2015-05-10

テニスコーチング

おはようございます。土方良子です。

昨日、何気にテレビをつけたら「奇跡のレッスン」という番組をやっていました。

スペインテニス協会のコーチ指導・研究部門ディレクター、ダビッド・サンズ・リバスさんのテニスコーチングでした。

ダビッドさんと子供の会話は、まさにコーチング。

コーチングは双方向なコミュニケーション。
そして対等な関係。

ダビッドさんは子供たちを、1人のテニスプレーヤーとして関わる。

子供たちに自分の考えを頭ごなしに押し付けない。

「今、きみはどんなことを試したいのかい?」
「何が上手くいって、何が上手くいかなかったのかい?」

「次はどうするの?」

子供たちに質問し、考えさせることを繰り返すことで、自分の考えが言えない子供たちが、少しずつ自分の考えを話すようになってくる。

そして子供たちが自発的に行動を起こすようになる。

コーチングって本当に素晴らしいと思いました。