2014-11-11

終わり方が大事

おはようございます。土方良子(ひじかたよしこ)です。

先日京都セミナーで久しぶりに、私のパーソナルコーチングを卒業されたクライアントさんと再会しました。

最初は別人かと思ったほど、すっきりされていて(痩せたとかそういうことではなく)、ご本人も、

「何かが取れたみたいに、すっきりしています。」

と言われました。

ランチをしながら、その後の様子をお聞きすると、とても順調で、近々大きな学会で発表するとのこと。

素晴らしい!と声を張り上げてしまいました。


私のパーソナルコーチングを卒業されたクライアントさんたちが、こうやってセミナーに来て下さったり、その後もつながって下さること、とても嬉しいです。


パーソナルコーチングを卒業されてもつながっていられるのは、きちんと終了しているからなのです。

コーチング契約に沿って、コーチングを終了する。

これってとても大切なことだと思っています。



他のコーチたちの話を聞くと、無断で連絡が無かったり、何度連絡しても返事がない。

いきなりメールやメッセージで「やめる」という連絡。

きっと何かしらの理由があると思うのですが、コーチはいつもクライアントさんのために全力でコーチしています。

そういうコーチに、きちんとした形でコーチングの終了をお伝えして欲しいな~と思います。



大勢いる人たちの中で、ご縁あって出会い、コーチングを受けるというのは、何かしらの理由があって、つながったのですね。

つながる理由があるのです。

後味の悪い終わり方をしていると、またどこかで同じ繰り返しをすることになります。

何度も何度も同じ人とご縁があったりします。



私のクライアントさんで、きちんと卒業された方々は、その後もご活躍されている方ばかりです。

当たり前のお話ですね。

終わり良ければ総て良しです。