2012-10-10

良いコーチとは

おはようございます。土方良子です。

『良いテニスコーチとは』で検索してみました。

良いテニスコーチの『テニス』を取ると、私にも言えることだな~と思って読んでいました。

昨日、自分のメンターコーチにガツンとやられまして、(本当はやられていないけど、それほど衝撃的だったってこと。コーチはとても優しい人です)久しぶりに、自分のコーチングってどうなんだ?と、ちょっとだけ凹みました。

それでますます良いコーチとは?って言葉にアンテナが立ってしまって、検索したのです。


笑えたのは、悪いテニスコーチとは・・・についても書かれていたこと。

こんなテニスコーチ居るか?と思うほど、言いたい放題でした。

良いテニスコーチとは・・・を読んでいたら、私が信頼しているAコーチは、全部当てはまっていました。

一番最初に出会った頃よりも、Aコーチのコーチ力はアップしていますね。


私自身、クライアントさんにコーチとして育てていただいていますが、大変なクライアントさんほど、コーチを成長させてくれます。(クライアントさん、これ、私?って思わないでね)

つまり、私のような目標が高く、求めているものが高い生徒がいると、コーチはとても成長するってことが言いたいのです(笑)。

レッスンの組み立てとか、説明のしかたとか、今日のレッスンで手に入れたいこと!なんてコーチングそのものですからね。

テニスを抜かしては全て私の本業と通じています。


悪いコーチとは・・・というのを読んでいたら、みなさん、思っていることって同じなんですね。

待ち時間が長いとか、説明が意味不明とか、コーチが生徒に声をかけない、名前で呼ばないとか、レッスンの組み立てがその場の思い付きとか、振替の生徒や体験の人を大事にして、レギュラーメンバーはそっちのけとか、清潔感がないとかね。

そもそもコーチのフォームが変で、テニスが下手すぎるってのもありました。

ここの部分は私もドキってしちゃいました。

私のコーチング、みなさんのモデルになっているかな?