2015-05-10

テニスコーチング

おはようございます。土方良子です。

昨日、何気にテレビをつけたら「奇跡のレッスン」という番組をやっていました。

スペインテニス協会のコーチ指導・研究部門ディレクター、ダビッド・サンズ・リバスさんのテニスコーチングでした。

ダビッドさんと子供の会話は、まさにコーチング。

コーチングは双方向なコミュニケーション。
そして対等な関係。

ダビッドさんは子供たちを、1人のテニスプレーヤーとして関わる。

子供たちに自分の考えを頭ごなしに押し付けない。

「今、きみはどんなことを試したいのかい?」
「何が上手くいって、何が上手くいかなかったのかい?」

「次はどうするの?」

子供たちに質問し、考えさせることを繰り返すことで、自分の考えが言えない子供たちが、少しずつ自分の考えを話すようになってくる。

そして子供たちが自発的に行動を起こすようになる。

コーチングって本当に素晴らしいと思いました。

2015-03-06

あの時の決断が

おはようございます。土方良子です。

昨日、コーチ仲間たちと驚いたこと。


こちらの記事を読んでみて下さい。

それは私が10年以上前から学んでいるCTP(コーチトレーニングプログラム)が名称を新たに生まれ変わることです。


お値段も!

その価格を見て、コーチ仲間たちと驚きました。

当時、55万だったと思います。

それが約2~3倍の価格になっている。


あの時、パート保育士だった私は、人間関係にとても悩んでいました。

毎日毎日、病気になっちゃうんじゃないかと思うほど、人に振り回され、悩み、辛い日々でした。

その時にコーチングというものを知りました。

何かわからないけれど、コーチングが今の私を救い出してくれるような気がして、自分にコーチをつけました。


そのコーチがとても素晴らしい人だったので、私もコーチングを学びたくなりました。

パートの私の収入ではとても大金でありましたが、清水の舞台から飛び降りる覚悟でコーチングを学ぼうと決めました。

今思うとあの時受講しておいて良かった~。

今回の価格では学びたくても学べません。



何かをやりたいと思った時、なかなか行動できない場合があります。


私の場合は、迷っている時間がもったいないので、やりたいと思ったことはやってみてから考えればいいと思っています。

あるいはやりながら考える。

何もしないで考えていても、良いアイディアが私の場合は浮かばないのですね。


今回、この価格を見て、あの時行動した私が偉い!と思いました。


コーチングを学んで、人生が180度変わり、自分らしく豊かに生きる人生を手にしましたからね。



2015-02-02

コーチングを学び続ける目的

『コーチングを学び続ける目的』

おはようございます。土方良子です。

私はコーチングを学び続けて11年になります。

と同時にコーチングを受け続けて11年にもなります。

お年頃的に、自分のことが分からなくならない限り、学び続けていくつもりです。(笑)


今後、コーチングを学んだり、コーチングを受ける人たちはますます増えていくと思います。



コーチングを学んでいる人たちが、必ずぶつかる壁があります。


『私は何のためにコーチングを学び続けるのか?』


このように思う人たちは、日常生活でコーチングがどう活かされているのか、というアンテナが立っていないように思います。


誰かにコーチすることがコーチングと思っていると、コーチする対象者が居ない人には、コーチングを学び続ける目的がないのです。



私は日頃、クライアントさんにコーチをしていますが、私がコーチングを日常的に活かしている場面は、自分自身についてです。


どういうことかというと、自分の心と向き合って、今自分は何を考え、何を感じているのかというような、自分との対話に活かしています。

そのおかげで、自分のことが少しずつわかるようになり、自分を自己管理できるようになりました。


他には、コーチングを学んだことで、いろんな人の特徴、タイプをすぐにキャッチできるので、人とのコミュニケーション力があがったこと。

今までコミュニケーションが苦手だったのですが今は平気です。


そして家族とのコミュニケーション。

難しいお年頃の子供たちにも活かせているため、娘は何か相談したいことがあると

「お母さん、聞いて。」

と言ってきます。

そして私のアドバイスにもちゃんと耳を傾けてくれます。


私自身にも家族にも、良いことが沢山あります。


それを日常生活でどんどん活かしていけばいいのです。


もしも、壁にぶつかったら、自分は日常生活でコーチングをどう活かせるのかと考えてみて下さい。


沢山ありますよ。




2015-01-26

自分への疑いがなくなればそれが自信になる

おはようございます。土方良子(ひじかたよしこ)です。

先日テニスのレッスンで、コーチがこんなことを話して下さいました。


日本人選手と海外選手の違いについて。

日本人選手はミスをすると、自分が悪かったと反省をする。

もっとこうすれば良かった、ああすれば良かったと反省して、どんどん自分を追い込んでいく。


海外選手は自分がミスをしたとき、相手選手のプレーが良すぎたと相手を称賛する。

なので自分には何もダメージがない。


これをゲーム中に何度もやっていたら、日本人選手はミスをするたびに反省し、改善しなくてはと思い、結局自分の思うようなプレーができなくなってくる。


この話を聞いて、なるほど~と唸りました。


錦織圭選手のコーチであるマイケル・チャンが錦織選手に言った言葉。

「いつも正解を出さなくてもいい。
勝った時には謙虚さを、負けた時には潔さを学べばいい。」


「自分への疑いがなくなれば、それが自信になる。」


私はテニスをしている時、反省会ばかりしているし、自分を疑ってばかりいるののね。

やめやめ。



テニスに限らず人生にも同じことが言えますね。

2015-01-04

2015年の目標

おはようございます。土方良子です。

2015年になりました。


やはり1年の目標設定でしょう。

今年のテーマは『自然の流れに任せる』です。

昨年も似たような気がしましたけど。


一昨年の年末に体調を崩してから、無理をしないというテーマを継続しています。

無理をしない、頑張り過ぎない、手放せるものはどんどん手放して、よりシンプルに。

そう言いながらも、やっぱり頑張っている私ですが、今年こそは絶対に頑張らないと決めました。


それなのに設定した目標の1つが、フルマラソンで4時間を切る!なんです。

これ、かなり頑張らないと達成できない。

今の私のレベルでは、2段階レベルアップって感じです。

他にもいくつか目標があって、結局目標設定をすると、頑張っちゃうんですね~。


かといって目標設定しないと、何するの?どうやって日々過ごすの?


毎日幸せに生きる!っていうのだって目標って言えば目標だし、健康に過ごす!だって目標ですもんね。

楽しく過ごすとか笑って過ごすってのも目標。


目標って、すごく立派な目標じゃなくてもいいんですよ。

ほんの小さな目標でも素晴らしいのです。


私の今年の目標は、感謝して過ごすこと。

そして申し訳ないという気持ちを持って過ごすこと。

この2つを軸に、あとは自然にお任せ~。


今年もよろしくお願い致します。