2014-01-01

人生の金メダルを目指すコーチング

2014年になりました。


おはようございます。土方良子(ひじかたよしこ)です。

国際コーチ連盟マスター認定コーチ(MCC)として、また、コーチエィ認定メンタークラスコーチとして、コアコンピテンシーに基づいたコーチングをする責任があると、自分に言い聞かせています。

私のパーソナルコーチングについては、こちらの動画をご覧下さい


MCCに合格したとき、今までのコーチ資格と何が変わるだろうか?と考えました。


一般社会では何も変わりません。

けれどコーチング業界で言ったら、一目置かれる資格です。

アメリカに行ったら、日本よりももっと一目置かれる資格です。

コーチたちのお手本になる存在です。


資格試験に合格したとき、嬉しい気持ちよりも、資格が持つ責任の重さに、もっと気を引き締めていこうと思いました。

そして初心を忘れず、コーチングの良さを伝えていこうと思いました。


コーチングと出合って、今年で10年目になります。

今思うとあっという間の10年でした。

10年前、コーチングと出合ったからこそ、今の私がいます。

コーチングのおかげで私の人生は180度変わりました。

コーチングのおかげで私の人生は暗黒時代からバラ色になりました。


2020年の東京オリンピックに向けて、スポーツの専門的なコーチングだけではなく、選手の心の土台や生活基盤にもコーチングをもっと活かして欲しいです。

専門種目と心と生活のバランスが整った時、金メダルが近づいてきます。


私のコーチングは、人生の金メダルを取っていただく事。

限られた能力のある人だけしか手に入らない金メダルではなく、誰でも手に入れられる人生の金メダルを目指すコーチングです。