2013-03-21

コーチの言葉の影響

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

3月から新たに入ったテニススクール。

私が入っている時間帯は3クラスあり3名のベテランコーチが担当していて、一週間ごとにコーチが変わります。

3名のコーチに指導頂けるのは、私にとってとてもありがたいです。

なぜならそれぞれのコーチが大切にしていることを教えて頂けるからです。

先日大御所コーチに指導を頂いてから、私は今までモヤモヤしながらテニスをしていた気持ちが吹っ切れました。

「みなさんはなぜ練習を頑張るの?
試合に勝つため?
違うよね。
試合で使えるようにするために、練習するんでしょ。」

すごく当たり前のことなのですが、私には今までこの考えがありませんでした。

いや、私の考え方の癖だったと思います。

私は今まで練習で頑張らなくても試合ではなんとなかるって思っていました。

自分は本番にメンタルが強いと思い込んでいたからです。

高校の時、トーナメントで勝てば勝つほど、モチベーションがあがり、今まで打ったことがないようなショットが決まったりしていました。

それでいつのまにか、練習でできなくてもいざというときに「私はやれるから」と思い込んでいました。

でも今思うと、試合でモチベーションがあげられるのは、それだけの練習をしていたからなんですね。

練習で打てないショットを試合で打てるわけがありません。

コーチのお話で、私は試合で使えるためのショットを練習で沢山見つけようと思いました。

いつもは無難に打っていたところを角度をつけたり、足元に落としたりとチャレンジするようになりました。

今までもいろいろなコーチが似たようなことを言っていたと思います。

でも誰がどのタイミングで話すかによって、私にズシッと入る場合と、スルーしてしまう場合があります。

コーチの言葉の影響ってすごいなと思いました。

たった一言で、意識を変えられるんですから。