2012-10-12

いろいろなことが伝わってくる

おはようございます。土方良子です。

2回に渡ってCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスを担当しているクラスコーチのみなさんのトレーニングを行いました。

日頃クラスを担当しているクラスコーチのみなさんへフィードバックするのは、私も真剣勝負。

短い時間に、短い言葉でわかりやすく伝える必要があります。

何を伝えたらお役に立てるのか。

アンテナを体中に張り巡らせてコーチングを聞いていました。

コーチへフィードバックするとき、コーチだけに意識を向けるのではなく、私はどちらかというと、クライアントの反応を聞いています。

コーチの質問でクライアントがどのような影響を受けるのか。

ここを聞いていると面白いのです。


コーチングを聞いていると、コーチが日頃どうコーチングしているかは、当然伝わってきます。

で、もっと面白いのはクライアント。

日頃、自分のコーチとどのようなコーチングを受けているか、というのがわかるのです。

あ~この人、コーチにお任せしているな~とか、きっとこの人のコーチって、自分がどんどん喋っちゃうコーチなんだろうなとか、そんなことも聞こえてきます。

クライアントが自分の力で自分の得たい事を得ようとするコーチングをする必要があるな~と私も反省しました。

やっぱりどこかでコーチが何とかしてくれるとか、何とかしなくちゃって思っているのですね。