2010-12-03

自由に話してと言って、自由にさせていない

おはようございます。土方良子です。

先日のコーチングのトレーニングで、素晴らしい気づきを沢山得ました。

3人組でコーチングエクササイズをしたときのこと。

あるコーチが私をコーチングしてくれました。

「自由に話して下さい。」

と言ってくれるのですが、私は全然自由に話せません。

つぎに私がコーチで、その人は見学している人でした。

私のコーチングが終わったあと、見学をしていた人が

「土方さんのコーチングを聞いていて、私は自由に話して下さいと言っていながら、クライアントを自由にさせていないかったことに気付きました。」

と言っていました。

そして私がコーチングでクライアントにどう関わっていたのかを、話してくれました。

その観察力が素晴らしい!
自分と私を比較して、自分の課題をどんどん明確にしていきました。

クライアントが自由に話せる環境設定をしていながら、自由ではない環境をコーチが作りだしている。

こういうコーチングってよくあるように思います。
私をコーチングしたときに、うまくいかなかったからこそ、気付けたことなんですね。

コーチングに失敗はありません。
全てが学びです。

その人のおかげで私も大切なことを学ばせて頂きました。