2011-05-22

信用されるかされないか

おはようございます。土方良子です。

アメブロにペタをつけていると私の知り合いの人たちにいろいろな人たちがペタをつけています。
そんな中で私が目にとまるのは、やはり同業者のコーチたち。

そのコーチたちのブログを時々読ませて頂き勉強するのですが、自分の体験に基づいて書いている人と一般論を書いている人とでは、説得力が違うな~と思いました。

CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスでも体験を話しますよね。
体験談は相手の心を動かすからです。

コーチは自分が体験していないことを、自分が知っているような口ぶりで話すと信用されません。
コーチは何でも知っていないといけないと思っているかもしれませんが、そんなのは無理です。

私のクライアントさんにはその道の専門家の方々がいらっしゃって、専門用語を話されると意味不明になります。

そういう時私は

「その言葉の意味が理解できないので、私にわかるように説明して下さい。」

とお願いします。
私がわからないこと、知らないことを曖昧にしたまま聞いているのは、コーチとして信用されなくなります。

話している方も、コーチってわかっていないんじゃないか?と不安になってきます。

コーチングを説明するときも自分でわかっていない言葉は使わないほうがいいですね。
マニュアル通り説明しても、実際にコーチングでアセスメントやツールを使っていないのでしたら、その説明はやめた方がいいです。

なぜなら聞いている方はわからないから質問してきますから。
そこでまた適当に返事をすると、もう信用されなくなりますよ。