2011-04-21

コーチとしてのファウンデーション

おはようございます。土方良子です。

コーチとしてのファウンデーションのクラスには実は思い入れがあります。

私がCTP(コーチトレーニングプログラム)を学んでいたときのクラス名はプロフェッショナルコーチファウンデーションと言って、まさにプロコーチのためのクラスなのです。

私がクラスコーチを目指すときに選んだ試験クラスでした。
そして見事不合格になりました。

当時の私のメンターコーチの反対を押し切って、私は自分がやりたいクラスで試験を受けたのです。

「内容のレベルが高すぎる」

と言われました。

今回、このクラスを担当するに当たって、自分の思いを今のメンターコーチに伝えました。

するとメンターは

「こんなクラスって今までにないと思います。土方さんだからやれる内容ですね。すごく期待していますよ。」

と言いました。

私が成長したんですよね。

このクラスはコーチに焦点を当てていくクラス。
まさに自分に焦点が当たります。

でもコーチって何をする人ですか?
ここをしっかりと軸にしていくと、このクラスは物凄く奥が深く、幅の広いクラスになります。

私が参加者のみなさんにどれだけコーチとして関われるかが鍵ですね。

そのために私は今、自分がアドバンスクラスを受けています。
コーチのバイブルとも言われるICFのコアコンピタンシー(国際コーチ連盟のコーチのありかた)のクラスです。

私がマスターコーチになったら、今と何がどう違うのか。
ここを考えていく事がファウンデーションにつながっています。

参加される方、よろしくお願い致します。