2013-05-02

自分の行動に責任を持つこと

おはようございます。土方良子です。

先日、テニスのプライベートレッスンでのこと。

ゲームでの私の守備範囲を広げるために、コーチとボレーの組み立てを練習しました。

コーチの指示通りにコースを狙って打ちます。

私の打ったコース、球種によって、次、どんな球がどこにくるか予測して動きます。

この練習をしていて、気づいたことがありました。


それは、自分が攻撃をしかけたら、自分が最後まで責任を持つと言うことです。

コーチはそのことを以前から、何度も私に言っていました。

「自分の打ったボールに責任持って。」

その通りなのです。


でも私は無責任です。

責任を負いたくないから、自分から攻撃しないし、ボールを取りに行きません。

そんな気持ちでは、勝てるわけないし、ペアーに負担をかけるだけです。


「全部、自分で取る!と思って。」

コーチに言われます。

その通りです。


仕事ではやれるのに、テニスではやれないのは、どうしてでしょうか。

それは失敗したくないからです。

失敗したら、下手な人だと思われてしまうから。

でも、失敗を恐れて動かない人は、迷惑な人になります。

下手な人よりも最悪です。


私はテニスで、最悪な人に、なりつつあります。


失敗したくないし、自分で責任を負いたくないから、行動を起こさない。

こんな私とテニスをして、他の人は楽しいでしょうか。


下手でも、一生懸命動いている方が、一緒にやっていて気持ちがいいですよね。

仕事もコミュニケーションも、同じだな~と思いました。

テニスって、いろんなことが学べて凄いですよ。