2013-01-30

承認する

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

今年の私は生まれ変わる・・・というか、初心に戻ると言う事を意識しています。

コーチとしてどうあるか、私の原点を忘れないためです。

初めてコーチングを学んだときのワクワクした気持ちと、できない、難しいと思った気持ち。

私のクラスに入って下さる参加者のみなさんは、まさにそんなお気持ちだと思います。

そんな皆さんに私がやれるのは、ほんの少しでも行動を起こして下さった事を承認すること。

どんな小さなことでも承認する。

そして自分はやれるんだと、ご自分を信じて頂くこと。


私自身、クラス終了後に参加者のみなさんから送られてくるエヴァリュエーションシートを読んで、私への承認があると、やっぱり嬉しいですし、モチベーションがあがります。

まずは相手を承認すること。

一緒にコーチングが学べること、一緒に同じ時間を共有できることがとても嬉しいです。

2013-01-28

短所と思っていた事が・・・

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

その日のパーソナルコーチングが終わってから、クライアントさんから言われました。

「土方さんは、何か特別凄い事をしているのではなく、当たり前のこと、目の前にあることをコツコツ努力されている方ですよね。」

そんな風に見ていて下さって、とても嬉しいな~。


また別のクライアントさん。

いつものようにコーチング練習で、私がクライアントになります。

テーマは『オフィスを借りてからの今後のビジョンについて』

コーチング練習が終わり、クライアントさんから

「土方さんは、いつもクライアントさんたちのことを一番に考えているって思っていましたけれど、いつもいつもクライアントさんたちのことを大切に思っているんですね。」

と言われて、私にとっては当たり前のことだったので、そんな風に思ってもらえるなんて幸せ~と思いました。


自分では当たり前にやっていること、こんなこと普通でしょと思っていることが、実は私の強みでもあります。

でも自分ではあまりにも当たり前すぎて、強みという認識がありません。

むしろコツコツ努力している私って何なの?こんなに努力しないと成果を出せない私って、素質が無い?と思うこともあります。

でも、やっぱりコツコツ努力するのが私は好きなのですね。

やるからには、とことんやるのも私。

今まで短所と思っていたことが実は強みとして活かすと、凄いことになるのです。

クライアントさんたちは、私がやっていることをちゃんとわかってくれているんだ~ということがわかっただけで、とっても嬉しくなりました。

2月23日に強みのセミナーをします


2013-01-27

人の話、ちゃんと聞いていますか?

おはようございます。土方良子(ひじかた よしこ)です。

昨日、デパ地下で買い物をしました。

私のお料理の先生柏木京子さんに教えて頂いた塩豚がとても美味しかったので、また作ろうと思い、お肉やさんで、ヒレブロックを買おうと思ったのです。

「このお肉、何グラムくらいありますか?」

「630グラムです。」

「ちょっと多いので、これを切って売って頂くことはできますか?」

「いいですよ。」

すると、奥から偉そうな男性が出てきて

「すぐに揚げられるように衣がついているのを買ったらどうですか?」

と言いました。

切り売りしたくないのか、私がヒレカツを作ると思っているようです。


「塩豚を作りたいので、ヒレのブロックが欲しいのです。」

と言いました。

男性は黙って奥へ行きました。

思い込みで営業をすると墓穴を掘ります。



続いて、柏木さんから教わったデザートを作るために、くるみを買おうと思いました。

閉店時間が迫っていたので、近くに居た店員さんに聞きました。

「パンとか、ケーキに入れるくるみを探しているのですが、どこにありますか?」

「ちょっとお待ち下さい。」

わからないようです。

フルーツ売り場にいた女性店員さんに、くるみがどこにあるか聞いていました。

そして女性店員さんが

「1つだけありました。」

と私に差し出したものは、から付きのゴツゴツしたくるみでした。

これをどうやってパンに入れるのでしょうか。


人の話はちゃんと聞きましょうね。

2013-01-25

コーチングの三原則

おはようございます。土方良子です。

私のテニスコーチに、テニススクールのクラスのことを相談しました。

するとあるクラスを紹介してもらい、一度レッスンに行ってみることにしました。

ところがなぜか、その時間帯に仕事が重なり、先週も今週も来週も行く事が出来なくなってしまいました。

このままだと先に進まないと思い、コーチに他の曜日のクラスで、私にお勧めのクラスを教えて欲しいとお願いしました。

するとコーチは、最初に私に紹介したクラスが私に一番お勧めなので、そのクラスに参加できる日が来るまで、慌てなくてもいいという返事でした。

そしてコーチがそのクラスを私に勧める理由をちゃんと説明してくれて、私はとても納得しました。

そのクラスは試合で戦っている上手い女性たちのクラスで、年齢も私と近く、高い目標を持ったやる気のある人たちのクラスなのだそうです。

コーチは最初から私のために、ちゃんと考えて下さっているんですね。


昨日のプライベートレッスンでは、予定の時間が過ぎてもずっと私にサーブの指導をして下さり、時間大丈夫かなと思うほど、熱心に見て下さいました。

サーブの打点を高くすること、コースの打ち分けは当たり前。

できるまで、何度も打ちます。

周りの人たちは、私がビシビシやられていると思っているようですが、指導の1つ1つが丁寧でユーモアがあり、私を上手くしようという思いがとても伝わってきます。

毎回のレッスンが楽しみで、ワクワクします。

これこそが私が求めていたテニス。

自己評価して落ち込んだり、苦しいだけのテニスは心とからだを壊します。

昨年のようなテニスは二度としません。

今この一球に集中することだけ。

それをAコーチは私に教えてくれたのです。


コーチングの三原則。

個別対応
双方向
今、ここ。

全てが備わっているレッスンです。

2013-01-17

成果の背景には

おはようございます。土方良子です。

一年に2回開催されるCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスコーチトレーニング。

皆勤賞だった私ですが、昨年一回、自分の仕事と重なってしまい、参加できませんでした。

先日、一年ぶりに参加して思ったこと。

成果を出すクラスコーチは、成果を出すために行動しているということでした。

当たり前ですよね。

ふと、クラスコーチ1年目の事を思い出しました。

クラスコーチ一年目の私が先輩クラスコーチに勝てること。

それはどれだけトレーニングをするかだと思いました。

先輩クラスコーチのクラスを沢山オブザーバーさせてもらい、良いところを学ばせて頂く。

当時、「オブザーバーの土方」と言われたほど、物凄い時間数オブザーバーさせてもらっていました。

そのおかげで、クラスコーチ1年目で表彰されました。

今自分がやれることを精一杯やっていたな~と思いました。


今年の私のメインテーマは「感謝すること、貢献すること」です。

サブテーマは「頑張らない」なのですね。

昨年の最後に痛い思いをしたからです。

でも手を抜くという意味ではありません。

自分のからだを壊すほど頑張り過ぎないという意味ですが、頑張らないと思うと、手を抜くことも頑張らないに入ってしまう感じがします。

やることはきちんとやって頑張らない。

成果を出す背景には、理由があるんですよね。

何もせずに成果だけを待っているなんて上手い話はありません。

2013-01-15

高得点の背景には

おはようございます。土方良子です。

先日参加したCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスコーチトレーニング。

昨年一年間のクラス運営に対する参加者からの評価表一覧を見ながら、みなさんとディスカッション。

高得点を出すクラスコーチがやっていることを沢山出し合いました。

高得点の背景には、理由がちゃんとあります。

やはり物凄く準備をされているんですね。

やることをきちんとやっている人が、ちゃんと結果を出すという、とてもシンプルで当たり前な構造です。

で、やらない人に限って、あ~だのこ~だの言い訳をしているんですね。

だから評価も低い。

面白いな~と思ったのは、高得点を出す人たちは、何を意識してやっているのかをきちんと伝えられるのです。

かたや点数が低めの人たちは、低い理由がわかっていない。

この違い大きいな~と思って、いろいろな人の話を聞いていました。

でも1番大事なのは、参加者のみなさんにエヴァリュエーションシートを提出して頂くことです。

提出して頂かない事には、データーが出せません。

私のクラスに参加して下さるみなさま、ぜひエヴァリュエーションシートを提出して下さいね。

2013-01-11

コーチは観察者である

おはようございます。土方良子です。

昨日テニスのプライベートレッスンを受けました。

Aコーチは、物凄く私を観察しています。

何球か打った後、私のフォームの何が原因で、こんな打球になっているということをフィードバックします。

自分の課題はいくつかあるのですが、その中でも1番肝心なフォアハンドが安定していないことが1番の課題でした。

そのためにいろいろな練習を重ね、意識してきたのですが、やはりイマイチ。

私自身、何か意識することが違うんじゃないかと思っていました。

コーチは

「フォアハンドを絶対に安定させる!」

と宣言し、私にいろいろな球を出しながら原因究明していました。

そしてインサイドアウトの打ち方に問題があることがわかりました。

Aコーチに言われた通りに意識して打つと、ボールがラケットに厚く当たり、いい音がします。

そしてベースラインの手前でボールがちゃんと落ちるのです。

意識してトップスピンをかけようとしたり、変な事を考えずに、一連の流れでラクに打てるようになりました。

私自身、今までにない感覚でした。

そして「これだ!」と確信できました。

私がずっと目指していた打ち方です。

この打ち方を絶対に忘れないようにするためには、頭で考えずにからだで感じること。

とにかくからだに意識を向けること。

私のスイングの間違いを見抜いたAコーチは凄いと思いました。

だって微妙なところの修正なのです。

一回でそこを見抜いたとしても、そこだけ修正をかけて上手く打てるという事はありません。

フットワーク、相手のボールを早く予測すること、打点など、いろいろ修正した上で、いいボールが打てます。


コーチは相手をどれだけ観察しているか。

相手のどこを見ているのか、何をキャッチしているのか。

2013-01-08

エンジンをあたためておく

おはようございます。土方良子です。

今年のスタートが安静からだったので、どうもイマイチモチベーションがあがりません。

新年初テニスでは、コーチに今年の目標を聞かれ

「今年は無理をしません。ほどほどにやります。」

と後ろ向き発言。

「今年もやる気満々、全力で頑張ります!」

って嘘でも言えませんでした。

だって心が全然ついてこないのですもの。


さて昨夜は今年初のCTP(コーチトレーニングプログラム)クラスがありました。

クラスのことを考えるとモチベーションがあがらず、どうしようかと思っていました。

ところがコーチングルームに入り、名簿とマニュアルをセットし、ヘッドセットをつけた瞬間、スイッチが入りました。

「私はクラスコーチ!」

いつもの私でした。

新年初クラスの参加者のみなさまは、とても積極的で、発言がどんどん出ます。

最後、残り2分のところで、クラスの振り返り。

「みなさん、時間があと2分しかないので、ご協力を!」

と言うと、コンパクトにまとめて下さって、1分の延長で終了~。

凄すぎる!

参加者のみなさんに助けられました。

初クラスがいいと、今後のクラスが楽しみ。

やらないでぐちゃぐちゃ言っているよりも、やっちゃえばいつもの私なんですよね。

動かないとロクなこと考えないし、モチベーションは下がっちゃうし、エンジンかけるまでが大変です。

ノロノロでもエンジンはいつもかけておかないとね。

動きたい時に動けなくなっちゃいますから。

2013-01-07

準備が大切

おはようございます。土方良子です。

ある日のテニスレッスンでのこと。

何球か打ってからコーチが私の方に来て、

「土方さん、インパクトでかまえて目を瞑ってください。
どこで打つのがいいのか、ボールでラケット面をいろいろ触りますので、ここ!って言って下さい。」

と言いました。

目を瞑って、手の感覚と神経を集中させます。

すると、私のインパクトの癖がわかりました。

ひえ~~~~~~~~~~。

今までどんだけ無意識だったんだ・・・。

さらに構える段階での構え方がまずいと指摘されました。

右手と左手にはちゃんと意味があります。

その意味を知って、グリップを握って構えているか。

ひえ~~~~~~~~~~。

そしてサーブ。

ワイドとセンターへの打ち分けです。

「土方さん、足の向きが違います。それでは、腰を痛めますよ。」

確かに。

最近サーブを打つたびに、腰が痛いのです。

それは構えるときの足の位置が違うから無理をしているとのことでした。

ひえ~~~~~~~~~~。

コーチのアドバイスの通りに足の向きをかえて、足の置く位置をちょっと変えただけで、コースが狙えます。

さらにコースを狙うとき、それぞれにトスをあげる位置を変えることとのアドバイスが。

テニスって打つ前の準備でほぼ決まってしまうのです。

コーチングのセットアップと同じです。

コーチングもセットアップで、そのコーチングがいいかどうかが、ほぼ決まります。

研修や講演会も同様です。

テニスをしていると、人生のいろいろなことに通じていて、人生勉強になります。



2013-01-04

消灯は22:30

おはようございます。土方良子です。

毎年見ている箱根駅伝。

昨年は生で『山の神 柏原選手』を応援し感動しましたが、今年は安静中のため、テレビで見ていました。

総合優勝を果たした日体大は、生活習慣を改めたそう。

規則正しい生活を徹底し、22:30に消灯。

練習前にはグランドを清掃し、食事も残さず食べるようになったそうです。

強くなるには、その種目だけを磨いていてもだめなのですね。


コーチングではライフバランスチェックをします。

環境、人間関係、お金(仕事)、健康。

例えば自動車。

4つのタイヤのどれもきちんと空気が入っていないと、車は走りません。

それと同じでライフバランスチェックをし、今自分のタイヤのどこに空気が足りないかチェックし、空気を入れることで動きやすくします。

仕事を上手くいかせたいのなら、仕事だけを頑張っていてもダメなのですね。


私がいい例です。

睡眠を疎(おろそ)かにしていたために、過労で帯状疱疹になってしまいました。

今まで何度も24:00までには寝ると宣言していたのに、守れた日は365日中、3日もなかったと思います。

それだけ体調が良かったですし、疲れていなかったということもあったのですが、昨年の最後の最後で、からだが悲鳴をあげてしまいました。

一年間全ての仕事が完了するまでからだが我慢してくれたのですね。

年末年始、趣味でやりたかったことは全てキャンセル。

こんなことでは、仕事でも上手くいくはずありません。


ここぞ!というところで自分の力を発揮したいのなら、食事、運動、睡眠といった生きていくために最低限必要なことだけでも、規則正しくしないといけないと改めて思いました。

私の場合、食事、運動はバッチリ!なので、今年こそは睡眠を24:00過ぎないように頑張ります。

この仕組み作りとして、スケジュール帳に○をつけて、365日中何日24:00までに寝られたか、チェックすることにします。

私に直接会ったら、「24:00までに寝ていますか?」って聞いて下さい。

そこまでしないとダメかもしれません。

より良く生きるための仕組作りについてはこちらのメールセミナーをお勧めします。

2013-01-01

今年もよろしくお願い致します

おはようございます。土方良子です。

2013年になりました。

こちらのブログ、更新していると思ったら昨年のままで、慌てて更新しています。

新しい年なのに、昨年の日付のままでは・・・と思ってしまう私です。

2013年のスタートは安静中からのスタートです。

服薬が終わるまでは安静中なのです。

毎年元旦には伊豆に新年の挨拶に行くのですが、今年は安静中であることと、受験生を抱えていますので家でのんびりしています。

こんなお正月は初めて。

実は昨日の大晦日も22:30には就寝したのです。

こんな大晦日も初めて。

今年こそは、睡眠時間の確保!と思っていて、CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスも22:05スタートのクラスをやめようかと思っています。

仕事始めの7日までは、早く就寝する事を目標にしています。

食事を改善し、睡眠を改善したら、もっといいことがあるかもしれません。

安静にしていると、いろいろ考えます。

子育てがようやく落ち着き、いよいよ動けるぞ!と思っていたら、今度は親の介護。

親の介護が落ち着いたと思ったら、自分が動けない・・・。

そう思うとどんな時でも動ける時に動いておくことだよな~と思いました。

私の年齢になると、不調を訴えている人たちが多いのですね。

自分もその一人。

だからこそ今年は、動けるうちに悔いのないように動いておこうと思います。

無理をしない程度にね・・・と言っても自分では無理しているつもりはないのですけど。

心とからだの声をよく聞いて、テニスもほどほどに動いていきます。

(あ~テニスしたいのに・・・。家で素振りだな。)