2012-03-18

私の話を聞いてくれる

おはようございます。土方良子です。

テニスコーチのことを連載で書いています。

私が最近、新たにつき始めたテニスのコーチ。

このコーチがとても素晴らしい。

まず、

「土方さん、その後、スクールではどうですか?」

と聞いてきます。

そして、毎回練習メニューをちゃんと考えています。

いろいろな方法で、私の苦手意識を克服するように工夫してくれます。

レッスンは、まだ数回しか受けていないのですが、私が信頼するのには理由があります。

それは、私の話をちゃんと聞いてくれて、共感してくれるのです。

私がフォームの悩みを話したとき、コーチが

「実は僕もそうだったんですよ。
ちゃんと打てているんだから、これでいいじゃんって思っていたんですよ。」

と、私が思っていることと同じ事を話してくれました。

「でもね、今のレベルでは通用しても、もっと上のレベルを目指すのなら、フォームを変えなくてはいけないのです。」

と。

コーチ自身も2年くらいかかってフォームを修正したそうです。

こういう会話って、ほんの1分くらいの間でしているのですが、要点をしっかりと押さえているんですよね。

私の話をしっかり聞いてくれているので、信頼できるのです。

上手く打てないとき

「土方さん、どうしたんですか?」

と必ず聞いてくれます。

「打つ前に打てないって思ってしまうんです。」

そう話すと、

「では打てないと思わなくなるまで、練習しましょう。」

って言ってくれるのです。

私の不安要素を打たせて取り除く。

素晴らしいコーチでしょ。

私もとても学ばせてもらっています。

ところで、テニスコーチ20代なんですよ。

若いのに、素晴らしいです。

(若いのにって、関係ないか。私がおばさんくさい。)