2011-03-03

そんな質問をしなくても・・・

おはようございます。土方良子です。

私自身も昔はそうだったのですが、コーチングをしていると最後に必ず聞く質問がありました。

「明日から何をしますか?」

「何からはじめますか?」

この質問はコーチがクライアントさんに行動変容をさせなくては・・・という思いから出ているように思います。

本当の意味でクライアントさんのための質問ではないんじゃないかと最近思うんですね。

なぜかと言うと、私はこのような質問はクライアントさんにしませんが、クライアントさんたちは、自発的に行動を起こしているからです。

例えば、19日のコーチング勉強会の後、コーチたちが口々に言っていたのは、

「勉強してみたくなった。」

「これじゃあだめだと思った。」

「もう一度マニュアルを読もうと思った。」

です。

その他にもアドバンスクラスに参加して、あまりのレベルの高さにまずいと思って、マニュアルを読み返したとか、私にコーチングのトレーニングをして欲しいと言って来たり、行動変容が起きています。

コーチが気付かせようとか行動を引き出そうとしなくても、クライアントさんは自発的に動く。
これぞコーチングだと私は思っています。

私から影響を受けてやる気になる!

「何をやりますか?」

なんて聞かなくてもやるんですよ。