2013-01-07

準備が大切

おはようございます。土方良子です。

ある日のテニスレッスンでのこと。

何球か打ってからコーチが私の方に来て、

「土方さん、インパクトでかまえて目を瞑ってください。
どこで打つのがいいのか、ボールでラケット面をいろいろ触りますので、ここ!って言って下さい。」

と言いました。

目を瞑って、手の感覚と神経を集中させます。

すると、私のインパクトの癖がわかりました。

ひえ~~~~~~~~~~。

今までどんだけ無意識だったんだ・・・。

さらに構える段階での構え方がまずいと指摘されました。

右手と左手にはちゃんと意味があります。

その意味を知って、グリップを握って構えているか。

ひえ~~~~~~~~~~。

そしてサーブ。

ワイドとセンターへの打ち分けです。

「土方さん、足の向きが違います。それでは、腰を痛めますよ。」

確かに。

最近サーブを打つたびに、腰が痛いのです。

それは構えるときの足の位置が違うから無理をしているとのことでした。

ひえ~~~~~~~~~~。

コーチのアドバイスの通りに足の向きをかえて、足の置く位置をちょっと変えただけで、コースが狙えます。

さらにコースを狙うとき、それぞれにトスをあげる位置を変えることとのアドバイスが。

テニスって打つ前の準備でほぼ決まってしまうのです。

コーチングのセットアップと同じです。

コーチングもセットアップで、そのコーチングがいいかどうかが、ほぼ決まります。

研修や講演会も同様です。

テニスをしていると、人生のいろいろなことに通じていて、人生勉強になります。