2012-02-23

コーチングの事例5

おはようございます。土方良子です。

私のこの事例を真似して、自分もコーチングをしてみたけれど、上手くいかないというお声を何名かの方から聞きました。

何が上手くいかないのかお聞きすると、質問が浮かんでこないそうです。

視点を変える質問は、コーチングを学んでいるコーチたちでも難しいと思っているんですよ。

質問だけは、トレーニングを受けないと、自分で質問するのは難しいかもしれません。

あるいは、質問力のあるコーチのコーチングを受けることです。

では、前回からの続きです。

-----


コ「それが、何か土方さんに影響を与えているのですか?」

土「う~ん、影響か~。」

沈黙・・・(考えさせられるな~。)

土「影響を与えているかという点では、よくわからないのですが、家族に迷惑をかけているかなと思っているんですね。」

コ「テニスに夢中になっていることが?」

土「う~ん・・・違う気がします。テニスだけじゃなくて、既にいろいろ迷惑をかけているのでした。あはは。」

コ「誰かに何か言われたりしているのですか?」

土「いいえ。誰にも言われていませんよ。言われていないので、甘えていてはいけないな、と思っています。」

コ「土方さんのライフバランスで、優先順位って何ですか?」

土「一番は、環境です。土台の部分ですね。家族みんなが、自分のやりたいことをやれる環境を整えることです。」

コ「次は?」

土「健康面です。母親として、子供たちの健康管理には気をつけています。」

コ「お金と人間関係についてはどうですか?」

土「今は、お金も人間関係も安定していますので、こちらは問題がありません。」

コ「それは素晴らしいですね。
では環境と健康についての現状はどうですか?」

土「いいと思います。お互いに予定を調整しながら、誰か1人が我慢することなく、みんなが納得できるように、やれることをやる環境は整えられています。」

コ「ここまで話してみて、何か気付いたことはありますか?」

土「1つのことに夢中になっているとき、もう1人の私がブレーキをかけて、私の中でバランスをとろうとしているんだな、ということに気付きました。
ブレーキをかける自分が居るおかげで、ライフバランスを保っていられると思いました。」

コ「では、次回のコーチングまでに、どんな生活を過ごそうと思いますか?」

土「今月は、片付け強化月間と決めているので、さらに環境を整えてきます。
ありがとうございました。」

テニスのことから始まったコーチングのテーマでしたが、コーチングというのは、クライアントさんの人生を丸ごと、コーチしていくものなのですね。

ですから、テーマもどんどん変化していきます。


2012-02-22

コーチングの事例4

おはようございます。土方良子です。

前回のつづきです。

----


コ「次の課題ですね。ところで、土方さん、ちょっと聞いてもいいですか?」

土「はい。」

コ「テニスのこと、とても真剣に取り組んでいるのが伝わってくるのですが、そこまで夢中になる理由って何かありますか?」

土「う~ん・・・。」

(自分で質問しておいて、答えられない私・・・。)

土「テニスをしていると、学生の頃の自分を思い出すのです。
私の学生時代って、まさにテニス一色だったのですね。
それまでは、私はずっと習っていたピアノを活かせるような何かをしたいと思っていました。
でも、そのピアノをやめたいと思ったほど、テニスに燃えていたのです。
それを思い出しちゃったのですね。」

コ「そうなんですね。それで?」

土「学生の頃の私って、テニスで認めてもらえていたところがあって、過去の栄光なのですが、それが蘇ってきちゃったのですよ。これって老化現象かも(苦笑)。」

コ「あはは。でもそれだけでは、ないでしょ?」

土「もう一度、テニスをしたいな・・・と思ったのですね。
楽しめたらいいなと軽い気持ちでスクールに入ったのです。
ところが入会してすぐに、私のニーズをざわざわさせることがあったのです。」

コ「ざわざわしたこと、話したいですか?」

土「いいえ。自分の中でもう完了しているので、話さなくても大丈夫です。」

コ「他に土方さんを熱くさせる要因って何ですか?」

土「私って、昔から負けず嫌いなのですね。
いつも1番がいいって、思っているのです。
でも、全てのことに1番を目指しているのではなく、1番が自分の手中に入りそうだと思ったことにだけ、熱くなるのです。」

コ「これは1番を目指すけど、これは目指さないとか、自分で決めているのですか?」

土「最初から決めているのではありません。
ある程度やってみて、自分の中で手ごたえを感じてきたときから、1番を目指しはじめます。
ですから、最初はすっごく弱気だったりします。
極端なのですよね。」

コ「へ~、そうなんですね。」

土「負けず嫌いなので、負けるとわかっている勝負はしないのです。負けたくないから。
負けるくらいなら、やらないほうが私にはいいのです。
ですから、最初は様子を伺っているんですよね。
で、無理だなと思ったら、あきらめる。
いけると思ったら、物凄く集中して、必ず目標を達成するという感じです。」

コ「やると決めたら、とことん頑張るんですね。」

土「そうなんですよ。今まさにテニスがそうなのです。」

コ「次の課題を明確にしたかったのですよね。」

土「はい。今話してみて、そこまでやる必要あるの?って言っている自分も、実は居るんですよね。」

コ「と言うのは?」

土「客観的に自分を見て、何をそこまでムキになってやっているの?って思っているのです。」

コ「何か、気になっているのですか?」

土「気になっているというか、そこまで、夢中になって、どうするの?って。
もっと楽しめばいいんじゃないの?って言う自分も居て。」

コ「それが、何か土方さんに影響を与えているのですか?」

土「う~ん、影響か~。」

また、答えられなくなったので、つづきます。(笑)

2012-02-20

質問力でコーチのレベルがわかる

こんばんは。土方良子です。

2期の1週目のクラスが終了しました。

最近、特に感じているのですが、質問力だけは、しっかりとトレーニングしないと、身につきません。

腹筋と同じです。

腹筋は、ちょっとやそっとのトレーニングでは、ついてくれないのですよ。

聞く、承認、フィードバックは、質を求めなければ、ある程度のレベルまでできるようになります。

でも質問だけは、日頃から質問をすることを意識していかないと、咄嗟に質問できないですよ。

日頃の会話の中で、質問というアンテナを沢山たててみて下さい。

質の高い質問は、相手に気づきを促しますから。

う~~~~んって、うならせたいですね。

質問力を高めたい人は、私のコーチング事例を読んで、自分だったらここで、どういう質問をするだろうかと、考えてみて下さい。

トレーニングになりますよ。

コーチングの事例3

おはようございます。土方良子です。

今日も私自身のコーチング、続きます。

-----

コーチ「土方さん、こんにちは。前回のコーチングを受けて、その後どうですか?」

土方「はい。答えは私の中にあるとお話しましたが、ちゃんと答えがありました。
私の課題がわかりました。」

コ「今日は声が弾んでいますね。ぜひ聞かせて下さい。」

土「先日、あるコーチのレッスンを受けていたときに、コーチに『土方さん、自分の打点をしっかり見ていますか?』と聞かれて、ハッとしたのです。
私、自分がボールを打つ瞬間を見ていないということに気付いたのです。」

コ「凄い気づきですね。で?」

土「今まで、自分は見ていると思っていたのです。でもコーチにフィードバックされて、よくよく振り返ってみると、私は自分のラケット面がどういう向きになっているのかとか、ラケットがボールにどう当たっているのか、勘で打っていて、実際に見ていなかったことに気付いたのです。
だから、いつも感覚に頼っていて、自分でどうしたらいいのかが見えていなかった。
課題はシンプルでした。」

コ「で、気付いてどうされたのですか?」

土「見ていないというよりも、見えていないということに更に気付いたのです。
私の打点が後ろだったのです。そして、打点が前で打っていても、見ているようで見ていないので、自分の中での意識が足りなかったのです。」

コ「なるほどね。それで?」

土「打点を前にして、ボールがラケットに当たる瞬間をしっかりと見たとき、『見えた!』と思ったのですよ。
そしたら、打ったボールを自分でちゃんとコントロールして打つことができたのですね。」

コ「テニスコーチは何か言いましたか?」

土「はい。土方さんのボールの勢いが変わったって言いました。まだ自分ではそこまで実感できていないのですが、今までどう打てばいいかわからない、という状態からは1歩抜け出した感じがしています。」

コ「それは素晴らしい。で、今日は何について話しますか?」

土「次の課題に向かって、何をするのかを明確にしたいです。」

コ「次の課題ですね。ところで、土方さん、ちょっと聞いてもいいですか?」

土「はい。」

コ「テニスのこと、とても真剣に取り組んでいるのが伝わってくるのですが、そこまで夢中になる理由って何かありますか?」

土「う~ん・・・。」

(自分で質問しておいて、答えられない私・・・。)

-----

つづく・・・。(笑)

2012-02-17

コーチングの事例2

おはようございます。土方良子です。

今日も私をコーチングしてみます。

----

コーチ「土方さん、こんにちは。今日はどんなテーマでお話しますか?」

土方「今日は、テニスでの自分の課題を明確にしたいです。」

コ「テニスでの課題ですね。
今の時点で明確になっている課題をお話して頂けますか?」

土「ここ最近の私の課題は、フォアーハンドストロークを安定させることでした。
でも、その課題をもっと細分化させる必要があるのではないか、と思い始めました。
それで、今日はコーチにその辺を明確にするサポートをして欲しいです。」

コ「課題を細分化させようと思ったのは?」

土「毎回のレッスンで頑張っているのですが、自分の中で成果が見られないのです。
もしかして、私は自分の課題がわかっていないのではないか、と思ったのです。」

コ「なるほど。ではフォアーハンドストロークを安定させるという課題を小さくしていきましょう。
思いつく事をいくつでも言って下さい。」

土「そうですね。まとまっていないので、思いつきで話しますね。
まず、自分が打ちたいフォームのイメージができていない。
どうやって打てばいいの?といつも自問自答しているのです。
ここが、1番大きいかな・・・。」

コ「他には?」

土「1度にいくつものことをやろうとしていて、結局、何もやれていないという状態かもしれません。
今、思ったのですが、私は、何かできないことがあると、1つのことが、ある程度のレベルになるまで、ひたすら同じ事を繰り返して練習していましたね。
そうそう・・・高校の時、軟式テニスをしていたのですが、コーチにサーブを変えるように言われたのです。
軟式テニスのグリップではなく、硬式テニスのグリップで回転サーブを打つようにと。
そのとき、何度も何度も練習したら、右手がひどい腱鞘炎になって、お箸も持てない状態になりました。
自分で納得いくまで、ずっとサーブを練習していましたね。」

コ「そんなに頑張っていたんですね。それで?」

土「今は、それができていません。
自分でやりたい練習があるのですが、スクールではコーチがレッスンメニューを考えているので、いろいろやるのですね。
だからこそ、短い時間でも効率よく練習する方法を自分で見つけないと、と思いました。」

コ「そうなんですね。課題を細分化するということでコーチングをしていますが、今の段階で課題は細分化されてきましたか?」

土「はい。今私に必要なことがわかりました。
自分が打ちたいフォームをイメージすること。
しっかりと打っている自分が確実にイメージできるようにすることです。
つぎに、そのイメージ通りに何度も何度も打ち続けることです。」

コ「イメージってどうやって作りますか?」

土「そこなんですよね。
私がスキルアップする時って、必ずモデルとなる人が居るのです。
あの人のようになりたい。
中学、高校でテニスをしていた時も、とても上手い先輩達が居て、その先輩の打ち方を真似していました。
上手い先輩のフォームはとても美しいので、自分もあんなに、きれいなフォームで打ちたいなとイメージしていました。
でも、今、私がモデルにしたいプレーをする人が周りにいないのですね。」

コ「そうなんですね。では、どうやってイメージしますか?」

土「コーチに何度も言われているフォームは、頭ではわかっているのです。
でも、身体が覚えていない。
腕の使い方、ラケットの運び方が自分でわかっていない。
でも、上手く打てたときの感覚は自分でもわかってきているので、上手く打てたときと、上手く打てないときの違い、何がどう違うのかを自分の身体に聞いてみます。
答えは必ず自分の中にありますから。
打つ瞬間の心の声、重心、ボールの入り方、打点、スイングを1つ1つ振り返ってみます。」

コ「課題は明確になりましたか?」

土「はい。やる事が明確になってきました。ありがとうございました。」

----

このコーチングはあくまでも1つの事例です。

コーチの質問によっては、違うコーチングをすることもできます。

ここまで書いてみて、私の中で、かなり明確になってきましたよ。

2012-02-16

コーチングの事例1

おはようございます。土方良子です。

今日は、ブログで私をコーチングします。

-----

コーチ「土方さん、今日は何についてお話されますか?」

土方「今日は、テニスのことを話したいです。ここずっとテニスのことで悩んでいて、何とか今の状況から抜け出したいと思っています。」

コ「土方さんが、今まで考えてきている事を話して頂けますか?」

土「自分の課題はわかっているのですが、どうしたらその課題を克服できるのかが自分でつかめていないのです。自分なりに、いろいろ考えて練習をしているのですが、良くなったな~と思っても、また悪くなって、安定しないのです。」

コ「で、この時間、何について話したいですか?」

土「次のレッスンで、自分がやることをいくつか決めたいです。」

コ「なるほど。土方さんのことなので、毎回テーマを決めてレッスンをしていませんか?」

土「はい。毎回テーマを持って、レッスンを受けています。今日は下半身を意識しようとか、今日は力を抜いて、スイングスピードを利用して打ってみようとか。」

コ「毎回、しっかりとテーマを持って臨んでいるのですね。で、実際にやってみてどうですか?」

土「それが、なかなか上手くいかないのです。打とうとすると、先に失敗するイメージが浮かんできたり、打てないという言葉が聞こえてくるのです。」

コ「打つ前に、失敗を予測しているの?」

土「そうなんです。」

コ「上手く打てるときはどうなの?」

土「上手く打てるときは、自分の中で自信があって、打てる!って思っているのです。そうすると、必ず打てます。」

コ「ということは、打つ前の土方さんの気持ちがかなり影響しているってことですか?」

土「はい。物凄くあります。打てるときと、打てないときの私の気持ちが全然違うのですね。」

コ「なるほど。自信を持って打っているときって、一番最初から自信があったのでしょうか?」

土「いえ、自信はありませんでした。例えばバックハンドは、最初、全然打てなくて、どうして打てないのかとしばらく悩みました。ところがある時から、バックハンドに自信がもてるようになったのです。」

コ「自信がもてるようになったきっかけって覚えていますか?」

土「きっかけは思い出せないのですが、コーチに私のバックハンドは回転がかかっていて、いいバックハンドと言われたことが、自信につながっています。」

コ「全然打てなかったバックハンドが、今は自信があるほどになったんですね。
その間、どんなことを試したのですか?」

土「まず、自分に合った打ち方を探そうと思いました。
肘を伸ばして構えたり、肘を曲げて構えたり、いろいろ試して、どういう打ち方が自分に合っているのかを毎回のレッスンで探ってきました。
あとは、コーチのアドバイスを良く聞きました。」

コ「なるほど。自分でいろいろ試されたのですね。」

土「そうです。いろいろ試しましたね。肘も痛めましたけど・・・。」

コ「どのくらいの期間かかったか覚えていますか?」

土「テニスを始めてからですから、2年はかかったと思います。」

コ「なるほど。ここまで話してみて、何か思ったこと、気付いたことはありますか?」

土「私、焦っていると思いました。バックハンドのときは、気長にやっていたのに、今はとても焦っているのです。」

コ「それはどうしてですか?」

土「上のクラスにあがりたいからです。
バックハンドのときは、上のクラスにいきたいなんて思っていなかった・・・と言うよりも、他のことで腹が立っていて、今のクラスで上級レベルになってやる~って思っていましたから。」

コ「どうして上のクラスにあがりたいのですか?」

土「上手い人たちと打ちたいからです。後は、一番上を目指したいのですね。」

コ「上を目指すために、今、土方さんに最も必要なことって何ですか?」

土「焦らずに、コーチに言われたことを確実にやることだと思います。」

コ「他には?」

土「毎回のレッスンで、自分が納得のいくボールを沢山打てるようにすること。」

コ「そのためには、どうしますか?」

土「自分の課題を明確にします。そしてステップを1つずつ踏んでいくようなテーマを考えます。」

コ「今、思いつく限りのステップを話して頂けますか?」

土「まずは、理想の打ち方を何度もイメージすること。
そして、速いボールを打つのではなく、きちんとしたフォームで安定したボールを打つこと。
あっ!やっぱり、私、焦っていたんだなと思いました。
毎回トップスピンで物凄く速い球を打とうとしていたんですよね。
それだと、肘を痛めてしまいます。
打ちたい方向へ打ちたいボールが確実に打てるようにすることを、しばらくやってみます。」

コ「ここまで話してみて、どうでしたか?」

土「自分の癖が思い切り出ていましたね。早く何とかしたいという癖。焦ることでもないのに・・・恥ずかしい。
1つ1つ丁寧にやっていきます。
上手くいったときって、地道にコツコツやってきたんですから。」

コ「土方さんなら、やれますよ。」

土「ありがとうございました。」

-----

これは1つの事例です。

このテーマの場合、コーチの質問を変えることで、また違ったコーチングに持っていくことができます。

それが、コーチングの良さです。

コーチングに良い悪いはありません。

答えも1つではありません。

2012-02-15

クラスが終わって寂しいと思う気持ち

おはようございます。土方良子です。

CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスが新しくなっての第1期のクラスが終了しました。

終わって、なんだかとっても寂しい気持ちになりました。

私、それだけこのクラスに気合を入れていたんだな~と気付きました。

参加者のみなさんもね、素晴らしい人たちだったのですよ。

クラス終了後に書いて下さる、アクションログを読ませて頂くと、このクラスがどれだけ学びがあって、活気があって、楽しいか、という感想を沢山書いて下さってあります。

このクラスがもっと続いて欲しい・・・というお声も。

私もそう思っています。

このメンバーで学べたことに、心から感謝しています。

私もクラスコーチ5年目になって、クラスの楽しさを実感できるようになってきました。

今まで、必死にクラスを運営していましたからね。

2012-02-13

出席率の高いクラス

こんばんは。土方良子です。

CTP(コーチトレーニングプログラム)クラス、第1期終了しました。

5分延長してしまい、ブリッジが切れてしまいました。

全員の発言がぎりぎり聞けて良かったですが、心臓に悪いですね。

次回から、気をつけなくっちゃ。

このクラス、参加者のみなさんのやる気が素晴らしいクラスでした。

欠席されたのが1回のみで、あと全員の方は皆勤賞。

出席率が高いクラスは、クラス自体の盛り上がりも凄いです。

やっぱり、コーチングエクササイズっていいな~と思って聞いていました。

クライアントさんの生の声を聞くと、いろんなことが伝わってきますね。

このようないいクラスが終わっちゃうと、クラスコーチとしては寂しいのです。

でも次回も新しい出会いを楽しみにお待ちしています。

1ヶ月間、ご一緒して下さったみなさま、ありがとうございました。

2012-02-08

さすが、コーチ仲間!

おはようございます。土方良子です。

ICF国際コーチ連盟のマスター試験に向けて、動いています。

英語の得意なクライアントさんたちにサポートしてもらうつもりでいるのですが、ここで、強力なサポーターが登場しました。

英語バリバリのコーチ仲間です。

コーチ仲間って、自分の持っている力を仲間のために無償で提供してくれるのです。

PDFファイルを和訳したものを、一斉メール配信で流してくれ、さらに質問を受け付けてくれるのです。

普通なら有料でもいいのに、無償なんですよ。

さすがコーチ仲間!

とってもありがたいです。

2012-02-06

頭がぼ~っとしています。

こんばんは。土方良子です。

先ほど3週目のクラスが終了しました。

参加者に、

「このクラスはとても頭を使います。」

と言われましたが、私も脳みそ全開で、今はボ~っとしています。

頭くらくら。

クラス開始の2分前に夫の山積みの洋服が雪崩を起こし、石油ストーブに落ちるんじゃないかと、ヒヤヒヤものでした。

夫の部屋の一部をコーチングルームにしているのですが、ここは何とかしてもらわないと・・・。

ケース2つもやると、脳みそ使い果たしますね。

今日はぼ~っとしているので、これで終わります。

みなさま、ありがとうございました。

目標に向かって行動する

おはようございます。土方良子です。

先日、クライアントさんにご協力頂いて、試しにコーチングを録音してみました。

いい感じでした。

これをデーターにして、アップロードできるようにしないとね。

いろいろな技が必要ですが、どなたかにヘルプすれば、親切な方が、教えて下さるでしょう。(笑)

目標に向かって行動すれば、何とかなるんですよね。

無理だ~ってあきらめてしまったら、もったいないですもの。


今夜のCTP(コーチトレーニングプログラム)も楽しみですね。

2012-02-03

着々と

おはようございます。土方良子です。

ICF試験に向けて、着々と準備をしています。

クライアントさんとの2500時間以上のコーチングもクリア。

200時間のトレーニングもクリア。

メンターコーチ3名からの推薦状も承諾済み。

筆記試験は免除。

あとは、本番のコーチング試験と、クライアントさんとの録音。

ICレコーダーは新しく購入したので、来週から録音の許可を頂いたクライアントさんたちと、早速録音に入ります。

そして試験に向けての申請書の入力など。

これが英語になるので大変。

でも頑張ります。

今年絶対に合格できるように頑張ります。

2012-02-01

動くと見えてきますね

おはようございます。土方良子です。

ICF試験に向けて、少しずつやれることをやっています。

今年から日本コーチ協会の代行申請ができなくなってしまったため、途方に暮れていたのですが、いろんな人に話してみると、情報がもらえますね。

誰かに話すって大事です。

私1人ではやれないことも、人の力を借りることで、現実になってきます。

クライアントさんとのセッションを録音しようと思ったら、ICレコーダーが無かったり、壊れてしまったりと、ハプニングが起こっていますが、めげずに、行動、行動。

一番頼りになるのは、やっぱり私のクライアントさんたちと、私のコーチですね。

クライアントさんは、録音のご協力を快諾して下さいますし、英語に強いたまちゃんが、サポートしてくれるので大助かり。

みなさんのためにも、何としても合格しないと。

無理とあきらめるのか、前を向いていくのかで、違ってきますよ。