2012-07-24

これでもか、これでもかというほどやること

おはようございます。土方良子です。

昨夜、コーチ仲間たちとスカイプを使ってのコーチング勉強会を行いました。

なかなか日程が合わず参加できなかったのですが、久しぶりに参加してみると、みなさん同士で今まで濃い勉強会を継続されてきていたことが伝わってきました。

さすが、意識が高い仲間がいる勉強会は違うと思いました。

久しぶりに参加すると、一人一人のコーチとしての成長が見えてきて嬉しくなります。

でも本人にしたら、まだまだと思っているのでしょうね。

私も思い当たるふしがあります。

みなさんが、コーチングが上手くなりたいのと、私がテニスが上手くなりたいのと、同じなのです。

扱っている内容はコーチングとテニスで一見別物みたいですが、目指していることは同じ。

コーチングをしていても、テニスをしていても必ず壁が出てきます。

しかも1回や2回ではなく、何度も何度も出てきます。

私も今、新たに壁がありますが、その前にも壁があって、ようやく克服したと思ったら、また次の壁にぶち当たっています。

人生も同じですね。

いつも良い時なんてありません。

で、私は今その壁に対してどうしているかというと、自分が納得できるまで、これでもかこれでもかというほど、何度も繰り返し同じことをやっています。

昨日コーチに

「そろそろ次のレベルに行ってもいいんじゃないかな」

と言われました。

でも私は

「いえ、まだ100%自分でいけると思えていないので、自分で100%OKを出せるまで、やります」

と言いました。

先を急いでもまたそこで大きな壁にぶちあたります。

まずは目の前の壁を確実にこえられるまでは焦らない、そして丁寧に繰り返す。

自分で大丈夫!と思えたら、それは自分の武器になります。

そうやって1つ1つ自分の中に大丈夫!と思えるものを増やすのです。

テニスは1回のゲームで、いろいろなショットを打てた方が断然有利で勝てます。

でも私はひたすらトップスピンの練習を何ヶ月もやっています。

いつもそれだけ。

スライスやボレーの練習が必要なのもわかっていますが、一度にいろいろやってもどれも中途半端になるのが自分でわかります。


欲張らず、焦らず、1つ1つ確実に自分のものにしていくのですね。