2012-10-04

ゴールの先のゴール

おはようございます。土方良子です。

以前、Aテニスコーチに

「土方さんの目標は、上のレベルのクラスにあがることですか?」

と聞かれて、ドキッとしたのを覚えています。

この質問、その当時の私にはかなり強烈でした。

その時に私は

「違います。私の目標は上のレベルのクラスにあがることではありません。
もっともっと強くなることです」

と返事をしました。


昨日Bコーチとレッスン後に話をしました。

Bコーチは、今私が通っているスクールの中で一番濃いレッスンをしてくれるコーチです。

昨年、クラスのレベルが上がるとき、いろいろなクラスに振替をして、一番私に合っていて、満足感の得られるクラスを探したのです。

そのコーチが来月から他クラブに異動になることがわかり、私も他のスクールに移ろうと決意したのです。

Bコーチは、スクール内で唯一私の提案やリクエストに応えてくれるコーチです。

今月はテニスのプライベートレッスンをしないとCコーチに言われて、私はすぐにBコーチにプライベートレッスンをして欲しいとお願いしました。

そして私の希望に応えてくれました。


コーチといろいろ話す中で、Aコーチが言ったことと同じ事を言われました。

「土方さんの目標は、上のクラスにあがることではないですよね。
もし土方さんが上のクラスにあがることだけが目標なら、今すぐにでもあがれますよ。
でも違うでしょ。
土方さんは、もっと上を目指しているでしょ。
それを知っているから上にあげないのです。

クラスのレベルは重要ではありません。
大事なのは、どのコーチにつくのかとレッスン内容です。
Cコーチに土方さんを当分上にあげないようにと言ってあります」

コーチングと全く同じですね。

ゴールの先のゴールを見せる

焦っても何の得にもなりません。

Bコーチは、どうしたら私が確実に伸びていくかをちゃんと考えて、クラスの選び方や、レッスンで意識する事をアドバイスしてくれました。

「土方さん、物凄く上手くなりましたよ。
土方さんが打っているボールは、他の人はなかなか打てないですよ。
そのボールをどこの場所からでも確実に打ち込めるようになるまでは、上にはあげません」

コーチの仰るとおり。

私がついている三人のコーチたちって、私の情報を共有しているんですね。

だってみんな同じ事を言いますから。

Bコーチと会話をしていたら、スクールを替えるなんて言った私がアホだった・・・とかなり反省。

私がもっと上を目指していることを知った上で、レッスンをしてくれていたのですね。

コーチたちがそこまで考えてくれていたなんて、私は全然知りませんでしたよ。

もっとコーチを信頼しろって!話ですよね。

コーチが異動先でもテニスクラスを持っていたら、体験レッスンで参加させてもらっちゃおう・・・。