2011-12-01

コーチングがちっとも上手くならない

おはようございます。土方良子です。

コーチングがちっとも上手くならないとお悩みのコーチたち。

上手くなるために何かやっていますか?

例えば、質問ができないのなら、質問集、作っていますか?

私は質問力がないな~と思ったとき、質問集のノートを作って、毎日10個ずつ、質問を考えてノートに書いていました。

そして日頃の会話で、できるかぎり質問をするように心がけていました。

クライアントさんが居なくても、やれることって沢山あります。

私は、コーチングが上手いコーチたちがやっていないことを、沢山やろうと思っていました。

それが、今につながっていますね。


コーチングが上手くないコーチたちの傾向って、自分で会話を引っ張って行っちゃうんですよね。

しきっていると言えるかも。

それは、自分が結果を出したいから。

何かクライアントさんに気付かせなきゃとか、行動を起こさせなきゃって思うので、自分が持って行きたい方向に、引っ張っていく。

力のあるクライアントさんは、コーチに何とかして欲しいなんて思っていませんからね。

私のクライアントさんの中には、

「それは自分で考えられるので、コーチにはフィードバックをして欲しい。」

と、はっきり仰る方も居ます。

クライアントさんに無い、視点をコーチが提供できればいいのです。

ところが、コーチがクライアントさんの課題を解決しようとしているので、コーチがプールに飛び込んで泳いだり、教習車を運転しちゃったり・・・。

泳ぐのは選手ですし、運転も生徒さんがしますよ。

その横で、本人が気付いていない事を伝えるんですね。

自分に自信がないコーチほど、結果を出させようと必死です。

結果は大事ですけど、結果を出すのはクライアントさんですから。