2011-12-05

責任があるから本気で関わる

おはようございます。土方良子です。

クライアントさんたちとスカイプコーチング勉強会をしていて、そこまで厳しいフィードバックをしなくてもいいのではないか、と反省することが何度もあります。

フィードバックが厳しすぎて、自分ってコーチに向かないのではないかと思わせてしまったら申し訳ないな、とも思います。

ここって私の甘さですね。

私のメンターコーチだったら、フィードバックが厳しくて、自分ってだめだって思うコーチは、その程度って割り切っていくでしょうね。

CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスに初めて参加して、初コーチをしたとき、厳しいフィードバックを頂いて、私ってコーチに向いていない、やめようって、いきなり思ったんですよね。

でもこれって、いつもの私の癖って思ったんです。

ちょっとダメだからって、全てを投げ出す必要はないし、そうならないためにコーチングを学んだのですから。

誰でも最初は下手くそです。

そこからどうするか、ですね。

私だって努力で何とかここまでなれたのですから、他のコーチたちだって、やればやっただけの成果がついてきますよ。

クライアントさんから、貴重なお金を頂いてコーチさせて頂くからには、責任がありますし、最善を尽くすのがコーチだと思っています。

コーチングごっこでは、クライアントさんに申し訳ないですよ。