2012-06-28

試験に落ちた時

おはようございます。土方良子です。

昨夜のCTP(コーチトレーニングプログラム)アドバンスクラスは、さすが、アドバンス(上級)と思える参加者が集まりました。

コーチのコアコンピテンシーに沿って、いろいろ問いを投げかけました。

私がもし参加者だったら、果たして参加されたみなさんのように、すらすら答えられないと思います。

今までのクラスの中で、最も予習、復習をする必要があるクラスではないかと思っています。

どれだけ、読み込んでいるかどうかで、自分の体験に落とし込めるかが全然違ってきます。

読んだだけでは理解できないことが、みなさんの発言を聞いたり、自分で話すことによって、理解が深まります。

なぜ、コーチのコアコンピテンシーを学ぶ必要があるのか。

それは、これだけのきちんとしたものを核に持って、コーチをしていますよという、血統書(?)保証書みたいなものです。

巷のいろいろなコーチングとは、質が違うということの証明でもあります。

証明する目的は、クライアントさん自身が、血統書付きのコーチを選びやすいことと、コーチ自身の品質も保たれるからです。

ブランドですね。

で、このコンピテンシーがコーチング資格試験に物凄く重要になってきます。

コンピテンシーを理解していないでコーチングをすると、まず落ちると言われています。

私はメンターコーチという立場でもあるので、コーチたちのコーチング力がどのくらいの資格レベルにあるのかも、フィードバックできないとなりません。

試験に落ちた場合、ご本人はなぜ落ちてしまったのか見当がつかず、途方に暮れてしまう。

私も落ちているんです。

ICFプロフェッショナルを取得するための、修了認定試験。

このとき、私自身も落ちた理由が全くわかりませんでした。

絶対に合格できると信じていましたからね。

でも、落ちて良かったと後で思いました。

その後すぐに生涯学習開発財団のマスターを受けて、合格できましたから。

落ちたことで、自分のコーチングをしっかりと振り返り見直しできたのです。

そしてその後は無事合格。

今はマスターに向けて、自分のコーチングを見直しています。

見直すたびに、今私がやっているコーチングは、マスターレベルなのか、プロフェッショナルレベルなのかと考えます。

試験に落ちるのはショックですが、落ちた経験が私自身をとても成長させたのですよ。

クラスに参加された方のブログをご紹介します。

こちらをクリックして下さい


2012-06-27

ニーズが満たされると

おはようございます。土方良子です。

昨日のテニスレッスンは、久しぶりにいいレッスンだったな~と思いました。

ニーズが満たされると大満足。

コーチへの信頼度が増しますね。

毎回いいレッスンをしてくれたら・・・と思うのですが、なかなかそうはいかず。

(コーチ頑張れ~)

昨夜のレッスンがなぜ良かったかというと、私がレッスンでやって欲しい事を全部取り入れてくれたからです。

ロングラリー、平行陣のボレーの動き、サーブです。

ロングラリーができるクラスはなかなか無いので、とてもいいです。

このクラスはボレーが少ないのですが、もう1つのクラスが逆にボレーばかりなので、よしとしても、先日のプライベートレッスンで、ボレーを強化したばかりだったのでボレーができて良かったです。

一番練習したかったのは、一昨日変えたばかりのサーブ。

ゲームの時、コーチのリターンがネットしたときは、やった!と思ったのですが、後でコーチに聞くと、まだ回転が足りないとのこと。

変えて1日なので、完成までにほど遠いですが、弱気にならずにしっかりと打てたので、精度をあげて確実にものにしないとね。

ストロークもスタンスをオープンに変えたくて、コーチのフットワークをガン見しておりました。

自分で目的を持ってレッスンに参加すると、今までのふてくされていた私とは全然違って、自分でもびっくりです。

出来ない時って、モチベーションが思い切り下がるので、やる気がなくなっちゃうのですが、そこを踏ん張って何とかしたときに、成長できるんですよね。

今日も頑張ります。

今夜はアドバンスクラス。

参加者に頑張ってチャレンジしてもらおうかな・・・と考えていることがあります。

今夜のクラスの様子で、やるかやらないかを決めます。

アドバンスクラスも部活のように熱いクラスにしたいですね。




2012-06-26

できないからやめる

おはようございます。土方良子です。

私のクライアントさんに、凄い人が居ます。

何が凄いかと言うと、こんなことを話してくれました。

「自分のモチベーションが下がった時。もう何もかも嫌だ~やめる~という気持ちが出てきます。
その気持ちと向き合ってみると、できないからやめるのではなく、人に認めて欲しくて嫌だ~やめる~という気持ちが出ていることに気付きました。
人に認めて欲しいほど、できない~やめる~と言いたくなる自分が居ました」

ここまで自分のことがわかるって凄いなと思ったのです。

何かをやっていて上手くいかないと、すぐに「やめる」とか「やめたい」という人が居ます。

できないから、やめる。

これって、変だと思いませんか?

できないから続けるのでは?

そもそもできないからやめるって人は、自分がどんだけできると思っているんでしょうか。

自分ができるだろうと思っていた自分への期待が、実際にやってみたら違っていた。

そんなことって、当たり前だと思うのです。

私自身も中学高校で軟式テニスをしていました。

大人になって硬式のテニススクールに入った時、できると思っていました。

簡単に打てるだろうと・・・。

ところが、硬式と軟式とでは全然違う。

全くできない自分に腹が立って、やめたくなりました。

そして考えた結論が、一から出直そう。

初心に戻って基礎からやろうということでした。

できないから、丁寧にやるんですよ。

本当にやめるのでしたら、黙ってやめて下さい。

いろんな人にやめることをアピールするのは、引き止めて欲しいからですよね。

これ、自分に言っています(笑)

2012-06-25

プロもアマも基本は同じ

おはようございます。土方良子です。

夫に、

「中村豊のブログって知ってる?」

と言われました。

一瞬誰?と思いました。

今年全仏で優勝した、女子プロテニスのシャラポアのフィジカルトレーナーです。

早速見てみると、ある記事に目がとまりました。

それは、アンドレ・アガシのサーブについての記事でした。

丁度その記事を読んだ日に、私はテニスのプライベートレッスンで、コーチにサーブのグリップとトスの位置を変えるように指示されたのです。


理由はアガシと同じく、もっとスピンをかけるため、セカンドサーブの精度をあげるためです。


わお~一流選手とアマの私でも同じじゃんって嬉しくなりました。


ってことは、一流でもアマでも、基本は同じってことですよ。


私、今まで自分のサーブに自信があったのですが、見事コーチに修正されまくり。


ボールとラケットの構えから、トスの上げ方、トスをあげる位置、ラケットの振り出し方、打点、足のつかいかた、ジャンプする瞬間、全てチェックされ、新しいフォームになりました。


今までファーストサーブがほぼ90%で入っていたにも関わらず、それを止めて、全く新しいサーブになりました。


このフォームを定着させるまでは、絶対に適当にサーブを打たないとコーチに約束させられました。

やっぱり、1対1のレッスンはいいですよね。

2012-06-19

終わり良ければ全てよし

おはようございます。土方良子です。

昨夜、今期CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスが終了しました。

今期のクラスは、スタートから徐々に盛り上がり、最後のクラスでは、参加者が自分の新たな課題に気付いたり、とても大切なことをつかんだりしていることが伝わってきました。

クラスコーチをしていて毎回思うのは、最後のクラスがいつも一番良い形で終わることです。

みなさんの1ヶ月の満足感が伝わってきます。

終わり方が良いと、次のクラスへのモチベーションにつながります。

別ブログで、パーソナルコーチングの終了について書きました。

このことは、以前からずっと書きたかったのです。

なぜなら、せっかく高いお金を投資して自分にコーチをつけたのですから、終わる時こそ満足のいく終わり方をして欲しいと思っています。

私自身も後味の悪い終わり方を体験しています。

あんな終わり方をしなくても良かったのに・・・と思うことがあります。

私たちは始める事に関しては、いろいろ考え準備をするのに、終了するときは、あまり考えていないように思います。

めんどくさくなってきたからやめるとか、マンネリ化してきたからやめるとか。

終わる理由が曖昧なんですね。なんとなく・・・って感じです。

きちんと自分が手に入れたい成果を出したので終了します、という形の方が次へのモチベーションになるのですね。

これはコーチングに限らずです。

お稽古事などもそう。

私自身、クラスコーチになった時、まずは3年頑張ると決めていました。

3年経った時に、その後を考えようと。

ところがクラスコーチになったばかりの頃、クラスコーチの先輩に、

「自分はコーチングがやれる限り、クラスコーチを続けていくという覚悟でクラスをやっている」

という話を聞きました。

クラスコーチになったばかりで、すでにやめる事を考えている私ってなんなの?と衝撃を受けました。

そしてその時に、人がより良く生きるために私がやれる限りをやろう!と決めたのです。

私にとって、コーチングを終えるときは、人生が終わるときです。

2012-06-13

とってもお得

おはようございます。土方良子です。

来月担当するコーチのコアコンピタンシーのアドバンスクラス。

今のところご予約がな・なんと!2名様。

このまま締め切りになったら、私と3人で、物凄く濃くてお得なクラスになりますね。

コンピタンシーをしっかりと読み込んで、今自分に必要なスキルを身につけていきましょう。

メンターコーチも

「こんなにお得なクラスはありませんね」

と。

参加者2人でもガッツリやりますよ。

2012-06-08

100回記念

おはようございます。土方良子です。

今日は私のメンターコーチとのコーチングセッション100回目でした。

月2回受けているので、100回ですと4年以上お世話になっていることになります。

コーチから次は200回記念ですねとメッセージを頂きました。

私のクライアントさんには、100回以上の方が居ます。

ありがたいです。

2012-06-01

脳は質問されると考える

おはようございます。土方良子です。

脳みそって素晴らしいですね。

会話の中で質問されると、必ず考えますからね。

先日、テニスのプライベートレッスンで、コーチが私に質問をするのです。

コーチって質問をする人。

私は、いつも自分が質問をするほうなので、逆に質問されると返事に困ります。

そのコーチの質問が、どうも私に正解を求めているようで答えづらいの。

これはコーチの質問力のせいではありません。

私が正解を求められていると思い込んでいるだけ。

一般的な会話は、質問されると正しい事を答えなくてはいけないと思います。

正解ね。

ところがコーチングでの質問には、正しい間違いはなく、どの答えもアリなのです。

それはその人の考え方だから。

コーチングの質問って素晴らしいです。

8月4日に、【相手から会話を引き出す質問力を高めるセミナー】を行います。