2013-05-07

ダメなやり方を選んでいる

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

現在私がプライベートレッスンでお世話になっているコーチは、今私に最も必要なことを、徹底的に指導して下さいます。

しかも、そのアプローチ方法が沢山あるんです。

毎回レッスンで、いろんなことをさせられます。

こんなにいろんなレッスンを考えて下さって、凄いな~と思っています。


先日コーチにこんな質問をされました。

「自分の中で確実に打てると思って打っている確立は何%?」

「・・・。」な、私。

「毎回、確実に打てる!と思って打って。
そのために確実に打てる準備をして。」


さらにコーチに言われました。

サーブのトスをあげた瞬間、私が打てると思っているか、失敗したと思っているか、わかると。

打つ前から、私は打てるとか、打てないって事を自分でちゃんとわかっているんですね。

わかっていて、打てないと思って、打てないように打っているんです。

伝わりますか?

ようは、このやり方をしたらダメだってわかっていて、ダメなやり方を選んでいるのです。

もしダメだと思っても、ダメなように打つのではなく、ダメでも最善を尽くして打つように。

コーチ、さすがです。

良いこと仰います。

どんな状態でも、最善を尽くすこと。

仕事ではやれるのに、なぜテニスだとやれないのでしょうか。

やれない私はかわいそうなの・・・って悲劇のヒロインを演じているからなのです。

悲劇のヒロインを演じていると、周りが「かわいそうだね。」「がんばって。」って励ましてくれるから。

あ~そんなのイヤイヤ。

かっこ悪い。

テニスコーチは、テニス以外のいろんなことも学ばせて下さいます。