2012-10-09

確実に成果を出す

おはようございます。土方良子です。

月曜日はテニスのプライベートレッスンを受けているのですが、昨日は祝日でレッスンはお休み。

代わりにサーブの特別レッスンに参加しました。

四十肩がひどくて、アンダーサーブを練習中なのに、スピンサーブの練習をしようという無謀な私。

でもね、参加したい理由があるのです。

Aコーチがちゃんと指導してくれると、必ず自分のものになるから。

今の私の肩で打てるサーブを探そうと思ったのですね。

レッスンに行くとAコーチが

「土方さん、肩はどうですか?
土方さんがサーブを打つときの手首の角度ってどうなっていますか?」

と質問してくるのです。

Aコーチってよく質問するよね。

他のコーチって質問しないよね。アドバイスだよね。

質問されると考えるじゃないですか。

で、Aコーチは私の肩が痛いのは、サーブのフォームが肩に負担がかかっているというのです。

先日のコーチングトレーニングで、私のメンターがコーチは観察者であることと言っていましたが、Aコーチは私の打ち方をよく観察しています。

そしてフォームを修正するように言われました。

コーチって必ずフォームの修正を言いますね。



Aコーチに言われたとおりに打つと、入る確立、スピードもあがり、肩も痛くないのです。

すご~い!さすがAコーチ。

Aコーチの教え方は私に合っていてとてもいいです。

Aコーチ、もっとプライベートレッスンやってくれないかな。

私、プライベートレッスンだけでいいんですけど。