2013-01-27

人の話、ちゃんと聞いていますか?

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

昨日、デパ地下で買い物をしました。

私のお料理の先生柏木京子さんに教えて頂いた塩豚がとても美味しかったので、また作ろうと思い、お肉やさんで、ヒレブロックを買おうと思ったのです。

「このお肉、何グラムくらいありますか?」

「630グラムです。」

「ちょっと多いので、これを切って売って頂くことはできますか?」

「いいですよ。」

すると、奥から偉そうな男性が出てきて

「すぐに揚げられるように衣がついているのを買ったらどうですか?」

と言いました。

切り売りしたくないのか、私がヒレカツを作ると思っているようです。


「塩豚を作りたいので、ヒレのブロックが欲しいのです。」

と言いました。

男性は黙って奥へ行きました。

思い込みで営業をすると墓穴を掘ります。



続いて、柏木さんから教わったデザートを作るために、くるみを買おうと思いました。

閉店時間が迫っていたので、近くに居た店員さんに聞きました。

「パンとか、ケーキに入れるくるみを探しているのですが、どこにありますか?」

「ちょっとお待ち下さい。」

わからないようです。

フルーツ売り場にいた女性店員さんに、くるみがどこにあるか聞いていました。

そして女性店員さんが

「1つだけありました。」

と私に差し出したものは、から付きのゴツゴツしたくるみでした。

これをどうやってパンに入れるのでしょうか。


人の話はちゃんと聞きましょうね。