2010-12-18

自分の心をごまかしてはいけない

おはようございます。土方良子です。

私には今コーチが二人ついています。

一人はCTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスコーチメンター。
そしてもう一人はコーチとしての私のメンターです。

昨日はクラスコーチメンターと今年最後のコーチングがありました。

今年の振り返りと来年の目標設定です。

「土方さん、今年やり残したことはありますか?」

と聞かれて最初は

「ありません。大満足です。」

って返事をしました。

でも私の心がブレーキをかけました。
ごまかしてはいけないよね。

ちゃんと正直に自分と向き合わなくては・・・。
私はメンターに言いたくなかったことを言いました。

「実は・・・私はクラスコーチとして、クラスコーチのみなさんにあまり貢献してこなかったな~と思っています。」

3年もクラスコーチをやっていて、なんとなくクラスコーチの集団についていけない自分を感じているのです。

だからトレーニングにはしっかり参加しますが、その後の懇親会はずっと欠席しています。
私の中で自分の役割を全うすればいいと割り切っていたのですね。
でもそれでいいのかな~と気になっていたのです。

「実は、来年土方さんにやって欲しいことがあるんですよ。」

とメンターに言われて、やっぱりそうだよね、と思いました。
今まで私の役割ではない、私がやることではない、と思ってごまかしていましたけど、それではいけないんですよね。

来年はクラスコーチのみなさんに貢献していこうと思いました。
自分の心に正直にね。