2013-03-25

基礎の上に応用がある

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

私が新たに通い始めたスクール。

コーチのご配慮で、女子テニス連盟(であってる?)の試合にガンガン出ている人たちのクラスに入っています。

コーチがこのクラスに!という指定クラスです。

仕事のスケジュール調整をするのに1ヶ月かかりましたが、ようやく今月から参加できるようになりました。

メンバーさんは試合経験豊富な方々なので、ちょっとの隙をつかれてやられてしまいます。

先日のコーチは、女子ダブルスに精通されているコーチ。

ポジション取りから、平行陣の攻め方、攻略の仕方を徹底的に練習しました。

コーチが

「まずテニスは基礎が大事。その上に応用がある。
今日は上手く打てないな~と思ったら、足をいつも以上に動かすこと。
足を動かすことで、ショットが安定してくる。」

と言っていました。

上手くいかないと、焦って何かをしたくなります。

何かをしたいときって、基本から遠ざかっている事をしようとする傾向があります。

でも上手くいかない時ほど、基本に戻る。

結果、それが一番の近道です。

私のプライベートレッスンのコーチは、私のショットが乱れると、一番最初の手出しからフォームの確認をします。

スーパーショットを打とうとして自己流でやってしまうと、修正するのにもっと時間がかかるのです。