2011-07-28

私が巷のコーチング勉強会に出ないのは

おはようございます。土方良子です。

私はコーチになったばかりの頃、いろいろなコーチング勉強会に参加していました。
とにかくいろいろ学ぼうと思って参加していましたがある時から疑問を感じるようになりました。

方向性が違ってきたからです。
私が目指していることと、勉強会の目的とはずれている感じがしました。

今、私がやっているコーチング勉強会やスカイプコーチング勉強会は、日常で使えることが目的です。

私が他のコーチング勉強会に参加しないのは、コーチングを学んでいる人、もしくはコーチングに興味のある人の中でしか通用しない会話がされているから。

そんな会話を一般の会話ではしないでしょうと思うことを勉強会でやっているのですね。

私はあくまでも日常で使える生きたコーチングを提供したいのです。
そこを軸としてしっかりと持っていないと、コーチング業界でしか通用しないコーチングしかやれなくなってしまいます。

私のクライアントさんが私をコーチに選ぶ理由って、たぶんそこじゃないかな、と思うのです。

コーチングの基本はしっかりと押さえながらも、日常で使える自然なコーチング、そして幅広く展開できるコーチングが私の売りなのですね。

周りの流れに影響を受けて自分を見失わないでね。