2013-02-09

コーチのあり方

おはようございます。土方良子です。

先日、プライベートレッスンに行ったときのこと。

コートではちょうどスクールが終わったばかりでした。

私がレッスンの準備をしていると、スクールを終えたコーチが来て、

「来週、体験されるんですよね。よろしくお願い致します。楽しみだな~。」

と言われたのです。

その言葉を聞いて、嬉しい気持ちになりました。

私と接点がないコーチなのに、クラブでお会いすると、よく声をかけて下さるのです。


ここのクラブのコーチは、どのコーチも気持ちのいい挨拶をして下さいます。

挨拶って基本ですよね。


私は今ついているテニスコーチは、厳しくてあまり話さないコーチなのかと勝手に思っていました。

なぜなら実力のある素晴らしいコーチで、なかなかレッスンにつけないと聞いていたので、私なんぞが教わっていいのだろうかと思っていたのです。

さらにそのコーチとコートに行くと、レッスン生たちが深々とお辞儀をして挨拶されているからです。


ところがレッスンを受けると、ユーモアがあって気さくで、厳しさを全く感じないコーチでした。

そして指導は丁寧で的確。

毎回目から鱗が落ちます。


ここのクラブに行くたびに、コーチのありかたを勉強させてもらっている感じです。

お一人お一人にきちんと声をかけるのか、別にいいやと思ってスルーするのか。

自分がレッスンを受ける立場だったらどうでしょうか。

よく声をかけてくれるコーチと、声をかけてくれないコーチ。

どちらのコーチのレッスンを受けたいですか?

どちらのコーチを信頼しますか?