2011-05-10

誰のためにコーチしているのか

おはようございます。土方良子です。

先日のコーチング勉強会ではいろんな気づきがありました。
相手のために一生懸命コーチしているようで、自分のためにコーチしているというケースを目にしました。

結局は今コーチングしている自分が苦しくて、自分がその場を何とかしたくて、相手と関わっているのです。

私たちは常にクライアントさんと向き合っている。

クライアントさんがその目標をどうしていきたいのか、そこについて会話をしているはずなのに、コーチが自分に意識が向いているために、突然変な質問をしたり、クライアントさんが全然そんなこと話していないじゃん、ということをフィードバックしたり・・・。

誰のためにコーチしているのでしょうか。