2011-05-06

選ばれるコーチになる

おはようございます。土方良子です。

明日は午前中コーチングの勉強会です。
今回の内容を考えるにあたって、またいろいろと試行錯誤しました。

内容自体はいつものようにコーチングスキルを学ぶものですが、その奥にある私の思いとか目的が参加者に伝わるか、ということをずっと考えていました。

この勉強会に参加する方々はコーチングを知らない人から、認定コーチ資格を持ったコーチまでといったコーチングに関してのその人の理解度にかなり差があります。
どの人が参加しても学べる勉強会であることはもちろんですが、私はコーチたちをもっと引き上げて行きたいと思っています。

そのためにコーチにはハードルをあげていく。
では、どのくらいあげるのか。

今回の勉強会でもミッションを用意しています。
ただ単に自分の知識をアウトプットするだけではなく、コーチとして選ばれる存在(プレゼンス)であるかどうかです。

勉強会は安全の場です。
用意された場で安全に学んでいるだけでコーチのレベルアップになるのかと考えています。

コーチは少なからずクライアントさんを獲得したいと思っています。
けれども多くのコーチたちは、自分からはクライアントさん獲得のためになかなか動かないのに、向こうからコーチングをして欲しいと頼まれたら即コーチングすると言うのです。

自分からは動かないけど頼まれたらコーチする。
これってどうなんだろう?って思っています。

世の中に居る大勢のコーチの中から自分をコーチに選んでもらうのです。
向こうから来てくれるのを待っているのでしょうか。

コーチングは自分から取りに行くのですよ。
全て自分の責任で行動を起こしていく。

私のメッセージが届いたでしょうか。
明日、楽しみに会場でお待ちしています。