2011-04-23

自分の課題がわからないことが課題

おはようございます。土方良子です。

私は毎日クライアントさんたちとパーソナルコーチングをしていますが、週に1回CTP(コーチトレーニングプログラム)のアドバンスクラスを担当し、それ以外にクラスコーチトレーニングに参加したり、クラスをオブザーバー(見学)したり、自分のコーチ資格更新単位を取る為にアドバンスクラスに参加しています。

つまり、コーチングを全くしない日って週に1日あるか、ないかという感じ。
筋トレしたって2、3日は筋肉を休ませるのにね。

クラスコーチトレーニングに参加すると、必ず聞かれるのがクラスで得たいこと、自分の今の課題について。

これが私の中で困ることがあります。
それは自分の課題がわからないことが課題なのです。

先日もトレーニングに参加していて、参加者がやる気になるクラスとは・・・というディスカッションをしていました。

それをもとにアセスメント(現状を把握するチェックリストみたいなもの)を作ったのですが、全部やれているよ~と思っていたのです。

全部やれていて、それ以上に参加者に行動を起こさせるには私はあと何をしたらいいの?
ムチでお尻をたたくのかな。(笑)

課題が明確になっていると具体的な行動がわかるのですが、課題がわからないとどうにもできない。

そういうとき、私はメンターコーチの力を借ります。
今の私の課題は何か、コーチングで扱って頂くと明確になります。

私の課題は、まだまだ他人のせいにする癖があること。

テニスで上手く打てないと、コーチがボレーで前にいて私にプレッシャーをかけるからだ!とコーチのせいにしています。

それでは上手くなりませんね。
他人のせいにしている間は成長がないってことです。