2012-03-20

迷わないのか

おはようございます。土方良子です。

テニスコーチのことを書いています。

昨夜、パーソナルコーチングの後、テニスのレッスンに行きました。

更衣室に行くと

「土方さん!」

って声をかけられて、振り向くと私が大好きなテニスコーチでした。

「明日、1日レッスン参加しますので、よろしくお願い致します。」

って言いながら、コーチとしばらくお話しました。

いろんなコーチに声をかけてもらってありがたいな~。

さて、昨夜のレッスンは、今までの中で一番、自分で納得して打てた!と思いました。

練習のときは、いろいろ試して打っているのですが、ゲームになると、いつもの癖に戻っていたのですね。

でも昨夜は、失敗してもいいから、新しいフォームで打ち込む!と決めていたので、とにかく昨日修正したばかりのスピンで打ちました。

ゲームの中でスピンを打ったのって、初めてだと思う。

でも、打てたんですよ!

私が一番信頼しているコーチに向かって、絶対に打つぞ!打てるはず!って思って打ちました。

すっごく嬉しかった~。

地道に練習続けて良かったです。

(Iコーチ、Sコーチありがとうございます。って見てないけど・・・。笑)

と、興奮気味の長い前置きでした。


そんなに大勢のテニスコーチについて、迷わないかと聞かれる事があります。

確かに、10人テニスコーチが居たら、指導方法は10通り、全然違うわけです。

でも、私は迷いませんよ。

アドバイスに良い、悪いはありません。

いろんなアドバイスを聞いて、いろいろ試してみて、自分に一番合う方法を選べばいいのですから。

逆に大勢のコーチについていても、基本は同じってこともわかります。

ただ、これだけ大勢のコーチにつくと、指導力のあるコーチと無いコーチというのが見えてきちゃうんですね。

私が思っている指導力のあるコーチというのは、

1、私を良く見ていて、私に合ったアドバイスをする
2、練習内容の目的が明確である
3、わかりやすい説明、話し方

です。

テニスコーチのことを書いていると、自分自身も振り返ることができますね。