズをしますが、私のクライアントさんたち、レベルが高いですね。

いい質問をしますよ。

コーチ自身が、いいコーチングを受けているかどうかって大事なんですよね。