2010-11-30

いいコーチングを受けていない

おはようございます。土方良子です。

先日コーチングのトレーニングに行って、いろいろなことを学んできましたので、しばらくの間、その学びをこちらに書いていきます。

最近私が漠然と思っていたことが、明確になりました。

それは、コーチたちがいいコーチングを受けていないということです。
つまりコーチ自身が本物のコーチングを受けている経験が少ない。

CTP(コーチトレーニングプログラム)のクラスなどでコーチングエクササイズを聞いていても、その質問はどう考えてもコーチが知りたくて聞いているよね、という質問を平気でしています。

ところが、クライアント自身もコーチングを受けている経験が少ないため、どんな質問でも機能してしまいます。

それ、コーチがする質問じゃないから・・・って私は思っています。

私がクライアントになるとき、

「それ今質問すること?」

って思うことを何度も聞いてくるコーチが居ます。

「あなたが確認したくて、私に質問していますよね。
でも私にはその質問は何の意味もありません。」

というフィードバックをクライアントさんがしてくれたら、素晴らしいクライアントさんです。

そもそもそういうクライアントさんをコーチしているコーチは、レベルが高いので、そんな質問をしませんね。

私も自分のクライアントさんたちとコーチングエクササイズをしますが、私のクライアントさんたち、レベルが高いですね。

いい質問をしますよ。

コーチ自身が、いいコーチングを受けているかどうかって大事なんですよね。

2010-11-29

あなたが上手く行く方法を私は知っています。

おはようございます。土方良子です。

私はあなたが上手くいく方法を知っています。
でもあなたがなかなか行動を起こさないのです。

だから私はあなたが上手くいく方法を知っていて、全力でサポートしたいと思っているのに、あなたが行動を起こしてくれないから、どうにもできないのです。

逆にすぐに行動を起こしている人は、うまくいくための仕組みがどんどんできています。

力になりたいコーチ、起業家は大勢居るのですが、残念なことに私のクライアントさんではないのですね。

私にとって最も大切なのは私のクライアントさんなのです。
私はクライアントさんのために最善を尽くすコーチです。

でもあなたのことも、気になっているんですよ。

2010-11-28

クライアントさんを成功させる!

おはようございます。土方良子です。

私は毎日、クライアントさんを成功させるために私に何がやれるか、ということを考えています。
クライアントさんのビジョンを勝手に妄想して考えるとワクワクします。

さらに、私が今応援したいと思っている人たちのことも勝手に妄想しています。

いろんな人のビジョンを描くと私自身とても楽しいのです。

これを読んで、もしかして私のこと?って思ったあなた!
行動を起こして下さいね。

私はいつでも準備できていますよ。(笑)

2010-11-27

世界に誇るコーチトレーニングプログラム

おはようございます。土方良子です。

今日は一日東京でコーチングのトレーニングに参加してきます。

私が今までコーチングを学んでいたコーチ21(トゥエンティワン)が来年の1月1日からコーチ・エィと合併し、新たにコーチ・エィとしてスタートします。

その説明会と今後のCTP(コーチトレーニングプログラム)運営に向けてのオリエンテーションがありました。

その話を聞いていて私はワクワクしました。
今後CTP(コーチトレーニングプログラム)は世界に向けて発信されるそうです。

まずは中国、アメリカ。
その後もさらに展開していくそうです。

そしてなんとCTP(コーチトレーニングプログラム)は世界で最も広まっているコーチングトレーニングであるのです。

そのトレーニングを担当できるクラスコーチであることは素晴らしいなと思いました。
さらにその上にあるアドバンスクラスを来年担当させて頂ける事は、コーチとしてとてもありがたいことです。

CTP(コーチトレーニングプログラム)を批判するコーチがいることはとても残念ですが、世界でも認められているプログラムであることは間違いありません。
それだけの実績があるからです。

2010-11-26

集客する前にやっておくこと

おはようございます。土方良子です。

コーチの集客について、書いています。

どんな仕事でもそうですが、集客するまでにやっておくことがあると私は思っています。

最初から完璧にはやれないのですから、今自分がおかれている状況で何がやれるのかを考える。
今自分がやれることに最善を尽くせばいいと思います。

ブログを書いているのであれば、まずは毎日更新を目指すとか、コーチ資格を持っていないのであれば資格を取得するとか。

集客以外でやれることがあります。
それが自分の土台になります。

コーチングに自信がないのに、集客を頑張ってやってもクライアントさんは来てくれません。
自信のなさがにじみでてしまいますから。

まず今からやれることをやることです。

2010-11-25

ずっと同じ事を言い続け、行動をしないコーチ

おはようございます。土方良子です。

コーチについてシリーズで書いています。
上手くいかないコーチのみなさんに気付いて欲しいからです。

やりたいことを漠然と持っているコーチは大勢居ます。

将来こんなことをやりたい!

私のところに、コーチとして活動したいけれどどうしたらいいか、と相談にくるコーチたちが居ます。

私が必ず言うのは、

まず、あなたの力になってくれるコーチにつくこと!

あなたがこれからやろうとしていることを全力でサポートしてもらえるコーチにつくことです。

そしてそのコーチ自身がコーチとして活動しているかどうか。

あなたがこれから活動を展開したいのに、自分のコーチのブログが数週間も更新されていなかったら、あなたのスピードも落ちていきます。

もう1つ。
そのコーチがあなたが目指したいコーチのモデルなのか、ということです。

あなたがパーソナルコーチングや子育てコーチングで集客したい場合、集客のためのコーチのついて集客方法は教わっても、いざクライアントさんが来た時に、あなたが目指しているコーチングが機能しないのでは、クライアントさんはすぐにコーチングをやめてしまいます。

もっと素晴らしいコーチは大勢居ますから。

2010-11-24

矛盾しているコーチ

おはようございます。土方良子です。

クライアントさんを集客したいと思っているコーチは大勢居ます。
でもほとんどのコーチがうまくいっていません。

その理由は簡単です。

コーチングをしていないから。
売ることばかりに意識が向いていて、コーチングすることに意識が向いていない。

それともう一つ。
本物のコーチについていないからです。

本物のコーチとは、ICFのコア・コンピタンシー(コーチのありかた)というコーチのバイブルみたいなものを遵守してコーチングしているコーチのことです。

つまり、コーチ自身がきちんとしたコーチングを継続して受けているかどうか。
自分がしっかりとコーチについていないのに、継続してくれるクライアントさんを求めても、それは無理ってものです。

あなたは、コーチングの売り方を学ぶコーチですか?
それとも相手の可能性を引き出すコーチですか?

2010-11-23

人が集まるコーチ

おはようございます。土方良子です。

私のクライアントさんには、コーチや起業家の方々がいらっしゃいます。
どの方もどうやって集客したらいいのか、ということを課題にもっています。

私自身もコーチングを学び始めた頃は、クライアントさんは一人も居ない状態でした。

どのコーチも、コーチングを始めたときは、スタート地点に居ます。

ところが出発点は同じでも、現在居る位置や方向性はどんどん違ってきます。

その違いをマラソンで例えるなら、スタート地点は同じでも、その人の今までの練習時間、体力、気力などで、スピードが違う。スピードが違えばゴールする時間も大幅に違います。

つまり、今まで何をどれだけやってきたのか、だと思います。

人が集まるコーチというのは、人が集まるために何をどれだけやってきたか。

もしあなたがフルマラソンを走りたいと思っているとしたら、いきなり42,195キロを走りますか?
まず何から始めますか?

集客する場合も同じなんですね。
まず何から始めるか。

2010-11-22

偽者が多い

おはようございます。土方良子です。

田渕さんのブログを読んでいたら、

コーチング関連では偽物がほんとうに多いですから。

って書いてありました。

確かに。

田渕さんが思う偽者と私が思う偽者と同じかな?と疑問になりました。

私が今までに出会った偽者コーチ。

いろんなコーチの無料体験コーチングを受けて、フィードバックと言う名の、批判、評価をするコーチ。

私も過去に、あり得ないコーチとコーチングをしたことがあります。
上から目線で言いたい事を言われ、ブログにも書きたい放題書かれました。

自分がコーチとして成功したいのなら、自分が成功するために他のコーチの批判をしないこと。
私自身も気をつけているつもりですが、目にあまるとついつい書きたくなってしまいます。

それだけ、偽者が多いってことですね。

偽者でもクライアントさんがそのコーチを気に入っているのであれば、それはいいと思います。

偽者の定義も案外難しいですね。

2010-11-21

クラスコーチに求められるもの

おはようございます。土方良子です。

来年のクラスコーチトレーニングについて、CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスの運営についてのオリエンテーションクラスを受けます。

あらかじめ送られてきた資料を読むと、年々クラスコーチに求められるスキルがレベルアップしているのを感じます。

当然ですよね。
日本のコーチ業界の主軸であるCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスですから。

また来年私が担当するクラスがメンバーズページに掲載されました。
参加人数と金額が・・・。

ひえ~~~~。

通常クラスの定員より募集人数が少ないのに、金額は高い。
これは何を意味しているか。

プレッシャーを感じている私。

早速、もう一人コーチをつけることにしました。
私のコーチ力をあげるためのメンターコーチです。

今の私のメンターコーチが私を信頼して任せて下さったクラスですからね。

参加下さる皆さんが私のクラスに参加して良かったと思えるクラスにします。

2010-11-20

コーチのテンションが高すぎる

おはようございます。土方良子です。

コーチングを受けるときは、通常よりもクライアントさんのテンションが上がり気味になります。
慣れないので緊張しますし、コーチングを受けることが非日常ですね。

そこにもってきて、コーチのテンションが高いと2人で更にテンションがあがります。
それでなくてもクライアントさんのテンションはもともとあがっているのですがら、コーチングを終えるとエネルギーを沢山消耗して、くたくたになります。

コーチがクライアントさんを褒めたり、のせたり、あげるとますますハイテンションに。

コーチのテンションは大事ですね。
クライアントさんに影響を与えますから。

2010-11-19

料金とコーチの実力

おはようございます。土方良子です。

先日、地元にコーチがどのくらいいるのかと思って検索しました。

驚きました。

私が思っていた以上にコーチが存在していました。
しかも私が学んだコーチ21で認定コーチの資格を持っているコーチたちです。

実際にコーチとしてホームページやブログを使って集客していました。

それを見て、また驚きました。

認定コーチ資格レベルで、コーチング料金がとても高いのです。

この金額設定で、どのくらいのクライアントさんがコーチングを申し込んでくるのだろうか、と思いました。

そしてさらに見ていると、コーチング料金に関しては相談に応じると書いてあります。
値引きあり、ということですね。

だったら最初から値引いた金額を提示したらいいのに、と思いました。

私はコーチング料金に関しては、相談に応じません。
私のコーチ資格ではリーズナブルな値段設定にしているからです。

手の届かないような金額を設定するのではなく、ちょっと頑張れば受けられる金額です。

コーチが持っている資格と金額を見ただけで、その人の欲求とか背景が伝わってくるな~と思いました。

2010-11-18

やりたくないのに・・・

コーチングの電話トレーニングに参加していると、クラスの中でコーチングエクササイズを行う場面が何度もあります。

参加者がなかなか立候補をしない場合、必ず私がコーチに指名されます。
先日もそうでした。

私は正直やりたくありませんでした。
気持ちがのらなかったのです。
そんな時にコーチングしても相手に失礼です。

「断ってもいいでしょうか?」

とクラスコーチに聞くと、

「だめです。やって下さい。」

とのこと。
強制か~。は~。

やりたくないけど、頑張ってやりましたが、やっぱり気分がのってこない。

気付いたことは、やりたいくないときにコーチをやってはいけない、ということ。

私だってやりたくないときがあるんです。

それにしても、誰もやってくれなくて困った時に私を指名するのは、勘弁して欲しいな~。
いつも私ばっかりじゃん・・・。

信頼されているってことかな。

2010-11-17

自分で可能性を開く

おはようございます。土方良子です。

11月から物凄い過密スケジュールをこなしています。
その自分を振り返ると、少しずつ少しずつ自分の可能性を開くために、今まではやれなかったことにあえてチャレンジしてきたな~と思います。

例えば、1日に3本の研修を入れたり、遠方での講演会、1週間に6本のセミナー、講演会など、昨年はやらなかったことを今年はあえてやってみました。

大変でしたが、やったことで私の中で「やれるんだ!」という自信につながりました。

最も大変だったのは、伯父のお葬式の時。
その週も目一杯セミナーが入っていて、伯父のお葬式の日だけが午後フリー時間でした。
早朝からパーソナルコーチングをし、すぐに車で移動。往復3時間の運転です。
そして夜CTP(コーチトレーニングプログラム)クラス、翌日1日セミナー。

このときは、本当にしんどかったけれど、今思うとこんな大変なこともやれる力を私は持っていたということに気付いたのですね。

自分の可能性を開くためには、意図的にちょっと頑張ってみたり、今までだったらやらなかったことをあえてやってみるって大事だなと思いました。

何もしないのは、退化します。
同じ事をやるのは、現状維持。
ちょっと頑張った時に、自分の可能性が開くと思いました。

2010-11-16

今年もやりきった~~~!!!

こんばんは。土方良子です。

先ほどCTP(コーチトレーニングプログラム)11月クラスを終了しました。

クラスを終えて、ガッツポーズ!

夫に

「何ガッツポーズしてるの?」

と聞かれ、今夜のクラスが2010年最後のCTPだったのです。
1年頑張った自分にガッツポーズなのでした。

去年も11月で終了するはずが、メンターコーチに

「土方さん、12月にスクールオブリーダーシップ(CTPのアドバンスクラス)を担当してもらえないですか?」

と言われ、引き受けたのです。

だから今年こそは12月はお休みするぞ!って決めていたのです。

お疲れ様>私
よく頑張った>私

クラスを始める前、2010年をしっかり完了できるように全力でやるぞ~って気合を入れてクラスに入りました。

とても学びの多いクラスになりました。
みなさん、ありがとうございました。

来年は2月スタート。
アドバンスクラスの新たに開設されたクラスです。
しっかりと充電します。

1年で準備できない

おはようございます。土方良子です。

ICFマスターを来年受けようと思い、自分のコーチング時間数、トレーニング時間数を計算しました。
足りない・・・。

がちょ~~~ん。
継続クライアントさんに2500時間以上のコーチング実績って、相当やらないとダメですね。
あとちょっと足りない。
しかもトレーニング数も足りない。

来年の4月に受ければいいか~と思っていましたが、受けるための準備に1年以上かかりますね。

考えが甘かった。
コツコツ頑張ります。

2010-11-15

コーチ資格って重要ですか?

おはようございます。土方良子です。

もし、あなたがコーチにつく場合、コーチの持っている資格にこだわりますか?

もし、私が無資格のコーチだったら、コーチのみなさんは私にコーチングを依頼しますか?

私がコーチングのトレーニングを受けずに、自分で学んでいるコーチだったら、私を信頼しますか?

コーチ資格は要らないと思っているコーチと
コーチ資格は持っていたほうがいいと思っているコーチが居ます。

どちらも正論を持っています。
実は私はコーチの正論はどうでもいいと思っています。

大事なのは、コーチが将来コーチングをどう活かしていきたいか、です。

資格を取る、とらない、は目先のこと。
自分が将来やりたいビジョンに向かった時、資格があったほうが可能性が開くのか、ないほうが開くのかだと思います。

世の中の大勢入るコーチの中から自分のコーチを一人選ぶクライアントさんにとって、コーチ資格があった方がいいのか、ないほうがいいのか。

目先のことばかりを考えると、判断を誤るかもしれません。

2010-11-14

コーチングの良さがわからない

おはようございます。土方良子です。

先日、パーソナルコーチングでクライアントさんからとても学ばせて頂きました。

彼女はコーチで、コーチになって5、6年経ちます。
その彼女が

「今までコーチを5、6年やってきて、自分にコーチを何人もつけてきたけれど、言葉遊びをしているみたいなんですね。

コーチングを受けているときは、頭では理解できるんだけど、それで終わってしまう。

だからコーチングを受けていてもコーチングの良さが実感できないから、コーチングの良さを伝えられないし、自分がコーチであることも言いたくなかったんです。

でも今回土方コーチのコーチングを受けて、
あ~これがコーチをつけるってことなんだった、腑に落ちたんです。

今までだったら、とっくにあきらめてやめてしまっていたこが、コーチをつけていることで、自分の中で答えをみつけて、いつもの行動のパターンを変えられました。

こんな自分も居ていいんだってことがとても腑に落ちたんですね。感覚はとてもつかめたんですが、まだそれを言葉では言い表せないので、言葉で落としこめるようにしていきたい。」

と話されました。

彼女の言葉を聞いて私自身、いろいろ考えました。

コーチ自身が、コーチングの良さとかコーチングがどれほど機能するのか、という体験を沢山持っていることがとても重要なんだということです。

そしてコーチングの良さをわかっていて、それを伝えられるコーチにつくことが、大切だと思います。

ここ最近、コーチングの良さがわからないというコーチの方たちが私にコーチングを依頼してきます。

コーチングの良さがわからないコーチ、
コーチングの成果を持っていないコーチについても表面的なコーチングで終わってしまうように思いました。

自分につけるコーチの影響って大きいんですよね。
特にクライアントさんがコーチである場合は。

もう1つ気付いたこと。

私は素晴らしいクライアントさんとの出会いを沢山持っているコーチですね。
これも重要です。

2010-11-13

金額の安いクライアントは

先日、あるプロコーチの方と話す機会がありました。

その中でコーチング料金についての話題になりました。

そのコーチが

「以前からコーチングしているクライアントさんて、コーチング料金が初期設定の金額になっているじゃないですか。
そういう人たちはどんどん卒業してもらうんですよ。
そして現在のコーチング料金の価格で受ける新規のクライアントさんを獲得していくんですよ。」

と言っていました。

えっ?今までついていたのに、金額が安いからって切っちゃうってこと?

「値上げしないんですか?」

と聞くと

「えっ?値上げってできますか?」

と逆に聞かれてしまいました。

だってクライアントさんといい関係が築けていれば、きちんとこちらの思いを伝えれば理解してもらえるのに・・・。

「私はそうしていますよ。」

「信じられない。クライアントさん、承知しますか?契約違反だと文句言われませんか?」

そんなこと言うクライアントさん、私には居ませんよ。
私の方がびっくりです。

他のコーチと話すのも勉強になりますね。
私はクライアントさんといい関係を築けているんだな~と改めて認識したひとコマでした。

2010-11-12

ますます難しくなるコーチ資格

メンターコーチと来年一緒にICFマスター資格を目指そうと約束しました。

すぐに受験資格を確認。

え~~~~???

2008年から受験資格が変更になっていました。
今まではクライアントさんとのコーチング時間数が2500時間のみで良かったのに、それにプラスしてトレーニングの履修時間が条件にプラスされていました。

今から1年間で、そんな膨大なトレーニング数を履修できません。

こんな条件で、マスターコーチを受けるコーチはますます少なくなってしまうんじゃないか。

時間もかかりますが、お金も相当かかります。
マスターコーチの資格をとったところで、仕事が増えるわけでもありませんからね。

なんか、考えちゃうな。

メンターと約束しちゃったし・・・。

でもメンターコーチもプロフェッショナルでもいいか~って思っていたそうです。(笑)

2010-11-11

泊りがけで講演会

予約投稿です。

無事アップされているといいな~。

本日私は福井の講演会2日目です。
コーチになって、初めて泊りがけで講演会、研修です。

これから午前の講演会を行い、午後はぶら~っと京都に行く予定です。
息子に生八橋を買って来てと言われています。(笑)

そして静岡に戻り、夜はお二人の方とパーソナルコーチングがあります。

明日、1日オフで13日は自分力アップセミナーです。

2010-11-10

モデルのコーチングができるコーチ

先日、私のメンターコーチとのコーチングで、
来年私が担当するアドバンスクラスについて、話していました。

まずこのクラスの位置づけと、目的を明確にしておくことが大事だからです。

ずっと以前からCTP(コーチトレーニングプログラム)に入っている参加者の方のなかには、資格は認定コーチのままだけれど、コーチングの実践を積んでいるという方たちが居ます。

そういう方たちがアドバンスに入ってきたときに、クラスコーチのコーチ力がとても問われてきます。

アドバンスクラスを担当するクラスコーチは、スタッフの方で選んだのです。

モデルとなるコーチングができるコーチ
フィードバックがしっかりできるコーチ

コーチ資格プラス実力

それで私が担当することになったそうです。

この話を聞いて、身が引き締まりましたね。
メンターコーチやスタッフにそう思われていたことはとても光栄です。
私のコーチ力とフィードバック力か~。

スキルアップに終わりはありませんね。
日々精進です。

2010-11-09

こんなことしている場合じゃないけど

先ほどCTP(コーチトレーニングプログラム)が終了しました。

今月のクラスはいいですね。
クラスリーディングしていて、無理がないです。
そのまんまの私で居られる。

本当はブログ書いている場合じゃない。

さっきまで、今日届いたメールに全て返信。

明日は5:30起床だっていうのに、これから資料をプリントアウトして
荷造りして、お風呂にも入って・・・

今夜は何時に寝られるかな。

やってはいけないこと

今月から私は、ICF国際コーチ連盟の倫理規定についての勉強をしています。

コーチでこれをしらない人がいたら、もぐりです。(笑)

一つ一つの項目を読んでいくと、改めてコーチとはどういう人なのかを振り返ることができます。

でも・・・正直に言って、倫理規定に違反しているコーチたち、居ますよね。

某施設でも思うんですが、ルールは守るためにあるんですね。
それをちょっとぐらいとか、今だけだからとか、私だけだし・・・なんてルール違反をするから、問題になるんです。

ルールは守らないとね。

コーチのみなさんは、定期的に読んだほうがいいですよ。

2010-11-08

チャレンジ!

先日コーチ21の担当の方から連絡を頂きました。

来年私が担当するアドバンスクラスは、新たに出来たクラス
なのだそうです。

内容もマニュアルも全て新しいものです。
そんなクラスを担当させて頂けるのはとても光栄なことです。

コーチ21の担当の方は、私の強みが活かせるクラスを
私に担当させて下さるので、本当にありがたいですね。

このブログを読んで下さっているコーチのみなさん。
もしよろしかったら来年の2月クラスでお会いしましょう。

2010-11-07

スキルアップする仕組み③

スキルアップする仕組み③

おはようございます。土方良子です。

今日は、メンターコーチについて書きます。

コーチ21のCTP(コーチトレーニングプログラム)を担当しているクラスコーチはコーチのコーチができます。
つまりコーチの師匠、メンターです。

一般のコーチは、コーチをコーチングすることはできません。
つまりクラスコーチはそれだけのキャリアを積んでいるという証明なんですね。

かと言って、クラスコーチが全員マスター資格を持っているわけではなく、クラスコーチでも認定コーチ資格というコーチも居ます。

ですから例えコーチをコーチングできると言っても、クライアントさんがプロフェッショナル資格を持っている場合、クラスコーチであっても、認定資格しかない場合はコーチングできません。

そうすると、自分につけるメンターコーチはクラスコーチであり、ある程度の資格を持っているコーチがいい、ということになります。

ですから自分のメンターコーチの資格が上であればあるほど、自分自身がスキルアップできるのです。

で、そのメンターがどのくらい学んでいる人なのか、誰をコーチにつけているのかがまた大事です。

なぜなら、メンターコーチは自分の師匠なわけで自分に最も影響を与える人だからです。

自分に最も影響を与える人が、視野の狭いコーチですと、自己流を教わることになり、私自身の可能性が開いていきません。

ですからメンターコーチが日頃、どういう学びを続けていて、誰とつながっているのかは大事です。

私は現在自分のコーチは、私が所属しているコーチ21の中の要になるコーチをつけています。

コーチ21はコーチ集団が集まっている会社ですから、コーチングの情報が最も多く、最も早く、最も正確です。

これは私にとってはとても重要なんですね。

誰を自分のメンターにするのか、です。

2010-11-06

スキルアップする仕組み②

スキルアップする仕組み②

おはようございます。土方良子です。

今日はクラスコーチについて書きます。

コーチ21のクラスコーチは、日本のコーチング業界の要にいるコーチだと私は思っています。

コーチングを日本に普及していくための大事な役割を担っているのです。
そのために、クラスコーチ同士がつながっている必要があります。
それはどのクラスも同じような質を維持するためです。

毎月クラスコーチトレーニングに参加し、クラスで何が起こっているのか
お互いに共有し、困っている場合は、良いアイディアを出し合ってクラスコーチ同士お互いが成長できるような仕組みがあります。

クラスでは何が行われているのかは、クラスコーチと参加者しかしりません。
クラスで何が起こっていて、どのようなことを学んでいるのか、外部にはわからないのです。

そこで参加者が1ヶ月のクラスを終了した時にクラスコーチに対して、このクラスはどうだったのか、フィードバックシートを書きます。

一般でいう、アンケート用紙のようなものです。

フィードバックシートは10項目あって、クラスコーチのクラス運営が適切であったかどうかを問われています。

そして7段階の点数をつけられます。
4点が基準なっています。普通よりもいいと思えば点数はあがり、普通よりだめだと思えば点数が下がります。

クラスの雰囲気が悪かったりすると、それは全てクラスコーチのクラスの進め方に問題があると評価されます。

そしてクラスコーチの試練だなと思うのは、4点が基準のフィードバックシートで、毎回6点以上の平均点を取る!という契約を結んでいることです。

6点以上ですよ。
100点満点のテストで毎回85点以上取るということです。(涙)

それを毎月評価されているのです。
そういう厳しい環境の中に居れば、スキルアップしていかないともろに点数に出ます。

ですから、点数の高いクラスコーチのクラスにオブザーバー(見学)に入って、そこからも学んでいきます。

また、私はクラスコーチのメンターコーチもさせて頂いているので、自分のクラスとは別にクラスコーチのクライアントさんたちのクラスがより良くなるためのコーチングをしています。

これも私自身をとてもスキルアップさせる仕組みです。
コーチのメンターコーチをするのは、とても勉強になります。

クラスコーチって、日々学び、スキルアップなんですよ。

次回へ続きます。

2010-11-05

スキルアップする仕組み①

スキルアップする仕組み①

おはようございます。土方良子です。

以前、スポーツクラブのインストラクターとお話をしたときに、
インストラクターはどうやってスキルアップをしていくのか、
ということを聞いてみました。

インストラクターにはスキルアップ制度がないそうで、
自分自身で学ぶか、もしくはスポーツクラブの研修に
参加するか、だそうです。

またインストラクター同士の横のつながりもそれほどなく、
お互いを研鑽しあうような場もないそうです。

そのお話を聞いていて、コーチ21ってスキルアップのための
仕組みがしっかりとできているんだ・・・と思いました。

私が所属しているコーチ21では、コーチ資格が3つあります。

認定コーチ
認定プロフェッショナルコーチ
認定マスターコーチ

です。

スポーツクラブのインストラクターって認定コーチレベルに
なるんだろうな・・・と想像します。

この3つのレベル、かなり違います。
よく資格は関係ないというコーチが居ますが、私は資格は大いに
関係あると思います。
資格は関係ないというコーチほど、資格のレベルが低いか資格を
持っていないコーチです。

素晴らしい資格を持っているコーチが資格は関係ない・・・なんて
言いませんから。

そしてコーチ資格は一度取ったら終わりではなく、更新制度があります。
もちろん自分にメンターコーチもつけているのです。

これだけでもスキルアップの仕組みが整っています。

更にスキルアップするには、自分の資格のレベルをあげていくことです。

認定コーチとプロフェッショナル認定の差もかなりの壁がありますが、
プロフェッショナルとマスターは壁どころじゃなく、なかなか取れない
資格です。

それは、認定マスターコーチ資格は、この資格を取得するまえに

コーチ21のクラスコーチにならなくてはなりません。

このクラスコーチ試験というのがなかなか合格できない難関です。
難関を突破し、クラスコーチになってから、
実際のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスを50時間以上
担当してようやくマスターの試験を受けられます。

当然マスター試験は難しいです。
ここまでくるまでにも相当の研修を受けているわけです。

自分のコーチ資格のレベルをあげればあげるほど、
実績を問われますし、どのくらい学び続けているか、
更新の単位数も認定コーチと比べ物にならない時間数です。

ですから、コーチは資格ではなく経験が大事というのが私は
変だと思うのです。

資格=経験

ですから。

このテーマは次回にも続きます。

2010-11-04

今年最後の繁忙期

今年最後の繁忙期

おはようございます。土方良子です。

今年最後の繁忙期に入っています。

11月だからって落ち込んでいる場合ではありません。(笑)

今週もセミナー続き。

来週は1週間まるまるセミナー、研修、講演会です。
コーチになって初めて泊まりででかけての研修です。

主催者の方が、とてもいいホテルを予約して下さったので
ありがたいです。

体調を万全にしておくことが一番ですね。

家族の協力がなければできないことです。

2010-11-03

よくぞ挽回したな~

よくぞ挽回したな~

おはようございます。土方良子です。

先月のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスの
参加者から頂くフィードバックシート(評価表)は、
他の参加者のみなさんのフィードバックシートによって
かなり挽回しました。

同じコーチという立場だったらよほどのことがない限り
(クラスをすっぽかすとかね。)
常識ある評価になるのです。

そのおかげで、よくぞここまで挽回したな・・・と。
それが普通なんですけどね。

普通じゃないことが起こるのも勉強です。(苦笑)

2010-11-02

プロですから・・・私。

CTP(コーチトレーニングプログラム)クラス、さきほど終了。

ようやく鼻声が抜けました。
クラス前までに何とか鼻声だけは治すぞ!と気合をいれましたから。

でも鼻水、ずるずる。

ヘッドセットをつけているので、鼻がかめません。
鼻をずるずるすると、マイクが拾うのでそれもできません。

途中、マイクをずらして、鼻水をティシュで何度も押さえ、
クラス終了後、コーチングデスクにティッシュの山。

でもクラス参加者には私が鼻水ずるずるだろうと関係ありません。

いつも万全に臨むのがプロです。

びっくりさせないで下さい・・・。

びっくりさせないで下さい・・・。

おはようございます。土方良子です。

先週はCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスは
日程調整のためお休みでした。

丁度鼻声だったので、クラスなくて良かった・・・と思いながら
その時間帯に私はセミナーの資料を作っていました。

合間にメールをチェックすると、
今月オブザーバーに入っているクラスコーチからメールが・・・

何度電話をかけてもクラスに誰もいない・・・と。

何度もかけて出ないなら、あれ?って思わないのかな。

しかも前回のクラスで

「来週はお休みです。
次回は再来週、11月ですからお間違えのないように。」

って言ったんですけど。
聞いてなかったのかな。

慌てて、クラスの日程を確認しちゃいましたよ。

お互いクラスコーチなんだから、びっくりさせないで欲しいと
思っちゃいました。(苦笑)

オブザーバーに振り回されるなんて・・・。

2010-11-01

どう捉えるか

どう捉えるか

おはようございます。土方良子です。

今日から11月ですね。

来年のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスの
1月~3月までの担当クラスが決まりました。

それを見てびっくり!

私って、CTPの担当が1クラスもない!
しかもクラス数が大幅に減っている。

もしかしたらこれから毎月担当するってこと自体が
無くなるのかも?

私は一体どのクラスを担当するの?と思ったら
アドバンスクラスということになっていました。

これをどう捉えるのか。

CTPクラスやれないよ~なのか、
アドバンスでバリバリ行くわよ~なのか。(笑)

来年から何かが変わるのかな?

よくわからないけれど、アドバンスクラスは
CTP卒業生でも参加できるようでしたら、
資格更新単位のために、私のクラスに入ってね。♪

楽しくてとっても学べるクラスにしますよ。