2011-03-05

素晴らしいコーチは基本に忠実

おはようございます。土方良子です。

私のクライアントさんには、CTP(コーチトレーニングプログラム)で現在も学んでいるコーチの方たちがいらっしゃいます。

クラスで出された課題やクラスで理解できなかったことをパーソナルコーチングで質問されることがあります。

私はクライアントさんからどんな質問をされても、相手に合わせて説明できるように日々学習しています。
私は自分の中で落とし込んでいないと説明できないので、自分が納得いくまでトレーニングに参加したり、実践を積み重ねていきます。

自分がそれほど体験していないで、ちょっとマニュアルを読んだ程度で参加者に伝えるのは、クラスコーチとしてどうなのか、と私は思うからです。


私がコーチとして自信を持っているのは、今私にやれる最善のコーチングを提供することです。

コーチングフローにしてもエヴァリュエーションにしても、もちろんコーチングスキルにしても私は基本に忠実にコーチングさせて頂いています。

自己流にするのは簡単です。
基本を守る方が難しいです。
けれど基本がしっかりできているからこそ、コーチングを展開していけます。

スポーツの世界でもどれだけ基本が出来ているか、です。
ダンスの世界もそうですね。
アメリカンダンスアイドルやローザンヌバレエコンクールを見ていても、いかに基本に忠実かどうか、審査員はひと目見てわかります。

上手くいかないときはまず基本に戻ること。

私のクライアントさんたちには、クラスでも自信を持って参加して欲しいと思っています。