2013-02-22

なぜコーチになろうと思ったのか

おはようございます。土方良子です。

私の大切なクライアントさんに向けて書きます。


私がコーチングの世界に入って、コーチを目指している中で、何度も辛いことがありました。

その中でも、CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスコーチ試験に1度落ちた時はショックで、コーチングをやめようと思いました。

何日も悔しくて悔しくて、あまりにも悔しくて胃が痛み、からだがおかしくなりました。

こんなに悔しい経験は今までの人生でもそんなに無いと思ったほどです。

だって絶対に合格する自信があったからです。

私が落ちるはずないって思っていました。

だから不合格だったとき、私の全てを否定されてしまった気がして、コーチングをやめようと思いました。


でもやめられませんでした。


そもそもなぜ私がコーチングの世界に入ったのか。

それは暗黒時代にいた時に、唯一私を救ってくれたのが、コーチだったのです。

コーチのおかげで私は自分を取り戻しました。

なんて素晴らしい仕事だろうと感動しました。

そして私もこの仕事をしたいと心から思いました。


コーチングをしていてやめたいな~と思うとき、私は原点に戻ります。

なぜ私はこの道を選んだのか。

なぜコーチになろうと思ったのか。

そこに全ての答えがあります。


辛くなった時、あの時の気持ちを思い出して欲しいのです。

なぜ自分はコーチになろうと思ったのか。

そしてコーチになって何を成し遂げたいのか。

その思いを大切にして下さい。