2014-06-01

質の高いトレーニングを沢山する

おはようございます。土方良子(ひじかたよしこ)です。

私のクライアントさんが、コーチの資格試験に合格されたそうです。

33名中、合格者はたったの3名。

その中のお一人です。


私はメンターをさせて頂いているクライアントさんたちと、月に2回スカイプを使ってトレーニングをしています。

それ以外にも自主的にクライアントさん同士で、コーチングの練習をされています。

私の都合がついたときは、私も参加しています。

クライアントさんたちは、毎月4回はコーチングのトレーニングをしていることになります。


私がクライアントさんたちとトレーニングをするのは、実力のあるコーチを育てたいからです。

実力あるコーチとは、クライアントさんのことを大切に考えて、クライアントさんが、より良く生きて頂くためにコーチできること。

良いことばかり言うコーチの事ではありません。

本気でクライアントさんと向き合うことができるコーチです。


私が主催しているコーチングのトレーニングは、ICF国際コーチ連盟の資格試験に合格できるレベルを狙っているので、相当ハイレベルです。

そこに参加されるクライアントさんたちは、当然やる気がハンパないです。

コーチとしての基盤が強くなければ、へこたれてしまうでしょう。

そういうクライアントさんたちなので、合格者たったの3名でも、合格できるのです。


コーチングが上手くなるには、量と質です。

どんなに沢山数をこなしていても、質がともなわなければ上手くなりません。

質の高いコーチングを沢山トレーニングすること。

それがコーチングが上達する近道です。