2011-09-01

あえてそこを聞く必要はない

おはようございます。土方良子です。

今日から9月。
あと4ヶ月で2011年は終わりますね。

先日メンターとのコーチングで、CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスの中でコーチングを聞いていると、あえてコーチがそこを聞く必要ないよね、というところを質問している、という会話をしました。

コーチングが過去と現状の話ばかりで、先に進まない。
同じ事をぐるぐる聞いている。
そうかと思うと、いきなり未来に飛びすぎる。
何も話していないうちに「どうしますか?」と聞く。

そんな話をしていました。

なぜそんなコーチングになっちゃうんでしょうね。

結局、コーチが聞きたい事を質問するから、そうなっちゃうのです。
コーチがクライアントさんの情報を知りたくて、いろいろ質問する。
でもクライアントさんはそこを話したいわけではない。

私のメンターは

「土方さん、そこは別に話さなくてもいい ということを私が質問したら教えて下さいね。」

と言います。