2013-01-11

コーチは観察者である

おはようございます。土方良子です。

昨日テニスのプライベートレッスンを受けました。

Aコーチは、物凄く私を観察しています。

何球か打った後、私のフォームの何が原因で、こんな打球になっているということをフィードバックします。

自分の課題はいくつかあるのですが、その中でも1番肝心なフォアハンドが安定していないことが1番の課題でした。

そのためにいろいろな練習を重ね、意識してきたのですが、やはりイマイチ。

私自身、何か意識することが違うんじゃないかと思っていました。

コーチは

「フォアハンドを絶対に安定させる!」

と宣言し、私にいろいろな球を出しながら原因究明していました。

そしてインサイドアウトの打ち方に問題があることがわかりました。

Aコーチに言われた通りに意識して打つと、ボールがラケットに厚く当たり、いい音がします。

そしてベースラインの手前でボールがちゃんと落ちるのです。

意識してトップスピンをかけようとしたり、変な事を考えずに、一連の流れでラクに打てるようになりました。

私自身、今までにない感覚でした。

そして「これだ!」と確信できました。

私がずっと目指していた打ち方です。

この打ち方を絶対に忘れないようにするためには、頭で考えずにからだで感じること。

とにかくからだに意識を向けること。

私のスイングの間違いを見抜いたAコーチは凄いと思いました。

だって微妙なところの修正なのです。

一回でそこを見抜いたとしても、そこだけ修正をかけて上手く打てるという事はありません。

フットワーク、相手のボールを早く予測すること、打点など、いろいろ修正した上で、いいボールが打てます。


コーチは相手をどれだけ観察しているか。

相手のどこを見ているのか、何をキャッチしているのか。