2011-04-13

コーチングの練習を沢山する

おはようございます。土方良子です。

コーチングが上手くなるには、コーチングに慣れることです。
クライアントさんがどんなテーマを出してもコーチが焦らなくなります。

先日もクライアントさんのテーマがはっきりせず、

「で、私はどうしたらいいですか?」

ってクライアントさんにお聞きしました。
コーチングってこれでいいのです。

でもコーチがこんなこと、なかなか言えませんよね。
そうすると、コーチがいろいろと質問を考えるわけです。

コーチ=質問する人
クライアント=答える人

という構造ができてしまいます。

コーチとして、これからクライアントさんを増やしたい方は、とにかくコーチングに慣れること、沢山コーチングをすることです。

私のコーチのクライアントさんたちをつなげて、コーチングの練習ができる仕組みを作りたいと思い早速動き出しています。
コミュニティを作ってコーチングの練習をしたり、コーチングについて話せる場が合ったらいいのかなとふと考えました。

私のクライアントさんたちのコーチングレベルを引き上げることがメンターとしての責任です。

練習相手は誰でもいいわけではありません。
私も過去に200人コーチングというのをしましたが結構エネルギーを消耗しました。

練習であっても人は選んだ方がいいと私は思います。
コーチングの練習をしたい方は、5月7日のコーチング勉強会にお越し下さいね。
ホームページからお申し込みできます。

本日はアドバンスクラス。
こちらもばっちりコーチングレベルをあげていきましょうね。